me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
カテゴリ別ログ_日々のこと
太田楽器の想い出 (2017/11/20/03:18)
もうずいぶん昔(てほどでもないかな?いや、でもまだ二十世紀だったころ)新青梅街道沼袋交差点から少し哲学堂方面に行ったあたりにあった小さな店。
ぱっと見には演歌だののレコードやカセットテープなんかを置いてる昔の街のレコード屋さんだけど、その奥には知る人ぞ知る名ギター職人の太田さんの小さな工房があった。
雑誌だのの取材なんかはほとんど受けなかったらしく、90年代にアコースティックギター関連の雑誌なんかがさかんに出て、いろんなビルダーやらリペアマンやらが世に名を知られるようになっても一般的にはほとんど知られることはなかった人だ。
僕はそのころから大和町だの野方だの沼袋だのに住んでて(今も新井薬師たが)近かったんで、弦を買いにちょくちょく寄ったんだけど、主に奥さんが店に出てるから最初は太田さんにはほとんど会わなかったけど、何回か行っているうちになんとなく顔を合わせて、そのうちちょこちょことギターの話しなんかをするようになったんだと思う。
いつも奥さんに呼ばれてランニング姿で出て来たりして、まったく普通の昭和の職人のおじさんて感じの人だった。
そうそう、その弦は太田楽器オリジナルみたいなセット(カワセの弦と同じだなんて説もあったな)なんだけど、太田楽器ではスチール弦のことをフォーク弦と呼んでいて、しかし夫婦して「ホーク弦」と言ってたし、それ、発音だけかと思ってたらなんかのメモにも同じく「ホーク弦」と書いてあったし、一度なんかコンタクトマイクの相談をして、オススメは?と聞いたら「ドイツのやつで安くていいのがありますよ。サンダーっていうの」とかおっしゃって、それ聞いたことがないけど太田さんのオススメならそれにしようかなとお願いしたら出てきたのがシャドーだったり、、と、横文字はまったく怪しいまさに昭和のおじさんでだったわけで。
商売っけもない人で、当時使っていたスクエアショルダーのJ-50のバックがバッサリ割れたのをお願いしたことがあるんだけど(12月のはじめだったので)年内は忙しいから年明けになっちゃうかも、、とかいいつつ「あー、でも使うよねぇ?ライブとかあるんでしょう?」とかえらく気にして、いやいや、いいですよ。そんなに急ぎませんからできたら電話下さいと言って置いて来たんだけど、一週間だか二週間だかしたら「できました」と。
で、たしか三万くらいかかりそうな感じ(某イシバシあたりに問い合わせたらもっと高い感じの返答だった)な話しだったんだけど、取りに行くのに支払わなきゃだから聞いたら「ごめんね、二万もらえる?」みたいな。
おまけにすり減ってたフレットの擦り合わせだのフィンガーボードのローポジションの一部けっこうヘコんだところがあったのをきれいに埋めといてくれたりして「いや、これはオマケだからいいの。いいギターだから気になっちゃってね。いいのいいの」なんて(汗)
で、太田さんはリペアだけじゃなくギター作るんでしょう?と聞いたら「うんうん、作りますよ。こないだも若い女の子の歌い手さんに小振りなホークギター作ったのよ」って言うから作ってもらうとやっぱりお値段も高くなりますよねえ?って言ったら「そおねぇ、、やっぱり作るとそれなりに高くなっちゃうのよねぇ、、やっぱり、、10万は越えちゃうのよねぇ、、」とかむっちゃー安いこと言ってたりもして。いや、こっちは安くても30くらいのこと言うと思ってたのに(大汗)
そうそう、いつも弦を買いに行くと奥さんが「あー、ごめん、手が回らなくて袋につめてないのよ。今つめるから待ってられる?6本まとめてでもいい?」なんてことがしょっちゅうで、いいですよ、まとめてで。待ってますよ。と言って待ってると、1~3弦は「このへんはよく切るでしょう?」とか言って二本ずつ入れてくれたりね。
あ、一度ほんの短い間だったけど、大久保だか新大久保だか(どっちでも同じようなもんだが)の駅近く、大久保通り沿いのビルの二階に少し広い店を出したときがあったんだよな。
ネオンサインなんかつけちゃって、けっこう立派な店だったんだけど、あっという間に閉めちゃったからどうしたの?と聞いたら「いやー、忙しくなっちゃってね。だめだめ」とか、なんかよくんかんないこと言ってたなー(笑)あー、でもそのころかな?(もうこのへんあやふやなんだけと)クロサワからマーチンのリペアを引き受けることになって、たいぶ忙しくなっちゃったんだと嬉しそうに言ってたのを覚えてる。
そうそう、たしかあのころ(ちょっと後かな?)めずらしくなんかのギター誌に太田さんのインタビュー(?)記事が出てて、わー、太田さん出てるじゃーん!なんて思ったんだよなー。

志茂でギターをあれこれいじって、弦を張り替えたりしながら弦のことをぼんやり考えてたらそんなことをあれこれ思い出して、あー太田楽器の弦が懐かしいなー、、とか、ふっと。
そう、あのころは金がなくて(いや、今もあるわけじゃないけど)あー、いつか太田さんにギター作ってもらえたらなぁ、、なんて思っていたんだよな、、と。

今も近くの新青梅街道を走るとき、今はもうない太田楽器をときどき無意識に目が探す。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1003.html

'70sの廉価モデル二本 (2017/02/17/02:05)

左)yours(型番不明)右)Great Lake Deluxe F-180。
たぶん'70sの中頃あたりにはまだこういった後にナショナルブランドにならなかったメーカーの廉価なモデルがたくさんあったように思う。
あのころ一度だけHashimotoだかなんだかこういう感じのブランドのギターを買ってしばらく使っていたことがあるが、その他はほとんど使ったことがなかったが、今あらためて手にしてみると、どうしてどうして、捨てたもんじゃないじゃないかと。
値段は安かったが、たぶん今でも残っているはずの、あちこちのギターをOEM生産していた会社が作ったもので、海外の工場に出して(必ずしもそれが悪いというわけでもないが)量産される現代の廉価モデルよりもずっとちゃんとしてる。
Great Lakeのほうはラダーブレイジングで、ペグは廉価モデルらしい三連オープンギヤだが、yoursのほうはXブレイジング、ペグもオープンギヤだが独立型のもの(ペグは両方ともARIAのウェバリースタイルのものに交換してしまったが)で、ボディ形状もよりマーチン000あたりに近い感じ。
ネックはGreat Lakeは幅は広くないが、ゴロンとしたいかにもな感じのネックで、yoursのほうは三角(三角の山の中心が若干ズレていたりするが)で、こういうところもよりフォークギター的。
音はGreat Lakeのほうがラダーらしいガランとした音がガツンと前に出てる感じで迫力があるが、Yoursのほうも締まった音で悪くはない。
もちろん両方とも深い豊かな響きというわけではないが、たとえば昔のアメリカのHarmonyの安いやつとかの雰囲気に近い感じでなかなかじゃないかなと。
あー、でもなんとなく、てか、いつも思うのがヘッドのデザインで、このころの日本製ギターってみんなそっけなく四角なヘッドにそっけないロゴ(Great Lakeのほうはマーチンぽいロゴだけど)で、このへんが非常に残念。
同じ角ばったデザインでもKalamazooだのWaterlooだのみたいな山形や、あるいは古いRecording Kingみたいなちょっと洒落た感じだったらよかったのになぁ、、と。
いや、もっと言えばボディカラーもタバコサンバーストとかだったら、、なんてつまんないこと思ってしまうんだが、いや、まー、そのへんはたぶんまだこのころはぜんぜん追い付いてなかったんだろうなぁ、、なんて、あれこれ、、。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-975.html

弦高のこと (2016/12/23/17:06)

よくヤフオクだので出品されてるギターに対する質問で「12フレット上の弦高はどのくらい?」
みたいのがあったり、あるいはすでに「12フレット上、6弦で約2.5mm。たいへん低くて弾きやすいです」みたいなことが書かれていたり。
たとえば写真のギターのそれは6弦で約3mmで、昨今のそのへんの風潮からするとすでにやや高めということらしいんだけど、これ、僕にしたら少し低く過ぎて若干弾きにくいわけで。
まー、そりゃね、このへんが4mmを超える感じだとだいぶ高くてシンドイ感じなんだけど、ちなみに僕が普段使っているLG0はだいたい3mmかもう少し、3.5に届かないくらいかな?
いや、たしかにね、弦高はあんまり高くないほうが弾きやすくはあるけれど、あんまり低いと逆に弾きにくいっていうか、音だってバシャバシャしちゃうしね。
てかね、昔のギターは今ほどこのへんの弦高は低くなかったように思うんだけど、それを言うと昔はローポジションでコード弾くのが主だったからなんてこと言う人もいて、あー、そういえば90年代くらい(?)からアコースティックギター関係の雑誌が多く出て、フィンガーピッキング的な弾き方が多く載ってて、そのへんからかなぁ?、、とか思うけど、でもね、ピックなんか持たないクラシックギターなんかの方がナイロン弦のほうが振幅が大きいせいもあって弦高はむしろ高くて、だいたい4mmくらいだったりするし、それで問題ないわけで、指で弾くから低い弦高がいいってわけでもないよね?
僕が3mmくらいだと弾きにくいっていうのもむしろ指で弾こうとするともう少し高いほうがいいって感じで、ほら、低いとなんかね、親指がブリっと行かないっていうか、クラシックでいうアポヤンド的な弾き方がしにくいの。
で、あー、むしろコードガシャガシャやるのは低いほうがやりやすいのかな?とか。いや、ベシャベシャしちゃうけど。
まー、たとえばクラシックギターは12フレットジョイントだし、全体のバランスってのもあるからそのへんの弦高っていうか数値だけじゃない部分もあるけれど。
まー、そのへんの数値よりむしろナットの高さとか弦のテンションの感じとかね、そういったもんの方が大きいと思うんだけど。
ねえ?どんなもんなんでしょうね?と。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-972.html

冷たい雨の一日。それでも今日はいい日だったなと。 (2016/10/28/23:13)
去年までアートコで店を開いていたときによく立ち寄ってくれて、レディスの古着だのアクセサリーだのをちょこちょこ買ってくれたガスだかなんだかの検針員をしていた年輩の女性。
いつも仕事の途中で前を通って覗いて行って、なんとなく気になる物を見つけると仕事が終わった帰り道に寄ってくれて、あれこれちょっとした世間話しなんかしながら。
今日ひさしぶりにアートコで店を開けた夕方、冷たい雨で暇な店内で、ちょっと早めに店を閉めて来たサウンドサラウンドのウエムラさんとダベっていたら偶然通りかかった彼女。
いつもと違う時間で珍しいなと思ったら、今日で仕事は最後でこれからお別れ会のようなものがあるのだと。
そういえば去年だったか「もう定年になるんだけど、もう一年働かせてもらえるの。時間も短くなって、仕事も少なくなるけど。」なんて言ってたっけ。
いつもそんなに高いものは買わないけど、その都度いい感じのものを選んで帰って、小柄な自分の身体に合わせて直して着てくれて、ときには「ほら、こないだのやつ直したの。どう?」なんて見せに来てくれたり。
小柄だけどスっとした感じの人で、昼間仕事中はユニフォーム姿で自転車に乗ってたけど、行き帰りはいつもいい感じに短めのスカートと高めのヒールで、そう、若い頃はさぞかし颯爽とした美人さんだっただろうと。
「ぜんぜんここで店やんなくなっちゃったもんね。わたしも今日で最後で、そしたらもうあんまりこのへんにも来なくなっちゃうから最後に会えてよかった。」なんて。
いや、ほんとに。ほんとに会えて嬉しかった。

お別れ会に行く今日の彼女はちょっとモダンな雰囲気の着物姿で。
うん、奇麗だよ。今日はまたいちだんと。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-966.html

ちょっと魔が差して、、 (2016/09/07/04:29)
20160907042118357.jpg20160907042119164.jpg20160907042120ad7.jpg20160907042122a51.jpg
えーと、たぶん'70sあたりからロッコーマンてとこがCP-4ケースポーターって名で売ってたやつがあって、なんとなくずっと気になってたんだけど、これはわりあい近年(?)出回っているKAVABORG CASE SADDLEというやつ。
まーようするにストラップなんかが付いてないハードケースを背中に背負えるようにするアタッチメントなんだけど。
いや、昨今はソフトケースなんかもストラップが二本ついてリュック式に背負えるようになってんのがわりと主流だけど、どっちかっていうと昔ながらのストラップ一本で、とくにハードケースだったら昔からクラシックギターのケースなんかに多かった肩にかけたときにケースが縦になるタイプのものが好みだったりもするし、そもそもハードケースを背中に背負うのはちょっとゴツ過ぎんじゃないの?とか思ってたんだけど、あー、LG0なんかだと小さめだし、そもそもチップボードであんまりゴツくないし、もしかしたらどうかなぁ?、、とか思っちゃって。
で、そのロッコーマンのを試してみよっかなー?とか思って、てか、もしかしたら他にもなんかあるかなぁ?とか思ってあれこれしてたらこれを見つけちゃって、まー、ほぼ同じ仕組みだし、形も同じなんだけど、ロッコーマンのはちょっと華奢な感じがして、こっちの方がガッチリしてるっぽいし、なんたって後発の方が多少改良なんかもされてたりするかなぁ、、と。
てか、あー、でもしっかりしてる感じはいいんだけど、なんかちょっとガンダムっぽいかなぁ、、とか、やっぱりなんとなくこんなもんを背中に背負うのは暑苦しいかなぁ、、とか、やっぱりなんか金具探してケースにお手軽な感じのストラップ付けちゃおうかなぁ、、とか、あれこれ、、いやはや、まったく、、。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-958.html

me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.