FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
カテゴリ別ログ_カリンバあるいは行商
もうかれこれ11年になるらしい。 (2018/12/17/23:25)
このところひさしぶりになんとなく毎日カリンバを作り続けている(というほど根をつめているわけでもないけれど。もちろん)んだけど、あー、そういえば、こんなふうにカリンバを作るようになったのはいつころからだったかな、、なんて思って、
なんとなく調べてみたらどうやら2008年のはじめ、1月だか2月だかからあーでもないこーでもないとやりはじめたみたいだなと。
で、まー、いろいろあれしたけど、今のような感じというか、ある種の型みたいなもん(て、そんな大袈裟なもんでもないけれど)ができてきたのが2011年だか12年だかで、まー、それからは基本的なとこはほとんど変わってないっていうかなんていうか。
それでも、あー、そう、もうそろそろ11年目が終わる感じなのかー、、てか、んー、おれ、いったいいつまでこれを作るのかなー、、というか、あとどれくらい作っていられるかなー、、とかね。

いやまーね、だからどうだというわけでもないのだけれど。はい。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1044.html

(覚書)とても残念なこと。 (2018/12/03/16:06)
最近、オリジナルカポタストの新作をBASEにアップしようとしたところ。
以前に出品していた(現在は展示のみ)minneにもまだ見ていてくれる人がいるので、お知らせを兼ねてアップしておこうと思い、その際にこの手の商品はこのごろでは(以前はひとつふたつ見られるだけで、ほとんどなかった)どんな具合かとリサーチしていたところ、パっと見た感じでは自分が書いた説明文に見える(実際はほんの少し改編されている)が、写真は覚えのないものを発見。
ーーーーー
(商品説明文/R.M.kalimba/craft&junk)
扱いやすいトリガースタイルのクリップ式カポタストをネイリストによるデコレーションで飾りました。フィンガーボードにアールのあるアコースティックギター、エレキギター用です。ひとつひとつ手作業で作っているので、どれもこれもみなたったひとつのカポタストです。その機能的部分や使いやすさがもっとも大事なカポタストですが、ほんのちょっとの遊び心でオシャレするのはどうでしょう?
(商品説明文/by-angel 彩羽)
扱いやすいトリガースタイルのクリップ式カポタストにレジンでデコレーション
して飾りました。
フィンガーボードにアールのあるアコースティックギター、エレキギター用です。
ひとつひとつ手作業で製作していますので、世界でひとつのカポタストです。
機能的部分や使いやすさがもっとも大事なカポタストですが、ほんのちょっと
デコレーションしてオシャレにしてみました♪
ーーーーー
(どうだろう?みなさんはどう思われるだろうか?)
調べててみると「by-angel 彩羽」と名乗る作家(という呼び方は相変わらず気持ち悪いが)のもので、どうやら自分の商品ページの説明文をコピーして使われたようだ。
いや、自分はこういうものを書くのに何かをそのまま使ったりはしないし、ましてこういう分野ではない(と思われる)ところから引っ張ったりしないし、これも自分が普段使っている言葉を使って書いたものたから「どうやら」と言うより「間違いなく」と言っていい。
品物に関しては、こういうものは簡単に思いつくものだろうし、そもそもすでに世の中にあるものでもあるから別にどうでもいい。
しかし、ここまでそっくり無断で(こんなことに許可を求められたり挨拶されたりしても気持ち悪いし、たぶんはっきりと断るだろうが)使われるのは非常に不愉快ではある。
一応minneの方に報告がてらなんとかしてほしいとメールをしてみたところ、さらにがっかりな返事が来た。
ーーーーー
(minneの回答)
「minne」は、ハンドメイド作品販売の仲介を行うサイトである点から
ハンドメイド作品また、説明文について模倣・盗作であるか、また盗用されているかどうかの判断を行う立場にはございません。
ーーーーー
ということだそうだ。
つまりは当事者間でなんとかしろということだ。
しかしBASEのようにたんにネットショップとしてのカートなどの機能をレンタルしているのとは違い、ネット上のショッピングモール的運営をしているminneとしてはこの答えはないだろう。
まー、たぶんこんなことだろうとは予想はしていたが、それにしてもあっさりと無責任ではある。
まー、それほど悪く書くつもりもないが、minneに出していると売れ行きとは別のところでやたらと「お気に入り」というやつに入れられるが、これがどうも(というか一種のコミュニティなのでそれが当たり前かも知れないが)購入を考えているお客からでなく、むしろ出品者からが多いのだ。
で、売り上げとは別のところで、この「お気に入り」が多いほど「人気の作家さん」ということになるらしい(苦笑)
自分はそれほどでもないが、たとえばストラップに関しては一人の出品者(その出品者はもちろんひとつも買うことはなく)がほぼすべての種類のストラップを「お気に入り」入れていたなんてこともあったし、それがどう関係があるかはわからないが、自分が出しはじめたころよりずっとそういうストラップの出品が増えたし、中にはほぼ同じ柄のものまで出品されているなんてこともあり、そのへんはやっぱり勘ぐりたくもなるというわけだ。
まー、そのへんは同じく誰でも思いつくものだし、材料だって同じものが手に入るわけだからとやかくは言わないし、とうでもいいが、今回のような文章までコピペというのはどうにも不愉快だし、むしろ呆れ果てる。

と、まー、別にだからどうしろとも思わないが、一応こういうことがあったということを書いておこうと。
そしてその「by-angel 彩羽」と名乗る作家(苦笑)さんとはなんの関わりもないので(そんなことはまずないだろうとは思うが)巡り巡ってその方の商品に関するお問い合わせなど頂いても当方としてはいかんともしがたいので、たいへん申し訳ありませんが、みなさん、どうぞ宜しくお願い致します。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1042.html

アップサイクル? (2018/11/20/22:59)
さて、今週は明後日11/22(木)~25(日)まで、飯能~多摩センターと二日ずつ二ヶ所のイベント出店である。
そしてその最初の二日は今まであまりなかったテーマによるイベントで、アップサイクルというものがテーマになっている。
その筋(て、なんなんだか)ではそれなりにあれされてたんだろうけど、世間的にはまだあんまり言われてない言葉だが、なんでもたとえば原材料としての再利用ではなく、元のものよりさらにアップグレードした新しい何かを作り出す、、みたいな考えらしい。
んー、まー、なんというか、、そういう話しはわからないでもないけれど、、。
たとえば大昔の(ほんとかどうか知らないが)テントだかの生地を使って丈夫なパンツ(ジーンズ)を作った、、みたいな話しか?
いや、僕は使われなくなったシガーボックスでシガーボックスギターだの破損したスケボーでカリンバだのディドリーボウだのも作るけど、、アップグレードした新しいものを目指したりしてないし、そんなふうに考えもしてないしね。
なんていうかね、話しとしてはいいけどさ(いや、それは僕がかなりの天の邪鬼だからかも知れないが)アパレルだのなんだののあちこちでそれをウリにしていたり、それをメディアがさもすばらしいことのように宣伝したりしてるのを見ちゃうと、なんとなく胡散臭さを感じちゃうんだな。
たとえばね、元の製品が、その役目を終えたものを新たに作り直して別の何かにするんならわかるけど、何かを作るためにまだその役目を終えていないものをわざわざ持ってきて作ったりする(としたら)んじゃそれはかなり本末転倒な話しでしょ?
いや、そんなことをしてるかどうかは別にして、たとえばそれを商売のために製品として作るならひとつや二つじゃなくたくさん作らなきゃなんないし、そしたら役目を終えたものを探してかき集めるよりもたとえばそれになる前のとあるパーツを大量に仕入れて作るとかした方がいろんな意味で利にかなってるし、そうでもしなきゃ商売になんないじゃん?なんて思うわけで。
たとえばシガーボックスギターのアメリカでのことなんかを考えるとそもそもは手近にあったものを利用して作ったものが、今ではそれのためのパーツだの作って売ってたり、もう普通にギター作った方がいいくらいのことになってるみたいなとこがあったりするし、それはむしろエコだの環境だのの話しではなくなっている(てか、そもそもそんな話しじゃなかったんだろうけど)わけで、ようするに商売にしようと思ったらそうなるのがむしろ当たり前だしさ。
いや、いいんだけどさ、なにもみんなそうするというわけでもないし、これはこういうものを使って、これこれこういうふうにつくりました、、みたいなストーリー(あー、これ、いやな言い方だな)がほしいんだろうし、喜ばれたりもするんたろうし。
てかね、いろんな意味でこのテーマは難しいよね。果たして(僕を含めて)どれだけの出店者がそのテーマをちゃんと考えて、それを持って来れるのか、、て、まー、そんな面倒なこと言わないで、もっとかるーく考えてくたさいよ。なんて、某T氏に言われそうだけど。

まー、そんなことをグズグズ思う反面、僕もある部分いろいろな興味もあるし、天気がよければ気持ちのよさそうなところでもあるし、お時間のある方は是非。

11/22(木)23(祝)アップサイクルマーケット in メッツァビレッジ(飯能市メッツァビレッジ)10:00~16:00(雨天決行)
11/24(土)25(日)アースデイ東京多摩@多摩センター(多摩中央公園)10:00~16:00(雨天決行)

BASEは只今クーポン使用(クーポンコード2LFZN5QW)で10%off!11/30(金)まで!


R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1038.html

そうそう、BASEはじめました。 (2018/08/11/14:56)
minneを使いはじめてもうそろそろ一年ちょっとかな?
それなりに売れて、まー、検索にもよく引っ掛かるし、使いにくいこともないんだけど、んー、個人的になんとなく気持ち悪いというか、疑問を感じる(いや、個人的にであって、けして悪く言おうというわけではさらさらなく)部分もあって、ならばいっそここいらで、、と。
minneのほうはなんとなく展示だけ残して、だんだんとBASEの方に移してしまおうかと。
BASEのほうはminneのようなコミュニティというかモールというか的なものでなく、基本的なところで個別なショッピングサイトだから売るものに縛りがないし。
と、いうわけで、Yahoo!ショッピングのほうは変わらずにコレクション的(?)なものを置いておいて、あとはとだんだんとBASEのほうに移行するので、みなさん、どうぞよろしくお願いします。、、と。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1021.html

日曜日、南大沢で。 (2018/04/24/01:44)
ひさしぶりの快晴、夏日のいい陽気のアースデイ東京多摩/南大沢。
今回はカリンバだけでなく、最近作ってるシガーボックスギターとディドリーボウも持って行ったんだけど、まー、値段も安くはないし、なかなか手に取って見て行く人も少ない中、僕がシガーボックスをちょこちょこ弾いているのを見て立ち止まっただいぶ年配なご婦人。
どうやらディドリーホウの方に興味があるらしく「これは一弦琴?」と。
そうてすよと答えると「日本にも古くからあるわよね」とおっしょるから、そうそう、そうです。同じようなものですよ。と。
なにやら「今も中国の二弦のものをやっているんだけど、最近は眼が弱くなって、もうやめようかなと思ってるんだけど、この小さいのなら気が向いたときにちょこっと弾いたりするのに手元に置いておくのにいいかも知れないわね」と。
小さいのにはP.U.を着けてたんだけど、そういうのはいらないみたいなんで、もしあれだったらもっとシンプルなのを作りますよと言ったらずいぶん乗り気になって、家具の廃材で作られているってことにも興味があったらしく「自分のところに古い中国の椅子があって、あれはもう使わないけど、それを使ってどうかしら?」とか。しばしあれこれ。
どうやらどこかへ出掛ける途中だったらしく「今日はあれだけど(このアースデイ東京多摩のイベントのことは知っているらしく)来月多摩センターにも来る?何日だったかしら?」と。
日程がすぐには思い出せなかったんどけど、ええ、多摩センターにも行きますよ。と言ったら「日程がわかったら電話してほしい」と連絡先を交換して。
まー、具体的な注文やら約束やらがあったわけでもないけど、なんとなくこういうのは嬉しいなと。
いや、もしこれが具体的に進んで、僕のディドリーボウがあのご婦人の手に渡って、彼女がときどき自分のためにポロンポロンと弾いてくれるとしたら、それはずいぶんと楽しいじゃないかと。
そう、たとえそれを僕が聴くことはないとしても。
いや、あるいはこれが話しだけで終わったとしても。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1016.html