me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
カテゴリ別ログ_喫茶店
コーヒー/スナック「シェルフール」 (2008/07/12/23:51)
中野区中央3-45あたり。中野通りより一本東側、山手通りから北へ大久保通りへ向かい紅葉山通りへ続く(てか、ここもすでに紅葉山通りって言うのかな?)裏通り。だいぶご年配なおばちゃんがおひとりでやってる昔ながらな喫茶店。
ここったらどうやらカレーが売り(?)みたいなんだけど、これがかなり昔風ってか、ご家庭のカレー風ってか、今どき風に具なんかほとんど溶けて(って、あんなのきっとミキサーかなんかで最初から細かくなっちゃってんだろうけど)なくなっちゃってんでなく、適当にゴロゴロと入ってて、あー、ニンジンなんてイチョウに切ってあったりもして(爆)肉はもちろんバラ肉で、おまけにうっすらーと片栗粉使ってそうな雰囲気満載で、今どき風にサラダだのなんだのくっついて来たりしないで、ただ皿に盛ったカレーがゴロっと出て来るあたりにだいぶシビレたりもして。
で、お値段は600円也。今どき珍しいほど安いコーヒー300円とともに頼んでも計900円で、いや、そーとー素敵。
で、関係ないけど妙に冷房が効いちゃってて、しばらくいるとちょっと肌寒くなっちゃうあたりもかなり昔風..って、別に何の根拠もないけれど(笑)
んー、ただ、一車線の対面のあんまり広くない道で、坂の途中な上にちょっとカーブしてるあたりにあって、おまけに歩道も狭いしで、ちっこいジョグさんですら停めるところに躊躇しちゃうようなとこにあるもんで、好きな店のわりにはあんまり立ち寄ることがないんではあるけれど。
いや、別に歩いて行けばいいようなもんだが、激しく中途半端な場所なんで、このへんを徒歩で行動してることなんてあんまりないもんで(汗)って、そりゃ単純に僕的事情なわけだけど。
あ、ちなみに店内はBGMではなくラジオがだいぶな音量で鳴り響いていたりもして、このへんもそーとーに正統派に街の喫茶店。って、何をもってして正統派と言うかなんてことは定かではないけれど(笑)

で、明日は中野坂上にて行商。

7/13(日)中野坂上駅前パオ広場(10:00~16:00)

スポンサーサイト
/ トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-592.html

Cafe Telly (2007/07/20/22:13)


品川区小山6-6あたり。西小山駅から商店街を抜けて、住宅街の入り口あたりの角にある喫茶店。
お盆だってことで母と墓参りに行った帰り、いつも行く喫茶店も開いていたんだが、こっちもランチサービスやってんじゃんってことでなんとなく。
生姜焼きライス&スープにコーヒーが付いて700円だかそこいら。あ、ここは少なめでいい人用に「ミニランチ600円」なんてもんも。
ようするに通常のランチが全体にちょっと少なめな量になって、ひとつの皿に盛られているだけなんだが、わが母のようなお年寄りや、若くてもそんなにボリューム満点じゃなくていい人にはいいかもではある。
んー、ここって、前からあっただろうか?この場所はたしかにずっと以前から喫茶店であったが、どうやら代替わり(?)して、今は新しい店になってるみたい。
僕と同じくらい(あるいは少し若いかも(汗))の年令のマスターがひとりでやってて、んー、10人だかもう少しだか入ったら一杯になるくらいの店である。
僕と母がいる間中ロッドスチュアートの昔のヤツがかかってて、ロッドスチュアートをこんなに聴くのもひさしぶりだなぁ..なんて思って、母がトイレに立ったときに「好きなんですか?」なんて聞いてみたら『'70sあたりのヤツが好きなんですよ』なんて。
あー、なんか料理とかもなんとなく「趣味ではじめました」みたいな感じ(あ、でも、コーヒーは美味かったな)だし、商店街から外れちゃってて、あんまり忙しそうな店でもなかった(って、失礼な話しだが)けど、なんとなく昔の普通の喫茶店的雰囲気を持ってて、僕はかなり好きな感じ。
うん。次回からはここもときどき寄ってみようかな?みたいな。

AQUA SABO(アクアサボ)【快適生活】AQUA SABO(アクアサボ)
3,570円
■足にフィットするから履きやすい!歩きやすい!しかも水に強い!

Ads by STMX

/ トラックバック:1 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-477.html

ブーケ (2007/02/11/21:01)
青梅街道沿い、新高円寺商店街出口から新宿方面に向かって1~2軒くらいのところに昔からある喫茶店。
昔からそんなにしょっちゅう寄るわけではないが、今でもこのへんで時間が空いたときなんかにはなんとなく寄ってみたりする。
僕はここのなんのヘンテツもないカレーが好きである。
スライスしたゆで卵が2~3切れ乗ってるだけで、味もやや甘めのほとんど家庭のカレーである。
で、コーヒーとセットで頼んで900円。んー、今どきとしては安め?普通?
ガラス張りの道路に面した席に座って、表をボンヤリと眺めてるといかにも中央線てか高円寺っぽい(?)若いカップルなんかが何組も通り過ぎる。
きっと20代前半くらいで、同年代どうしなんだろうけど、男の子の方が少しだけ子供っぽく見える。
そんなのを眺めていると自分もずいぶん年とったなぁ..なんて思ったりもして。
僕がこのへんをちょくちょくブラブラしてたのはもう30年くらいも前のことだしね。
あー、僕もあんな風に見えたのかなぁ?..なんて。
んー、どうだろう?年だけはとったが、はたして僕は大人になったんだろうか?


/ トラックバック:1 / コメント:7
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-415.html

七つ森 (2006/07/27/12:11)


昨日は夜にDRAGON CAFEで歌うためにピザ屋の仕事を夕方4時までで上がって、帰り道なんで思いついて、新高円寺商店街(って、今はこんな呼び方しないのか?ルック商店街だな)の七つ森に寄って、ちょっと一服。
ずいぶん昔、高円寺に引っ越して来たころは南口の方に主な生活があったのもあって、ここにもよく立ち寄ったんだけど、北口の方に引っ越したり、中野の方に引っ越したりしてからはこのへんに来ることも少なくなって、ここももう最後はいつ来たのか覚えてないくらい来てなかったなぁ..なんて。
もうすいぶん昔のことなんで、あんまり覚えてないけど、なんだか昔とほとんど変ってないな。
コーヒーなんかも昔ながらな感じの味だし、食べ物のメニュー(は多少新しくなったのかな?)なんかも。
薄暗い店内の雰囲気もあのころのままだし、働いている若い子たちの雰囲気もなんとなく。
そうそう、メニューの値段にみんな5円の端数があって、おつりに小さなリボンのついた5円玉をくれるのもあのころのままなんだね。
'70sの終わりころ、南口にあったライブハウスに関わって、このへんで暮らして、いろいろと知り合った中にもここで働いていた子(てか、僕も当時は「子」だったわけだけど)がいたりしたなぁ..なんて、20数年も昔のことを少しだけ想い出したりもして..。


The Yellow Song Star
/ トラックバック:0 / コメント:7
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-323.html

夕暮れ、そして喫茶「蜜蜂」 (2006/05/04/18:43)


夕方6時過ぎ。もうこんなに陽が長くなってるんだね。
今日は午前中にmixiだなお姫の日記を読んで、近所の公園で息子くんの自転車練習をしているのを知り、なんとなく自転車に乗りブラブラと見学(?)に。
そういや、自転車っていつどんな感じで乗れるようになったんだっけな?わりと遅かったのは覚えているが..。
昼飯を食った後、昼寝なんかしてしまって(笑)すっかり夕方になっちゃったので、そばを食いに出たついでに近所の喫茶店「蜜蜂」へ。
関係ないけど、ここは近所の歩いて行ける喫茶店の3番目に遠い(へんな言い方だな)店で、テーブルに常になんかお菓子が置いてあって「ご自由に..」なんてことになってるヘンテコなとこである。
今時期だと閉め切っちゃうとなんとなく暑いけど、エアコンを入れるほどでもないんで、入り口のドアを少し開けて外の風を入れてたりして、なんとなく気持ちいい。
ここのモーニングは食ったことがないけど、どうやらゆで卵とバナナ付きなのが売り(?)らしい。
で、「卵なし」とか「バナナなし」とか選べて、それぞれ値段が違ったりする(当たり前か?)らしいわけで。
いつもモーニングは「ぽえむ」なんだけど、今度こっちにも来てみようかな?なんて。
うん、バナナってのがいいんではないの?でもない?

サイレントギターフォークギター SLG-100S AMT¥55900(希望小売価格¥72450>23%off!)
The Yellow Song Star
/ トラックバック:0 / コメント:6
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-277.html

me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.