FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
カテゴリ別ログ_喫茶店
CAFE AMATI (2006/03/03/01:18)


(『ウエイトレスは聖職である』by カブト(笑))
新宿駅南口ルミネ1の1Fエスカレーター下にあるわりと小さな喫茶店である。
別に値段が安いわけでもなく(てか今となっては高い部類ですな)特別な特色があるわけでも(あ、どうやらケーキに力を入れているようではありますね)ないが、なんてったってちゃんとしてるんである。
働いているスタッフは男女とも白いパリっとしたシャツで、小さな帽子をかぶっていて、いつもシャキっとしてる。
こういう感じで、あんまり大袈裟じゃないユニフォームでシャキっとした感じの店って最近少なくなったな。
昔はけっこうこういう感じって多くて、それこそちょっと年輩のウエイターさんなんかかっこよかったんだけどな。
あー、いや、別にユニフォームがいいってわけじゃないわけで(笑)
お客さんにかける言葉もヘンテコな大声じゃなくて、でもまるっきりちゃんとしてて、かなり気持ちがよいのである。
最近流行(?)のメイド喫茶なんかのそれ(あー、別にいいんだけど、かなりバカバカしいでしょ)とは違って、なんていうか..清潔感(いや、メイド喫茶が不潔だなんていうことじゃなくて(笑))っていうのかな?
いや、もちろん、マスターとウエイトレスの女の子ひとりくらいで(ユニフォームなんかなくて、私服にエプロンくらいで)やってるアットホームな感じの街の喫茶店ももちろん好きではあるけれど。

セブン-イレブン受取りで手数料無料!セブンアンドワイ
The Yellow Song Star
/ トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-244.html

そんでもって昨日はといえば (2006/01/20/01:13)
志木駅構内(?)にあるロッテリアに入ってみたわけなんである。
あ、別に話しのタネに入ってみてるわけではなくて(笑)パっと目に入るところで他にめぼしいところがなかったわけで。
ロッテリアって、初期のころ(?)からキャベツの千切りが挟まってたり、いち早く(?)コロッケバーガーみたいのやってみたりとなんとなく他にはないヘンテコなオリジナリティみたいのがあって、しかもそれが微妙にスベってる(ロッテリアさん、ごめんなさい)感じがして、そのせいかハンバーガー屋でありながらあんまりハンバーガー屋に見えない(のは僕だけか?)ところが僕的には「恐いもの見たさ」的な心のひかれ方をしちゃってたわけだけど、なんか最近かなり影が薄いわね?
で、昨日ひさしぶりに入ってみたら..あー、なんていうか相変わらずな感じでヘンテコなオリジナリティを追求してる(てか他店との差別化を狙ってるんだろうけど)のはいいんだけど、あれです..普通っぽいのがないのね。
ほら、チーズバーガーとかさ..てかないわけじゃないみたいなんだけど、メニューとして目に入って来ないっつうか。
やっぱさ、正しいか正しくないかってこととは別に「ハンバーガー」っていうイメージあるでしょ?
そのへんがイマイチ飛び込んで来ないんだね。そういうところでやっぱり他店に届かない(あ、ほんとのところ儲かり具合的にどうなのかわからないですが)んじゃないかなぁ?なんて。
あ、いや、あれです。悪く言ってるわけでなくて、ロッテリアってむしろわりと好きなわけで、そのへんが心配になっちゃうの。
そりゃもう、もちろん大きなお世話なんでしょうが(笑)

そういえば、昔はけっこうあった反主流的(ってなんのことだか?って感じではあるけど)バーガーチェーン。
学生街とかに多かった(?)サンテオレとか5~6年前まで新井薬師にもあったドムドムバーガーとか..安さ以外には売り物があんまりなかった(ような気がする)ああいったバーガーチェーンって今はどうなってるのかなぁ?
たまに思いもよらぬところで見かけたりするけど..なんて、つまんないことをツラツラと考える一日だったりもしたわけで。

スポーツ&音楽ビデオ販売【Hi!Soft】
The Yellow Song Star
/ トラックバック:0 / コメント:7
FC2カテゴリ: 日記日々のつれづれ
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-223.html

北戸田にて (2006/01/18/23:26)


(北戸田イオン内のフレッシュネスバーガーにて)
そんなわけで、ここんとこ毎日(といってもまだ二日だけど)北戸田あたりに行ってるんだけど、このへんで時間が空いちゃう(ことがけっこうあるのだ)とかなり何にもないところなんで、だいぶ困ってしまうのだ。
近くでちょっといろんなものがありそうっていうか時間を潰せそうなのはイオン(ジャスコ系のショッピングモールですね)くらいだったりもして。
で、今日はそのイオン内のフレッシュネスバーガーにてボンヤリと本なんか読んでみた。
あー、ここって、フードモールみたいになってる部分も多くて、けっこういろんな店も入ってるし、広いところに余裕をもってテーブルが並んでたりしていいんだが、いかんせん小さな子供を連れて買い物に来てるママさんたちが多くて(っていうか適当に子供を遊ばせるスペースなんかもあったりもして、このへんじゃこういう施設も他にないんだろうし..って感じで)僕はそういうのがもうメチャメチャ苦手なわけで(汗)
でも今日入ったフレッシュネスバーガーは単独で店になってて、しかもこのフレッシュネスバーガーって、店の性格上(?)ファーストフード店でありながらガチャガチャうるさいガキどももほとんどいなくて、わりと落ちついた雰囲気(店員の雰囲気なんかも他のファーストフード店とちょっと違ってるよね)で、わりと好きな店である。
あ、何よりも(?)奥の方の狭いスペースだけだが、喫煙スペースがあるのも素晴らしいわけで(笑)
んー、僕はハンバーガーみたいなジャンクフードがかなり好きな方だし、マクドナルドなんかもけっこう行ったりするけど、あの(まぁ、商売としてはいいと思うけど)小さな子供(というか子供連れのママさん)をターゲットとした商品政策や、なぜか若年層を狙った営業方針(?)のせいでガチャガチャうるさいガキどもがのさばってるのがかなり嫌いだったりするわけで。
なんで日本てこうなっちゃうんだろうね?アメリカなんかじゃこんな感じじゃないんだけどね。
まー、日本てへんな国で、お子さまたちにウケないと商売ができないみたいなヘンテコなところがあるから「背に腹は替えられない」のかもしんないが。
そこいくとこのフレッシュネスバーガーはそんなことがなくて、かなりよろしいわけで。
まずあの食いにくい(?)スタイルのハンバーガーじゃ小さな子供連れてると食べさせにくいので(?)小さな子供連れのママさんの集団がいないし、値段が他に比べてわりと高いので(?)下らんガキどもがいないわけで。
それにきっと店員教育がいいんだと思うけど、他のファーストフード店に比べてどこもけっこうしっかりした店員さんたちが多いように思う。
んー、働いている店員さんの年令はきっと他と変らない(あ、でも、高校生っぽいのはいないかな?)気もするけど。
ぜんぜんその内容はわからないけど、少なくともあのバカでも働ける(というかバカしか使わない)「これ以外は考えるな」式のマニュアル(あ、あれはアメリカでは「バカでも」というわけではなく、そうとう素晴らしいアイデアだったんだよね。国民的な事情がまるきり違うからね。それを日本に持って来たときにおおいに間違っちゃったわけなんだよな)なんかではなく、ちゃんと皆「接客業」として働いてるしね。
そんな感じなんで、けっこうどこの店でもわりと年令層の高い客層な感じだし、けっこう静かにくつろげるしで、かなり好きなんである。
どこの店でもそうなんだけど、かならずテーブルにこんな感じで花なんかがチョコンと置いてあったりするのもね。なんかいいよね?
..なんて、僕がそんなこと言っても聞いた方としては「どっか具合でも悪いのか?」ってな感じでしょうが(笑)

今からはじめる自宅からの起業”DSSサポートシステム”で在宅ワーク
The Yellow Song Star
/ トラックバック:0 / コメント:7
FC2カテゴリ: 日記日々のつれづれ
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-221.html

珈琲タイムス (2005/12/16/20:05)
新宿駅南口(東南口って言った方がいいかな?)甲州街道から新宿通りよりに一本裏に入ったところに昔からある店である。
けっこう広い店内は全部ボックス席の昔ながらの喫茶店である。
場外馬券売場がすぐ近くにあるのもあって、たしか昔は競馬開催日には「¥2000で出入り自由」みたいなことやってたと思うけど今もやってるのかな?(最近とんと週末にこのへんに来ないので定かではないのだが)
以前バイク便やってたときは甲州街道の下(って、へんな言い方だが)にあるドコモショップに毎日行ってたこともあって、よく待機時間なんかに寄ってたんだけど、最近はここの並びにある新星堂(あ、ってよりROCKINNって言うのか?)になんか買いに来たときくらいになっちゃったが。
そういう場所柄(?)もあって、客層はだいたい割合年輩の会社員とかちょっと遊び人風(?)な感じの客で、とくに競馬開催日にはいかにもそういった感じのお客が多くなる。
とは言っても別にガラが悪いとかそんな感じでもなく、静かな店内は落ちついた雰囲気である。
けっこう不思議に思うんだけど、こういう昔の喫茶店って、みんな仕事の話しやら何やら話してるんだけど、あんまりうるさく聞こえて来ないんだね。
今のカフェとか称するところはけっこううるさいでしょ?声の大きさとか別にかわんないと思うんだけど。
うーん、でもあれかな?昔のこういう喫茶店て、昔から若い女性客とか少ない(?)んだね。そういうこともあるのかな?声のトーンとかね。だいぶ違うしね。
昔はけっこうこういう喫茶店に日がな一日ボンヤリといて、本を読んだり、たまに思いついた歌詞を書き留めたり(まー、こういうのって、こんなふうに言うほどかっこいいことじゃないんだけど)したんだよな..なんてフっと思ったりして。
で、今日も新星堂にちょっとシールドを買いに行って、紀伊国屋で本を二冊ほど買って、ここまで戻って来て、ミートソーススパゲティ&コーヒー¥870也。
あ、なんかさ、このごろの若い人に言わせるとこういう喫茶店って高いって言うけど、ねぇ?これってむしろ安いよね?そうでもないかな?
The Yellow Song Star
/ トラックバック:0 / コメント:6
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-202.html

老夫婦の喫茶店 (2005/10/22/14:20)
…というか正確には彼らがやっているわけではないわけで、彼らはお客さんなんではあるが。
北新宿の某事務所の近所にある喫茶店(いつまでも名前を覚えないのが悪い癖だが)である。
こんな(といっては失礼だが)古い住宅街の中にはちょっと似つかわしくない感じ(?)の今風な店構えである。
あんまり人の出入りの多い街ではない(朝早くは市場が動いているので、その出入りはあるが)ところにあって、果たして繁盛しているのだろうか?なんて、大きなお世話なことを思ってしまうのだが(笑)
僕はいつも夜の7時過ぎくらい(この店、8時閉店なんだが)に寄ることがほとんどなのだが、その時間に行くと、いつも70過ぎ(くらいだろうか?あるいは後半?)の老夫婦(?夫婦じゃなく、たんにカップルなのかもだが)が風呂上り(なのかどうか定かではないが)な雰囲気で、寝る前のひと時を散歩がてらお茶を飲みに来るんである。
ふたりともちょっと耳が遠いのか、少しだけ大きな声で、今日一日の話しとかをしばらくしゃべって帰るんである。
声が少しばかり大きくてもどうせこの時間はもう僕っくらいしかいないんで、ぜんぜんオッケーなんである。
うーん、おかーさんの方がほんの少しだけしっかりしている感じである。
これ、なんかいい感じである。何がってわけではないけど、いい感じなんである。
あ、別に彼らを見に行っているわけではなくて(笑)ここ、カレーがけっこう美味いんである。
なんかサラサラっとした、スープみたいなチキンカレー。サラダ付き。
アイスコーヒーとともに頼んで、¥900である。
そんな感じである。
The Yellow Song Star
/ トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-172.html