me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
月別ログ_2004年08月分
スポンサーサイト (--/--/--/--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/?overture" target="_new

オリンピック (2004/08/30/22:30)
オリンピック終わったね。今回は日本選手がかなりメダルを取ったので、日本的にはかなり盛り上がったのかな。
でもなんでこうも「メダル、メダル」って騒ぐのかね?オリンピックって「参加することに意義」があったんじゃないのかね?(苦笑)
僕はテコンドーの岡本依子選手にいろんな意味で興味があったし、応援してたんだけど、残念ながら予選で負けてしまったな。
それからかつてのメダリスト三宅義行氏の娘である重量挙げの三宅宏実選手とか銀メダルに終わった浜口京子選手とか..なんだか僕は天の邪鬼なのか予選で負けたり金を取り損なったりした選手の方が素敵に見えたな。皆は先に帰ったけど「主将だから」と閉会式まで残った柔道の井上康生選手とかね。
それからやっぱり一番印象的だったのは、アーチェリーの山本博選手。20年ぶりにまたメダルを取るということのすごさと、彼のそれを感じさせない明るさにほんとに胸のすく思いがした。
みんながみんな「日の丸、日の丸」って言ってる中で「息子のヒーローになりたい」だもんな。ああいうのすごいいいなぁ..って思っちゃうんだな。
昨夜(っていうか今朝方)閉会式を観ながら思ったんだけど、オリンピックってなんとなく他の大会と違う感慨みたいなものがあるなぁ..なんて。
はっきり言って(例えば陸上とか)記録的には他の大会の方が(全部じゃないが)高い記録出るわけだし、今はかなりそういう大会多いから、ある意味そういう大会のうちのひとつ..という見方もあるわけじゃない?
でもそういうのと違って「国」から出てくるからなのかな?やっぱり選手もオリンピックは記録じゃなくて、そのときの一番を目指すというか、かなり特別な大会みたいな取り組み方するものね。
でもまぁ、いろいろあるけど、僕はやっぱりオリンピック(だけじゃないが)は選手のためにあると思うのよ。日本中盛り上がって、まるでみんな自分がやってるみたいな(もちろんその選手をささえて来た人たちにはそうかもだけど)盛り上がりしちゃうわけで、まるで自分たちが勝ったみたいに言う愚か者もいるわけだけど、やっぱりそうじゃなくて、それは彼らのつかんだものだし、彼らの上りつめた高みなわけよ。
僕はただのスポーツファンだからあそこでその高みにしかない戦いを観せてもらったことにただただ感謝したい。
そして結果はいろいろだったけど、良い結果を手に入れた選手には心からおめでとうを言いたい。
少し前に高校野球は終わっちゃったし、オリンピックも終わったし..あぁ..夏が終わっちゃうんだなぁ..なんて。そんなことを想いながら閉会式を観たのであった。
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-28.html

me&ROADMASTER(0009) (2004/08/22/01:00)
こんにちは。まだまだ暑い毎日だけど、ここのところ少しだけ涼しい感じになったかな?
涼しくなったらなったで「夏ももう終わりかな?」なんてちょっとだけ寂しくなっちゃったりと実に身勝手なこと思っちゃったりする毎日ですが、いかがお過ごしですか?
オリンピックに盛り上がって寝不足になったりしてないでしょうか?

8/23(月)MyBackPages/代々木03-5358-3539 19:00start/¥1000+drink

西宮のライブハウスRJ&BME'sのマスター率いるバンド『JJウッキーズ』を迎えてのライブです。
MyBackPagesの常連バンド『東京バンド』とともに串カツbarとして生まれ変わったMyBackPageできっと楽しいライブになると思います。
月曜日ですが、お時間のある方は是非遊びに来て下さい。
MyBackPagesの串カツ美味いですよ(^-^)串カツでビールをきゅー!っと。ね(笑)
MyBackPages
RJ&BME's
東京バンド
The Yellow Song Star
カテゴリー:スケジュール / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-26.html

嘘みたいに画像が悪いぞ(爆) (2004/08/16/21:57)


これでもデジカメで撮ったのではある(爆)とてもデジタルとは思えない画像ではある(わが家のデジカメさんはむちゃくちゃ前時代的なシロモノ&わが家の照明がかなり暗いせいもあり..)
右が最近ずっとメイン(ていうほどギタリストでもないのだが)で使っているGibson LG0で、左が最近Yahoo!オークションでなんとなく買ったYAMAHA FG140である。
FG140はまぁ最近(でもないが)ヘンテコなブームになってるいわゆる「赤ラベル」で、初期のFG180あたりの廉価版として'69くらいから'72くらいまで生産されたモデルである。
LG0も'67か'68くらいのモデルなので、だいたい同じころのものではある。
LG0がオールマホガニーなのに対してFG140はスプルーストップでサイド/バックはさすがに(?)廉価版だけあってラワンである(まぁ、今でこそポピュラーではないが、昔のギターではこのラワンという材質はけっこう使われていたりするが)もちろんバリバリ合板である。
で、音はというと、かなりウォームな音のLG0に対して(僕はこのマホガニーの音はけっこう好きである)かなり硬質というかジャリっとした音かな?前に使っていた(今はギターのはるきちのとこに居候してるというか人質になってるというか)サイド/バックがサペリのFG160の方がマホガニーの音に近い感じだな。
僕は(これ前にもHPで書いたけど)Martinとかより若干短いGibsonのスケールが好きで、初期のYAMAHAもそれと同じくらいで、このFG140もボディはLG0より大きいがスケールはほぼ同じである。
LG0は非常に気に入っているが、もう少し大きなボディ(この当時のYAMAHAはMartinとかのいわゆるドレッドノートボディより若干小さくて、このあたりも昔のラウンドショルダーのGibsonジャンボボディに似ている)のも欲しかったりして、なんとなく買ってみたけど、うーん、音的にはちょっと釈然としないかも(笑)
でも合板であることもあって、ピックアップを付けたらむしろ使い勝手はいいかも?なんて思ったりするが。
まだ昨日届いたばかりでネック(反りはあんまりないが元起きがあるね、やっぱり)とかサドルの調整を簡単にした程度なんで、なんとも言えないけど。
それにしてもこのFG140、こういう年式にしては驚くほどきれい(もちろんそれなりの傷はあるが)だったりして、フィンガーボードやフレットの状態なんかを見てもおそらくはほとんど弾かれていない感じである。
こういうのってアメリカから買う中古にはほとんどないんだな。向こうのはだいたい(良くも悪くも)かなり使いこまれていたりするんだけどね。
で、日本の中古市場ではこういうのがけっこう「良い状態」ってことになるんだけど、楽器的には「?」なんだけどね。
でもまあ、けっこう安かった(っていうか今の中古市場っていうか店で買うよりは)んで、まぁよしとするってか..こういうのがけっこう高くついたりしちゃうんだよな(爆)
The Yellow Song Star
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-25.html

..で、困ってるんである。 (2004/08/13/00:53)
そうなんである。この秋(ていうか9月に)タイコの服部氏がタイに行ってしまうのである。
これはROADMASTERにとってはもうかなりの痛手..というよりは致命的な事態なのではある。
思えば服部氏と出会ったのは..もうほとんど覚えてないのだが(笑)やっぱり稲生座だったのかな?
ずいぶん以前に稲生座に彼が参加していた『クレンショークラブバンド』というR&RというかR&Bというか..そういう感じの音楽をやるかなりゴキゲンなバンドが出ていて、そのバンドを僕はかなり好きで、たびたび観に行ったりしてたのはたしかなんである。
..が、しかし..なんで彼を迎えてやりはじめたのかはさっぱり覚えていないんである。
まぁ、僕のことだからいつものようにかなりナシクズシに「お願い」とか言ってやってもらったのがはじまりなんだとは思うけど(笑)
タイコというのは(べつにタイコに限らずだがとくに)なかなかシックリと来る人が見つからないんだが、彼は年がほとんど同じだったりしたのもあって(やって来たことはかなり違うのに)なんとなくシックリ来ちゃう感じ(一方的にこっちからだけかもだけど)がする人で、タイコとしても本人はかなり謙遜(?)するが、ドッスンドッスン叩くばっかり(とくにロックっぽい人たちね)の人が多い中で、そっと叩いて(けして音が小さいわけではない)シャープな音を出せるけっこう稀な人ではある。
しかもなんていうかかなりフトコロが広いところがあって、僕のようなかなりルーズなやり方にもなんとなく普通に合わせてくれちゃったりして非常に頼りになる人なんである(なんとなく誉め過ぎているような気もするが..)
鼻っ柱が強いだけで、ほとんど弾けないのと同じだったベースのちさとも彼とやることによって今は非常にいいベーシスト(これも誉め過ぎているような気がするが(笑))になったのもきっと服部氏とやったからだと思う。
..で、そんな感じでナシクズシにはじまったもんで、いったい何年くらい一緒にやってたのかよくわからないが..もう今月あと2回で彼とやるライブも終わり(もちろん将来的にまたやれるかもしれないが)かと思うとちょっと寂しい感じである。
それとともに今後のROADMASTERをどうすればいいのか..なんて考えちゃったりもして..。
ちさとに「好きなっていうか一緒にやりたいタイコ連れて来ていいぞ」って言ったらわがままな彼女は『服部さんじゃなきゃだめ』なんて超わがままなことをおっしゃるし(爆)
いやぁ..こう見えて(ってどう見えてるかわからんが)かなり困っているんではある。
しかも彼の奥さんが美人なんである。もちろん彼女もいっしょにタイに行ってしまうわけで(なんか半年くらい後から行くって話しもあるが..)それもかなり残念なのではある(爆)
稲生座
The Yellow Song Star
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-24.html

me&ROADMASTER(0008) (2004/08/11/23:00)
こんにちは。いやぁ、暑いですね。蒸し暑い(汗)
暑いのはかなり好きな方だけど、今年はまたいちだんとこたえますね。
昔はこんなに暑くなかったとかいうのもあるだろうけど、やっぱ若くなくなって来たのかな..なんて(爆)
ビールは暑ければ暑いほど美味いってことを再認識している毎日だったりしますが(笑)みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

今週土曜日8/14は稲生座です。タイに行ってしまうタイコの服部社長といっしょにできるのももう後二回くらいかな?
ROAD MASTER,JOY,そして服部社長ひきいる東京ブギウギズもひさしぶり。そしてそして名古屋からシックなアコースティックデュオ『マカロニクラブ』もやって来ます。
いつもより多い出演なので若干早い19:00(前回のお知らせでは20:00になっていましたが19:00の誤りです)からのスタートです。
お時間のある方は、どうぞ遊びに来て下さい。バキっ!と飲みましょう。

8/14(土)稲生座/高円寺03-3336-4480 19:00start¥1500+drink

稲生座
マカロニクラブ
The Yellow Song Star
カテゴリー:スケジュール / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-23.html

MyBackPagesとライブハウスというものと.. (2004/08/09/00:10)
先週の金曜日(8/6)名古屋のメロディオンプレイヤーかおり姫の参加している「みずたま」を観に渋谷の公園通りクラシックス(ここって昔のジャンジャンなんだね?てかジャンジャンてもう知ってる若い人ってあんまりいないんだろうな)へ。
彼女らの演奏と他の出演バンドの演奏、そしてその状況(彼女らの演奏は楽しかったな。ちょっと音響的に「?」な感じはしたけど)をいろいろ考えてビールなんか飲んでいるところへながしまりいち氏からメール。なんでもMyBacPagesで大塚まさじ氏のライブがあるんだが、なんとなくお客さんの足が遅いので、もし時間があったら来てくれない?ってな感じ。
..で「みずたま」の演奏は楽しかったが、なんとなくライブ的状況に消化不良だったのも手伝って、渋谷のライブ終了後そのまま代々木へ。もう9:30くらい(?)だったけど大塚まさじ氏のライブはまだやっていて、半分(1/3?)聴くことができた。
大塚まさじ氏といえば古くは「ディランセカンド」なんかでも有名な僕が10代のころの(今もだが)ビッグネームだし、僕もこういう場所で聴くのは20数年ぶりで、昔とはだいぶ雰囲気も違ってたけど、けっこう素敵なライブだった。
ここ代々木のMyBackPagesはいろいろと試行錯誤しながら70'sのロックと酒のあるライブハウスとして営業していたが、やはりいろいろと難しいとこもあったのか先月20日(だったかな?)から『串カツbar』としてリニューアル(店主の愛する古き良きロックとボブデュランはそのままに)した店である。
で、何が言いたいのかというと今どきミュージシャンを呼んでライブをして、お客さんの心配までして、ちょっと客足が遅いと見るとスタッフ一同あちこちに声をかけて(もちろん当日だけでなく)少しでもたくさんのお客さんに来てもらおうなんてしてくれるライブハウスが他にどれだけあるだろうか?ってこと。
今どきのライブハウス(僕はそんなのちっともライブハウスだなんて思ってないけど)なんて単にハコとして貸してる極小のホールにすぎないもんな。
だいたい(これはいろいろと見解があるんだろうが)barがないってか酒が飲めない(あるいはあっても飲まない..何もガブガブ飲めとは言わないし、ソフトドリンクでもいいのだが)店のどこがライブハウスだっていうんだろう?ってな感じだし、チケット買ったお客さんがお目当てのバンドが終わると入れ代わっちゃうようなライブ(?)のどこに意味(もちろん「観たい」と思って来たお客さんには意味があるが、それ以外の部分でやる側としてね)があるんだろう?
少なくとも僕が知っていて、昔から歌いたいと思い、歌わせてもらっているライブハウスは、まず酒場であって、そこにいるお客さん(もちろんそのために来てくれたお客さんも含めて)の前で歌うところだった。
そして店は出す以上そのバンドなりミュージシャンにある責任を持っていて、自分たちがやらせようとするバンドを宣伝したし、逆に単にお客さんがたくさん来る(今で言えば「チケットをたくさん売る」..これはたくさん来ることとイコールではないのだが)バンドだから出すわけでなく、そこには店のカラーやらポリシーやらなんやかや..といったものもあって、だからこそオーディション(とかそれに準じたもの)があったのだ。
..が、しかし..そういった形態での営業がいろんな状況の中でできにくくなったんだね。それはミュージシャンの方の問題もあるし、社会的(?)な状況の変化なんかもあってね。
(どうでもいいことだが今や若いバンドのほとんどが「ライブはお金を払って(チケットを買取って)やるもの」みたいに思ってるみたいだしね。これってようするに金払えばどんなバンドでもライブできるってことでもあるんだね。どうなってんだか?って感じだけど)
それでもまだこのMyBackPagesのような店ががんばっているってことがなんだかとても嬉しいっていうかなんていうか..そんなことを考えながら家路についた夜だった。
MyBackPagesは今月いっぱい(毎日じゃないが)ライブをやって(その中にはながしま氏のライブや僕のライブもある)この秋からライブをやるということを少し考え直すらしい。
こういう店がライブをやらなくなってしまうのはとても残念(やらなくなってしまうというのでないようだが)だし、できることならがんばってほしいと思うし、僕もその中で何か手伝う(というほどたいしたことができるわけでもないのだが)ことができたら..なんて思うのではあるが..。
MyBackPages
ながしまりいち
The Yellow Song Star
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-22.html

出会い系サイトのこと4 (2004/08/02/23:32)
..で、よく思うのだが今出会い系サイトを使っている人のほとんどが携帯から利用していて(PCから使っている人はどうなんだかわからないけど、おそらくほとんど同じ)この人たちというのは(前に書いたメールの件なんかと同じで)こういうインターネットなどを使うのがこの携帯を通じてがはじめてというか以前からあったパソコン通信とかそういうものをまったく経験してなかった人たち(それは若いとかそういうことは関係なく)なんだなということ。
だからこういうもののシステムをまったく理解していないのね。例えば今の出会い系サイトって考えてみれば以前のパソコン通信の縮小版みたいなもんでしょ?サイトにログインして、その中にある掲示板とかメールボックスとかを利用しているわけだからね(パソコン通信の場合はこの掲示板とかがもっとたくさんあって細かく別れてたんだけど)
..で、全部がそのサイトのサーバーを通して行われているということは、全部が(そのシステムによってどのくらいかは差があるが)記録されて、しかも監視されているってことなのよ。
..ということはね、例えば無料ポイントだけでなんとかしようとして、ポイントがなくなるとあらたに登録(メアドを変えたりするとできるんだね)したりしてもそういうのすぐわかっちゃうし、わかんないようにやったつもりでもアクセスログとかあるから誰がいつアクセスしてるかなんて監視してたらすぐわかっちゃうわけ。
もっと言えば、不用意に直アドとか(これは登録するときに必要だからわかっていると言えばわかっているんだが)バラまいてる人いるんだけど、これもけっこう危険なのね。
だって、いくらセキュリティに気を使ってるって言ったって、こういうものってどこから見られてるかわかんないわけでしょ?(もちろんインターネット上のbbsなんかもそうなんだが)
そういうことぜんぜんわかんないでやってるんだね。中には住所とか果ては口座番号まで書いて送っちゃってる人がいるんだけどさ(爆)ほんと、あんたそれわかってやってんの?って思っちゃう。
いやね、webなんかでも公開してるとそういうのいろいろあるけど、そういうことぜんぜんわかんないでやってるのとそうでないのとはだいぶ違うでしょ?ほんとなんにもわかんないでバカなことやってる人が多い..てかほとんどなんだね。
インターネットって普及したようで、まだまだみんなわかってないってか、わかろうとしてないんだね。
そういうことわかんないでも「よし」とするってのは日本人の悪い癖だと思うのではあるのよね。いや、まったく。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-21.html

シュールサウンドスタジオ (2004/08/01/22:47)
知人の歌い手、ながしまりいち氏がひょんなことから(じゃないのかもだけど)幡ヶ谷のスタジオの代表になったらしい。
以前に彼がCDを作ったときに録音に使ったスタジオ(らしい)で、幡ヶ谷の駅のそばのレコーディング&リハーサルスタジオだということである。
当然ながら以前からつきあいがあったのだろうけど、美味しい話しであると同時にけっこうたいへんそうな話しでもある。
僕みたいにけっこう無責任ていうかなんとなく責任のある仕事がかなり苦手な人間だったら考えたあげく断っちゃいそうな話しでもある。
でもまぁ、人事ながらいい話しだし、微力(僕の場合「微力」なんてもんじゃないのだが)ながら応援しちゃいたい気持ちである。
僕の周りの人は非常によく知ってることだが、僕とかってスタジオとかリハとかにほとんど(てかぜんぜん)縁のない人なんだが(爆)そんな僕でも「じゃあ、ひさしぶりっていうかとりあえず話しのタネにでもリハに使ってみちゃおっかな?」なんて思っちゃったりもして。
とにかくお近くの方で、そういうものに用事のある方は一度お試しになって下さいませ。
シュールサウンドスタジオ
ながしまりいち
The Yellow Song Star
カテゴリー:my dear / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-20.html

me&ROADMASTER
© kinta 2004. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。