FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
カテゴリ別ログ_日々のこと
異次元? (2019/09/11/01:21)

今日(てか、明けちゃってもう昨日だけど)ちょっと木材を買いに島忠へ行ったついでにノコギリを買ったんではある。
なんせ今まで使ってたのはずいぶん以前(て、もう10年くらいになるかしらん?)に当時フリマでよく一緒になってたおとーさんから買った、なんのヘンテツもない折り畳み式のやつで、それから果てしなく酷使してきて、なんとなくもう限界かなあ、、なんて(だいぶ前から)思ってて、ノコギリの売り場をちょこっと覗いたらなんとなくよさそうなのがわりと安かったもんで。
で、使ってみたら、、あらら!なんだこれは?!まるで夢のような切れ味じゃないのさ!あー、なんだよ、今までのはなんだったのさ!みたいな(汗)
いや、まーね、このZソーっての、前からなんとなく気になってたんだけどさ、なんつーか、雰囲気が今風(?)だし、まー、どっちかというと昔風なものの方が好きっていうか、信じられる(て、どんなだ?)タチだもんで、なんとなくいつもスルーしてたんだけど、今回はなんとなく手に取ってみたら、あー、これならいーかもねえ、、なんて思って。
関係ないけど、硬い木だの割合大きい材なんかを切るときは大工さんが使ってるようなでっかいのがいいんだろうな、、とか思いつつ、普段あんまり余裕のあるスペースで作業しないもんで、いつも小振りなやつを選んじゃうんだけど、その小振りなやつがあったもんで、ついフラフラと買って来たんだけどさ。
いや、もう果てしなく酷使して限界だったものからマッサラの新品に持ち替えたということを考えに入れてもなお(てか、前のはたしかに切れなくなってたけど、前からそんなに変わったというか激しく衰えたという感じでもなかったし)まさに異次元(ちょっと大袈裟だけど)の切れ味なわけで。
それほど力を入れなくてもサクサク切れちゃって、これならザクザクぶった切るだけじゃなく、ちょこっとした細工なんかもイケちゃいそうじゃないのさ。と。
いやー、あらためて思うけど、道具は大事ね。ほんとに。
てか、そんなことは百も承知なんではあるけれど。
ええ、大事に使います。たぶん、、たとえ最初だけだとしても。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト



/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1069.html

Carmine Street Guitars (2019/08/23/18:07)

一昨日水曜日、そうそう、そうだったと思い出して、新宿シネマカリテに。
ひさしぶりにすごく観たかった映画。
ニューヨークにある小さなギターショップの月曜から金曜の一週間のあれこれをただ淡々と描いた、ほぼドキュメンタリー。とくにストーリーがあるわけでもなく、ただ淡々と、でも観ながら終始ニヤついてしまうような。
ブラっと入って来たいろんなギタリストたちが、店主リックケリーの作ったギターを嬉しそうに弾くシーンはこっちも楽しくなる。
とくに左手中指の腱を失いながも再起したギタリスト、ジェイミーヒンスに「こっちの方がネックが少し広い、広いネックの方が指が楽だよ」とリックが手渡したギターのネックを握った瞬間の「お?」という表情、さらにポロンと鳴らした瞬間のジェイミーの「わぁ、、」という表情になる場面は涙が出そうになった。
変わり行くニューヨークの街の小さな店で、そのニューヨークの壊された古い建物の古材で、ただ淡々とギターを作るリックとその仕事に魅せられて弟子になった若いシンディの出会いと今も淡々と続く毎日、そしてそこにやって来るたくさんのギタリストたち、、そう(いや、いろんな見方があるだろうけど)これはたぶん出会いの映画なんだなと思う。
僕はこういう出会いをしたとがあっただろうか?あるいはこれからもこういう出会いがあるだろうか?、、なんてことを思いながら。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1068.html

N氏のこと (2019/08/15/19:39)
201908152145179c3.jpg
僕がもうかれこれ20年くらい住んでいるアパートの隣の部屋に住んでいたN氏。
僕が越して来たときにはもうすでに彼は住んでいた(僕の少し前に入ったのだそうな)ので、彼との付き合いももうかれこれ20年くらいになるわけだ。
いや、付き合いと言ってもときどき表に出たときに顔を会わせて挨拶したり、たまには少し世間話しなんかする程度のものではあるけれど。まー、それでも20年ではあるわけで。
とにかく毎日ずっと部屋にいて飲んでて、アパートの前やお互いにちょくちょく行くコンビニなんかで会ってもおよそ酒の抜けてるときのないような。そんな人だった。
それでも何年か前まではわりとちゃんと仕事(タクシーだったらしい。てか、そう考えるとだいぷ年上なのかと思ってたけど、僕より少し上、まだ70前だったのかも知れないな)してて、着てるものなんかわりとパリっとしてたし、いつでも愛想のいい、近所でもわりと好かれた人だったんだが、目が悪くなったとかで仕事を辞めてからはとにかくずっと部屋で飲んでる感じになって、このごろじゃ表に出るのはいつも飲んでるワンカップが切れたときだけになっちゃってたんだな。
彼なりに決まりがあったらしく、ワンカップは必ず二本だけ買って来て、なくなったらその空き容器を持ってコンビニに行ってまた二本、、てな感じでね。
もうこのごろじゃアパートから数十メートルのコンビニまで行って帰って来るのに小一時間(いや、けして盛ってるわけではなく)かかるほどユラユラゆっくりと。
一度なんかアパートの階段の下(僕らの部屋は二階なわけで)で追い付いた、、っていうかずいぶん手前で昇ってるのを見かけて、なんとなく時間かかりそうだから(笑)そのへんを10分くらいかけて一周して来たのにまだ真ん中らへんにいた、、!なんてこともあったりもして。
それでもまー、近所の店の女の子なんかとニコニコ世間話しなんかしてたし、そもそも人に迷惑かけたりするタイプでもなかったし、そんなに嫌われるような人ではなかったのだが。
そのN氏の部屋、先月末のある日、なにやらゴトゴトやってんなー、、と思ったら職人が来てリフォームしてるじゃないの。
で、本人の姿はないし、あー、引っ越したのかなー?てか、なんだか身体もあちこちまともじゃなさそうだし、引っ越すってほどの元気があるとも思えないけどなー、、て、まさか、、あー、いやいや、あるいはどっか悪くして倒れたりして運ばれたのかなぁ、、(汗)このごろ見かけなかったしなー、、とかザワザワしてて、あー、大屋さんに聞いて(アパートの隣に住んでるし)みよーかなぁ、、とか思ってたんだけど、なんとなく、勇気がなくて聞きそびれてたんだけど、まー、今日会ったついでに聞いてみたら、、。
なんでもちょっと前の昼間、たまたまそのときはアパートの前でなんかの工事をやってて、職人さんがたくさんいたんだけど、その職人さんたちがN氏の部屋からなにやら「助けて、、」みたいな声がすると大家さんに知らせて、開けてみたらN氏が倒れていたもんで、救急車を呼んで、どこぞの病院へ、、ということらしい。
どうやら脳梗塞を起こして倒れたらしいけど、まー、意識はあったし、命は助かって、大家さんが会いにいったらはっきりわかるし、言葉もちゃんと話すらしいけど、それでもまだICUみたいなとこに入ってて、今はまだとてもどこかに動かせるような状態じゃないし、これからどうなるかもまだ定かではないような、、北海道の人らしくて、そのうち向こうに帰ろうかなー、、なんて言ってたそうだけど、それももうどうなのか、、みたいな状態なんだそうな。
まー、そんなこんなで、アパートの部屋は引き払って、、ということになって、今に至ってるんだそうだが、、あー、もしかしたら死んじゃったのかも、、とかも思ってたけど、そうじゃなかったんならまー、よかったなと思う反面、あー、じゃーもうたぶんN氏にも会うこともなくなっちゃったんだなー、、とか、もしかしたら元気にどこかに(実家の北海道にでも)引っ越して行ったんならよかったと思ってもいたけど、やっぱりそうか、そうじゃなかったのかぁ、、とか。

このアパートは古くから長く住んでる人が多くて、だいぶ年のいった人も多いんだけど、たぶん今はN氏の前からの人がふたりいて、僕はその次で四番目に古かったんだけど、あー、これで僕は三番目になっちゃったんだなー、、なんて、つまんないことも思ったり。
んー、まいるね、明日は我が身かも知れないものね、、とか。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1066.html

少し休める (2019/08/08/23:29)
20190808232628195.jpg
ひさしぶりの梅雨らしくて長い(?)梅雨が終わったと思ったら一気に猛暑がやって来て、超ロートルなLG0はさすがにこたえたのかこのところずいぶんとブリッジ下が膨らんでしまっていた。いや、でも不思議なことに弦高などはとくに変化を感じなかったのだけれど。
で、まー、昨日の稲生座の最後の曲で弦が切れたついでにひさしぶりに弦を全部外して(いや、普段は全部はずすことはしなくて、張り替えるときも一本ずつ外して張り替えてるわけで)このまま2~3日張らずにおいて、少しボディを休ませてやろうかな?とか。
あー、うん、ブリッジピンもいいかげんボロなんで、新しいのにしてやるのもいいかなぁ、、とか。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1065.html

そもそものはじまりは、、 (2019/04/17/21:27)

右のものが普段使ってるやつで、左のものは予備というかたんなるコレクションというか、、で、ほんとはもう一本前に使っていたやつがあったんだけど、それはだいぶ前にライブの後にしまい損ねたというか忘れたというか、、ようするに酔っててよく覚えてないけど(笑)紛失してしまったわけで。
もうずいぶん前、、たぶん90年代終わりころにebayでアメリカのあちこちから中古ギターを買ってたんたけど、
送られて来る段ボールの中にときどきギターと一緒にたぶんそのギターに使っていたのであろうあれこれが入って来ることがあったりして、僕はなんとなくそれを少し楽しみにしていたりもして。
というのも買っていたギターは主に70年代前後のものだったし、そうやって入って来るものも同じくらいの年代のものがほとんどで、とくにストラップなんかは懐かしいっていうか、やっぱり自分もそのへんのものを使ってたし、というか、今のものよりあのころのものの方が好きだったな、、なんて思っていたようなところもあって。
たとえば調節部分は金属製よりも樹脂製の方がギターに傷をつけにくいだろうし、裏地というか本体というか、、も今多いようなナイロン製の方が強そうだし、、とかどう考えても昔のものより今のものの方がよくなっているはずではあるのだけれど。
そもそもあのころはだいたいこんな感じで、今ほどあれこれ選ぶ余地もなかったわけで、なにもこれが特別よかったってわけでもないけれど。
まー、こういうものにはなんでもそうだけど復刻版みたいなのがあったりもするし、中にはACEとかオリジナルのものだとへんなプレミアがついて、かなりな値段になってたりするものもあるけど、そういう興味なんかではなくてね、単純に昔使ってたやつが好きだったなってな感じなだけで。
てかね、今はいろいろあるし、機能的にもあれこれ捻ったものもあるけど、なんていうか、、こういうものはシンプルな方がいいなーと。
あー、それとは逆に今はこういうどうでもいい(わけではないけれど)ところに派手な模様が入ってたりするものって少なくて、どうにもこうにも殺風景だし、なんか個性がないなー、、みたいなことも。
てなわけで、たまに使えそうなものがあったら取っておいたり、ちょこちょこ直したりしてたんだけど、そのうちにあー、いっそのことリメイクっていうか、作っちゃったらいいのか?とか思いはじめて、そこからいろいろあれこれ試行錯誤して現在に至っているわけで、、て、もちろんまだその途中っていうか、けして完成したわけではないけれど。
てかね、あれこれやりだすとだんだん調子に乗って(笑)やり過ぎちゃったりして、本末転倒なことになってしまいはじめたり、、と、いやはや、なんでもあれこれ難しいもんではあるなぁ、、と。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram

/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1057.html