me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
カテゴリ別ログ_日々のこと
スポンサーサイト (--/--/--/--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/?overture" target="_new

'70sの廉価モデル二本 (2017/02/17/02:05)

左)yours(型番不明)右)Great Lake Deluxe F-180。
たぶん'70sの中頃あたりにはまだこういった後にナショナルブランドにならなかったメーカーの廉価なモデルがたくさんあったように思う。
あのころ一度だけHashimotoだかなんだかこういう感じのブランドのギターを買ってしばらく使っていたことがあるが、その他はほとんど使ったことがなかったが、今あらためて手にしてみると、どうしてどうして、捨てたもんじゃないじゃないかと。
値段は安かったが、たぶん今でも残っているはずの、あちこちのギターをOEM生産していた会社が作ったもので、海外の工場に出して(必ずしもそれが悪いというわけでもないが)量産される現代の廉価モデルよりもずっとちゃんとしてる。
Great Lakeのほうはラダーブレイジングで、ペグは廉価モデルらしい三連オープンギヤだが、yoursのほうはXブレイジング、ペグもオープンギヤだが独立型のもの(ペグは両方ともARIAのウェバリースタイルのものに交換してしまったが)で、ボディ形状もよりマーチン000あたりに近い感じ。
ネックはGreat Lakeは幅は広くないが、ゴロンとしたいかにもな感じのネックで、yoursのほうは三角(三角の山の中心が若干ズレていたりするが)で、こういうところもよりフォークギター的。
音はGreat Lakeのほうがラダーらしいガランとした音がガツンと前に出てる感じで迫力があるが、Yoursのほうも締まった音で悪くはない。
もちろん両方とも深い豊かな響きというわけではないが、たとえば昔のアメリカのHarmonyの安いやつとかの雰囲気に近い感じでなかなかじゃないかなと。
あー、でもなんとなく、てか、いつも思うのがヘッドのデザインで、このころの日本製ギターってみんなそっけなく四角なヘッドにそっけないロゴ(Great Lakeのほうはマーチンぽいロゴだけど)で、このへんが非常に残念。
同じ角ばったデザインでもKalamazooだのWaterlooだのみたいな山形や、あるいは古いRecording Kingみたいなちょっと洒落た感じだったらよかったのになぁ、、と。
いや、もっと言えばボディカラーもタバコサンバーストとかだったら、、なんてつまんないこと思ってしまうんだが、いや、まー、そのへんはたぶんまだこのころはぜんぜん追い付いてなかったんだろうなぁ、、なんて、あれこれ、、。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-975.html

弦高のこと (2016/12/23/17:06)

よくヤフオクだので出品されてるギターに対する質問で「12フレット上の弦高はどのくらい?」
みたいのがあったり、あるいはすでに「12フレット上、6弦で約2.5mm。たいへん低くて弾きやすいです」みたいなことが書かれていたり。
たとえば写真のギターのそれは6弦で約3mmで、昨今のそのへんの風潮からするとすでにやや高めということらしいんだけど、これ、僕にしたら少し低く過ぎて若干弾きにくいわけで。
まー、そりゃね、このへんが4mmを超える感じだとだいぶ高くてシンドイ感じなんだけど、ちなみに僕が普段使っているLG0はだいたい3mmかもう少し、3.5に届かないくらいかな?
いや、たしかにね、弦高はあんまり高くないほうが弾きやすくはあるけれど、あんまり低いと逆に弾きにくいっていうか、音だってバシャバシャしちゃうしね。
てかね、昔のギターは今ほどこのへんの弦高は低くなかったように思うんだけど、それを言うと昔はローポジションでコード弾くのが主だったからなんてこと言う人もいて、あー、そういえば90年代くらい(?)からアコースティックギター関係の雑誌が多く出て、フィンガーピッキング的な弾き方が多く載ってて、そのへんからかなぁ?、、とか思うけど、でもね、ピックなんか持たないクラシックギターなんかの方がナイロン弦のほうが振幅が大きいせいもあって弦高はむしろ高くて、だいたい4mmくらいだったりするし、それで問題ないわけで、指で弾くから低い弦高がいいってわけでもないよね?
僕が3mmくらいだと弾きにくいっていうのもむしろ指で弾こうとするともう少し高いほうがいいって感じで、ほら、低いとなんかね、親指がブリっと行かないっていうか、クラシックでいうアポヤンド的な弾き方がしにくいの。
で、あー、むしろコードガシャガシャやるのは低いほうがやりやすいのかな?とか。いや、ベシャベシャしちゃうけど。
まー、たとえばクラシックギターは12フレットジョイントだし、全体のバランスってのもあるからそのへんの弦高っていうか数値だけじゃない部分もあるけれど。
まー、そのへんの数値よりむしろナットの高さとか弦のテンションの感じとかね、そういったもんの方が大きいと思うんだけど。
ねえ?どんなもんなんでしょうね?と。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-972.html

冷たい雨の一日。それでも今日はいい日だったなと。 (2016/10/28/23:13)
去年までアートコで店を開いていたときによく立ち寄ってくれて、レディスの古着だのアクセサリーだのをちょこちょこ買ってくれたガスだかなんだかの検針員をしていた年輩の女性。
いつも仕事の途中で前を通って覗いて行って、なんとなく気になる物を見つけると仕事が終わった帰り道に寄ってくれて、あれこれちょっとした世間話しなんかしながら。
今日ひさしぶりにアートコで店を開けた夕方、冷たい雨で暇な店内で、ちょっと早めに店を閉めて来たサウンドサラウンドのウエムラさんとダベっていたら偶然通りかかった彼女。
いつもと違う時間で珍しいなと思ったら、今日で仕事は最後でこれからお別れ会のようなものがあるのだと。
そういえば去年だったか「もう定年になるんだけど、もう一年働かせてもらえるの。時間も短くなって、仕事も少なくなるけど。」なんて言ってたっけ。
いつもそんなに高いものは買わないけど、その都度いい感じのものを選んで帰って、小柄な自分の身体に合わせて直して着てくれて、ときには「ほら、こないだのやつ直したの。どう?」なんて見せに来てくれたり。
小柄だけどスっとした感じの人で、昼間仕事中はユニフォーム姿で自転車に乗ってたけど、行き帰りはいつもいい感じに短めのスカートと高めのヒールで、そう、若い頃はさぞかし颯爽とした美人さんだっただろうと。
「ぜんぜんここで店やんなくなっちゃったもんね。わたしも今日で最後で、そしたらもうあんまりこのへんにも来なくなっちゃうから最後に会えてよかった。」なんて。
いや、ほんとに。ほんとに会えて嬉しかった。

お別れ会に行く今日の彼女はちょっとモダンな雰囲気の着物姿で。
うん、奇麗だよ。今日はまたいちだんと。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-966.html

ちょっと魔が差して、、 (2016/09/07/04:29)
20160907042118357.jpg20160907042119164.jpg20160907042120ad7.jpg20160907042122a51.jpg
えーと、たぶん'70sあたりからロッコーマンてとこがCP-4ケースポーターって名で売ってたやつがあって、なんとなくずっと気になってたんだけど、これはわりあい近年(?)出回っているKAVABORG CASE SADDLEというやつ。
まーようするにストラップなんかが付いてないハードケースを背中に背負えるようにするアタッチメントなんだけど。
いや、昨今はソフトケースなんかもストラップが二本ついてリュック式に背負えるようになってんのがわりと主流だけど、どっちかっていうと昔ながらのストラップ一本で、とくにハードケースだったら昔からクラシックギターのケースなんかに多かった肩にかけたときにケースが縦になるタイプのものが好みだったりもするし、そもそもハードケースを背中に背負うのはちょっとゴツ過ぎんじゃないの?とか思ってたんだけど、あー、LG0なんかだと小さめだし、そもそもチップボードであんまりゴツくないし、もしかしたらどうかなぁ?、、とか思っちゃって。
で、そのロッコーマンのを試してみよっかなー?とか思って、てか、もしかしたら他にもなんかあるかなぁ?とか思ってあれこれしてたらこれを見つけちゃって、まー、ほぼ同じ仕組みだし、形も同じなんだけど、ロッコーマンのはちょっと華奢な感じがして、こっちの方がガッチリしてるっぽいし、なんたって後発の方が多少改良なんかもされてたりするかなぁ、、と。
てか、あー、でもしっかりしてる感じはいいんだけど、なんかちょっとガンダムっぽいかなぁ、、とか、やっぱりなんとなくこんなもんを背中に背負うのは暑苦しいかなぁ、、とか、やっぱりなんか金具探してケースにお手軽な感じのストラップ付けちゃおうかなぁ、、とか、あれこれ、、いやはや、まったく、、。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-958.html

ここにはずっと (2016/05/01/14:43)

たぶん僕より少し上、60代くらいの年配の女性がやってたブティックがあって、いつも店の前に丸テープルとパラソルが出てて、お客さんがいないときは日がな一日彼女がそこに座って煙草を吹かしてて、細身でスっとした感じの彼女はなんだか絵になっていて。
それは十数年前にここに引っ越して来たころからずっと、アパートから出て路地から表の通りに出るとすぐ道の向こうに見えるその景色が僕はなんとなく好きだった。
だいぶ前にサンクスに入ろうとしたとき、後ろから彼女が小走りに道を渡って来たので開けたドアを支えて待ってたら「ありがとう」と。
十数年も毎日のように通りすがっていたし、顔が合えば会釈程度の挨拶もしたし、そう、たまには灰皿を借りたりもしたけれど、まともに言葉を交わしたのはたぶんあれがはじめてで、そして最後だったなと。
そんなだから名前も知らないままだったけど、あの景色ももうなくなっちゃうんだな、、と。
彼女は店を閉めてどこに行ったんだろう?
またなんだか寂しくなっちゃうね。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:1
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-946.html

me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。