me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
カテゴリ別ログ_音楽とか
ギタレレを考える (2017/09/28/22:34)

某歌姫がどこぞからもらってきた古いギタレレをあちこち調整して、なおかつ現役として活かすために使い勝手がいいように小さなギターとして使えるように、、と。
以前にも板橋の青年にギタレレをギターピッチでレギュラーチューニングで弾きたいと相談されたことがあったが、あのときはどうやってもテンションが低くて、とてもギターとしては無理じゃないかという結論を出したのだが、今回はレギュラーチューニングではなくオープンチューニング、彼女は普段オープンGを使うが、できれば歌うキーの都合上あらかじめAくらいになるならなおいい、、ということだったので、それならいっそのことオープンAにすれば上げる方向になるので、テンションの弱さを少しでも緩和して、なんとかイケるんじゃないかと。
で、以前やったときはクラシックギターのミディアムテンション弦を使ったのだが、今回はよりテンションが上がるようにハイテンション弦を使って、2弦~6弦をギタレレの1弦~5弦にして、6弦はコンパウンド弦の6弦を張って、ギターのレギュラーチューニングの2弦~4弦を1音上げてオープンAに。
これで彼女が普段使っているオープンGのフォームそのままにカポを使わずにそのまま使えるわけで。
実際に弾いてみると、ハイテンション弦とさらに3弦が巻き弦となったこともあって、通常のギタレレとは見違えるほどのボリューム感と、さらにオープンAとなっているためもあってか響きにも広がりが出て、たぶん大成功だなこれは。と自画自賛。
(途中一応試しにハイテンション弦をそのまま6本張ってもみたのだが、やはり全体に少し細くなるのと、なによりも3弦がプレーンとなることでコシの弱さが感じられて、これはちょっと無理かなと)
さらにオマケ(?)として彼女が手元に持っている外付けのピエゾコンタクトマイクをエンドピンジャックに加工、内蔵してほしいとのことで、こちらに来るときに持って来ることになっていたが、その当日、彼女が肝心のコンタクトマイクを忘れる(笑)ということがあって、ちょうど以前に何かから外して使っていなかったバーカスベリーjr.があるので、これなら配線は済んでいるし、ボディにエンドピンジャック用の穴を空けるだけだからこれを着けちゃおうということに。
コンタクトマイクを貼り付けるのに中をまさぐってみたらギタレレのトップのブレーシングはけっこう細かくファンブレーシングのようになっていて、貼り付けられる場所がかなり狭く、限られていたのには驚いた。と同時に彼女が持って来るはずだったコンタクトマイクはもっと大きいものだったはずなので、小さなバーカスベリーjr.でむしろよかったなと、まさに怪我の功名。
以前にMAHALOのコンサートに着けたときは似たようなブレーシングながらもっと余裕があったし、ソプラノなんかに至ってはほとんどブラーシングらしいブレーシングなどないようなウクレレも多いが(僕はギタレレは小さなギターではなく、6弦のテナーウクレレだと思っているが)こういうところはギタレレはむしろクラシックギターに近い感じなのかなと、なんとなくギタレレというものに対する印象が少し変わった出来事でもあった。

彼女はこのギタレレをちょっとしたライブ旅なんかのときに持って出掛けたりしたいと言っている。
いつもの生ギターよりも狭い弦幅に慣れるのに時間がかかりそうだと言っていたが、彼女の柔かな歌声にもよく合っているし、荷物の中から小さなギタレレを出して、気軽な感じで彼女が歌いに来るライブなんてのもなんだかずいぶん楽しそうだな、、と。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1001.html

そしてまたサムピックを考える (2017/08/10/18:40)
そもそもはここ何年もの話しなんだけど、親指の付け根あたりが腱鞘炎みたいになってて、ちょうど小さなものをつまむような感じのときに力が入りにくくて、まー、もう慣れちゃってんで、普段そんなに不便でもないんだけど、ちょっと力が入って弾いたときなんかにピックを持ってらんないっていうか、持ち続けるのがシンドいときがあったりして、こりゃなんとかなんないかな、、みたいな試行錯誤。
2017081018264453d.jpg20170810182713de0.jpg20170810182731e7f.jpg20170810182759d0e.jpg20170810182818c26.jpg
んー、もしかすると多少長さは調節するにしても弦に深く入ると枠が引っ掛かることがあるんで、フラットピックよりも少し長くしといた方がいいのかな?とか。
で、あー、位置とか角度とかは慣れればわかんなくなっちゃうだろうけど、どうしても気になっちゃうのはピックの素材感だなぁ、、と。
僕はもう長いことダンロップのナイロン製の1mm厚のフラットピックを使ってる(写真のものは違うものだけど)んだけど、プラスチックだのULTEXだのアイボロイドだの(写真のはULTEX)いろいろ試してみるけど、あれに近い感じはないなぁ、、あ、中国製のセルロイド製がわりといい雰囲気だけど、あまりにも製品にバラつきがあって厳しいなと。
昔あったドブロの透明なやつが近かった感じがするんだけど、今はないみたいたし、そもそもあまりにも昔の記憶なんで定かでもないし。

で、あーまー、どうしてもピックじゃなくてもいいじゃん。爪でいいじゃないの爪で。と、いつものように(笑)

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-998.html

サムピック (2016/05/05/17:44)

ヒマなんでなんとなくサムピックを削って調整してみる。
あー、いや、普段はピック持ってカチャガチャやっちゃうし、たまに指で弾いても自前の爪がわりと丈夫(年に一二度バキっとやっちゃうけど)なのと昔からなんとなく使いつけないのとで、まったく使わないんだけど。
てかね、このごろじゃYouTubeやらで大昔の映像やらなんやらお手軽に観れるけど、なんだかこれってかなり大昔からみんな使ってるじゃない?
(いや、関係ないけど、かなり昔から使ってるように思うけど、いったい何年代あたりからあるもんなのかな?とか)
まー、たしかに音量とか単音を弾いたときのメリハリとかね、あるいは途中でガシャガシャっとやったりしたときのバランスとかね。そういうこと考えるといいのかもしんないけど。
そう、ドクワトソンみたいにベースをミュートしたりね。あれやるときはこれなしではまず無理って感じだしね。
で、ときどきなんとなく試してみるんだけど、なんせもう40何年もなしで来てるもんで、なんとなく納得いかなかったりね。
そもそももうひとつ別の持ち物(ったって小さなもんだけど)が増えるってのもあれだし、こうやって好みの感じに調整しても悲しいかなこれって激しく消耗品なわけで、削れたり割れたりね。その都度やり直すってのも、、なんて、恐ろしく無精なこと思っちゃたり。
いや、日頃からなんとなくピック持たずに弾くってのに憧れみたいなもんがあったりして(笑)って、別にカチっとしたアルペジオだのフィンガーピッキングだのがしたいってわけでもなく、ほら、向こうの昔の人なんかにけっこう多いんだけど、たとえばレスターフラットみたいなね。
なんていうか親指でベース弾いてるような、コードも弾いちゃってるような、人差し指はたまに高音摘まんでいるような、あるいはジャーンとコード鳴らしちゃってるような、、みたいな。
そういう弾くでもなく弾かぬでもなく(いや、ちゃんと弾いてるけどさ)みたいな弾き方ね。
あーいうのって、どーなってんだろーなーと。長年の疑問(って、そんなたいそうなもんでもないんだけど)なわけで。
とくにひとりで弾き語りみたいにするときなんかあーいう感じができたらいーなーと。
で、例によってあれこれグルグルしちゃって、サムピック削ったりしちゃうわけだけど(笑)
もうちょっと短くして指に近づきたいとか、指が当たる感じに近づくように尖らせないで丸くした方がいいだろうとか、いや、そもそも真横じゃなくてもう少し前の方が弦に当たりたいんだよなとか。あれこれ、グルグル。
で、まー、結局のところの結論としては指でいーやってか、爪でいーじゃん、割れなきゃいいんたからさとか(笑)
いやはや、まったく困ったもんだわね。というお話し。

rmkalimba on Twitter
facebook
/ トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-948.html

スゲーのを頼むよ (2010/11/09/02:06)
ここのところ行ってないけど、週末に井の頭公園に行くといつもの場所にブルームダスターカン氏がいて、相変わらずの元気ってか迫力でギターをかき鳴らして歌ってるわけで。
彼の歌はね「僕たち歌うのが大好きです。みんな聴いて下さい」的な生っ白いもんじゃなく「さあ、どーだ!振り向け!金払え!」ってな迫力がビリビリ来るわけでね。いや、まさにこれがストリートパフォーマンスだなと。

井の頭公園はもちろんのことあちこちのイベントなんかでもいろんなパフォーマーを観るけど、あー、面白いなって思うのはほんの一握りなんだな。なんていうかさ、いわゆる大道芸人じゃないんだな。てかさ、人が集まらないとやんないみたいな感じのが多くてさ、およそストリートパフォーマーじゃないようなのばっかりで。
だってさ「これからやりますよー」みたいなこと言って、人が集まって来るのを待ったりして、なんとなく集まりが悪いと「じゃー、また後でやります」(苦笑)なんてこと言っちゃうのがけっこう多いわけで。
それって大道芸人じゃないじゃん?大道芸人なら集まってようがなかろうが自分の芸で人を立ち止まらせて、そして集めちゃうようじゃなきゃでしょ?そーいうもんでしょ。いや、そうじゃなきゃ大道芸じゃないわけで。
人が集まって、自分の方を向いてないとできない大道芸人なんてどーなわけよ?とね。
道じゃないけど、昔昨今のいわゆるライブハウスなんてんじゃなくて、パブってクラブってか、ステージもある飲み屋みたいなとこで歌ってたころはやっぱ客がいるとかこっち向いて聴く姿勢になってるとかそんなこととは関係なく歌ってたけどな。
それで聴いてくれなきゃダメだし、あんまりダメならもう来なくていいってことになったしね。
だからそーいう部分ではある意味必死だったけどな。だって失業しちゃうからさ(笑)
まー、それは歌が上手いとかなんとかいうとことはまた別のとこでね。とにかく聴かせるっていうか振り向かせるみたいなね。たとえ飲みながら話しをしながらでも。
いや、自分がどうだったかとかそんなことはどーでもいいことなんだけど、そーいうとこで昨今はストリートなんちゃらなんて言ってけっこう多いけど、面白くない感じが多いなあと。

ブルームダスターカン氏は古い知人でもあるけれど、いつも井の頭公園で見かけても別に僕は近くに行って話しかけたりとかそういったことはしない。
だってお互いにお仕事中だし、少し離れたところから彼の歌声を聴いているのが僕は好きだから。
あー、カンちゃん、今日もゴキゲンだぜ!みたいな。

で、明日(てか、今日。あ、もしかすると金曜日も)は東京タワーに11:00ころから17:00あるいは19:00くらいまで。そして週末は八王子で行商。

11/13(土)八王子手仕事アートマーケット(八王子富士森公園内浅間神社境内)10:00~16:00(雨天中止)

/ トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-770.html

旅する歌 (2008/07/19/23:56)

旅という生活、生活という旅/やなぎ
一昨日の晩はMoonStompるーずぱんてぃながしまりいち氏あまみのユキへいくんらと奏での森くらふとのプレライブ、そして昨夜は稲生座やなぎとともに。
そして今日は昨夜そのやなぎにもらった彼のアルバムを聴いてボンヤリ過ごす。
旅する歌である。なんだか切ない歌である。
もうずいぶん昔、僕とやなぎは彼がギターを弾いて、僕が歌って、一緒のステージに立っていて、そして別々の時間が流れて、今は同じ旅でも僕と彼の旅はずいぶん違う(あるいはあのころからそうだったのかも知れないが)旅になったようだ。
きっと僕の旅は街から街への旅で、彼の旅は道から道への旅なんだろう。
それがどれほど違うのか違わないのか、上手く言葉にならないけれど。
そんなことを想いながらボンヤリと。

そしてそろそろ梅雨も明けたんだろうか?明日明後日は新宿で。

7/20(日)新宿中央公園(9:00~15:00)
7/21(祝)三井ビル55広場(9:00~15:30)

/ トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-594.html

me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.