me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
月別ログ_2005年05月分
過ぎ去りし遠い昔.. (2005/05/30/22:03)


非常に古い写真である。’74か’75くらいだろうか?
この写真の当時まだ僕は16であったはずだ。
この当時とある音楽サークルに少しだけ参加していて、これはきっとそのサークルで行ったキャンプのときのものである。
となりにいる女の子は当時僕のことを弟のようにかわいがってくれて、僕も姉さん(あるいは姉ちゃんだったかな?)とか呼んでいた女性である。
つい最近、彼女がネットで僕を見つけてくれて、メールをくれて「昔の写真を見つけたので」ということで、今日彼女のいる平塚へ行って、食事なんかして、頂いて来たものである。
この写真で僕が着ているTシャツは彼女が着ているのを見て「それいいな」なんて言ってもらってしまったものである。
そのサークルには僕はほんの短い間しかいなかったし、なぜか僕はあのころのことをあんまりたくさんは覚えていないのだが、このTシャツと彼女のことはよく覚えていた。
きっと16でまだ何にもしてないくせにヘリクツばっかり達者で、鼻息ばかり荒いクソガキであった僕をずいぶんかわいがってくれたように思う。
今はふたりの子供のお母さんだそうだが、今も昔と変らずいろんなことをして元気そうで、本人は自分のことを「オバちゃん」なんて言うが、僕にはあのころと少しも変らないように見えた。
そば屋でビールとそばをご馳走になって「わざわざ来てくれたから」と他にお土産までもらって..まるであのころのままで、僕は姉さんの弟である。
あれから長いこと時間が過ぎて、どこへ行ってもいちばん若かった自分が、今はどこへ行っても自分よりずっと若い人たちの前で歌うようになったが、今日の昼間のほんの短い時間だけ、あのころにもどったような..そんな時間であった。

16と19の少年と少女のまるで青春の一コマのような写真である。
このとき僕は姉さんに何を歌っていたんだろうか?
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:my dear / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-99.html

昭和の名大関逝く (2005/05/30/21:26)
貴ノ花..二子山親方というよりは僕にとっては子供のころ観てそして応援した、小さな身体で大きな力士と戦い、まるで足の裏に目がついているように土俵際をつたい歩いて鮮やかに逆転勝ちする名大関「貴ノ花」である。
力士らしくない引き締まった身体つきの貴ノ花はかっこよくて、どこか悲愴感のようなものが漂ってもいて..。
若乃花と貴乃花の兄弟横綱を育てたこともすごいが、やっぱり僕にとっては昭和の名大関「貴ノ花」である。
まだ55才だったんだね。僕と10も違わない年だったんだね。
ただただ非常に残念である。
謹んでご冥福をお祈りしたい。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-98.html

デブである(苦笑) (2005/05/24/00:49)
言い訳(?)するわけではないが、もともとそんなに痩せているタイプではなかったし(子供のころはアレルギー体質..川崎病ってヤツで、小児喘息だったりもして、けっこう痩せてたが)ずっと卓球だのなんだのやってて、ウェイトトレーニングなんかしてたころもビシビシになるようなタイプではなくて、うっすらと脂肪が付くタイプではあったのである。
で、そんなけっこう体育会系(?)な暮らしじゃなくなってからというもの実に着実に(笑)脂肪が付いて来て今日に至っているんである。
20数年前のあのころに比べたら実に20kgは重くなっていたりする(汗)こりゃ身体が重いわけである。
それでももっと若いうち(なんて書くとすごく年とった感じがするが)は代謝も良かったようで、それほどのスピードで増えてはいなかったが、ここ数年は..もうかなりヤバい感じである。
まー、普段からそんなに身体を動かす生活をしてないもんだから..いや、もうこれって仕方がないというか当然の結果というか..。
そんなこんなで(それほど深刻に考えたわけでもないが)バイク便をやらなくなって、バイクもそんなに乗らなくなったのを機会にまずなんとなく歩くことにして、その延長で自転車に乗ろうかな?なんて思ったわけである。
しかし..もともとバイクなんかにノベツ乗ってて、自転車って僕にとってはそんなに遠くに行くための乗り物じゃなかったし、昼間通ってる事務所が歩いても10分程度の場所にあるしで、自転車に乗っちゃうとただ「楽になった」だけだったりして(笑)これまたぜんぜん(?)効果がない感じではあったのだ。
..が、今月末にその事務所が(前に書いた通り)今より少しだけ(距離にして5割増しくらい)遠くになって、おまけにかなりシンドイ坂の下になるってことで、距離も伸びるし身体にかかる負荷も大幅に増すってことで、今度はけっこういいかも?なんて少しだけ思ってたりもして。
こういうところがかなり他力本願というかなんというか..けして自分でその状況を作って飛び込むというタイプではないのだが(笑)
しかし..どうなんでしょ?よく「自転車でダイエット」なんて言うけど、やっぱり10kmとか20kmとかわりとシャキっと1時間近くとか乗んないとアレでしょ?って気もする。
だって、これでも昔けっこう身体を動かしてたからそういうことには疎いわけじゃないし、なんとなくわかっちゃうところもあったりもして..。
まー、アレですな。単純に運動不足がほんのちょっとだけ解消される程度で、ダイエット的効果とかあんまりないだろうなぁ..(汗)
ま、デブはデブのまま..でもいいんではありますけどね(苦笑)
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-97.html

試行錯誤である2 (2005/05/21/17:05)


で、ハンドルである。
今付いているのはいわゆる(?)プロムナードバーというヤツで、ほんの少しアップしながらコの字型に後ろにプルバックしてて、昔の実用車に付いていたような形。
で、この形自体は嫌いじゃないんだけど、もう少し遠い方がいいな..なんて思って、できれば昔よくあった(?)ような一回前にベンドしてから後ろに下がっていて、ほとんどフラットな感じのヤツがいいなって思ってるんだけど..あちこち見て回ってるんだけど(2~3の車種に近いものが付いていたが、今ひとつだったり、パーツ単体として供給してなかったり..)なかなか見つからないわけで。
そんなこんなしてるうちに昼間通ってる東中野の某事務所が、近くだけど(今度は住所が北新宿になるんだけど)引っ越すことになって、そこがけっこうな坂の下で、帰りはかなりマジに登坂して来なきゃなんないなんてことになったりして(汗)
それで坂を登るんならやっぱフラットなハンドルかな?なんて単純に思いついて、いわゆるオールランダーバー(まー、よく普通にそこらの軽快車なんかについてるアレですな)をちょっと試しに付けてみたんではある。
..が、アレって、そのへんでいつも見るスタッガードフレームの26インチなんかに付いてるのを見るとけっこういいバランスに見えるし、よく言われる(?)ように押さえも効いて乗りやすそうかな?って思ってたんだが..。
うーん、自分のに付けてみたらこれがけっこうかっこ悪いんですな(汗)
うちのボロチャリはフレームがわりとクルーザー風で、少し長いのかな?そんでもってラインとしてけっこう後ろ下がりなんで(ステムを前屈みなものにしてるせいもあって)ハンドルが短くて、ほとんど絞りのないものにしたんで、見た目にバランスが悪い感じになっちゃってんですな。
よくあるスタッガードフレームの26インチは同じ後ろが下がっててもだいたいもう少し高い(実際うちのもノーマルはそうだった)ステムが付いてるし、ラインとしてはどっちかっていうと後ろが低いというよりも「前が上がって」いる感じだもんね。
こういうところはかなり微妙だけど、パっと見にはっきりとした印象になって現れるもんではある。
こんなことオートバイでも自転車でもロードスポーツな人はぜんぜん気にしないんだろうけど、元はといえばチョッパー的な発想がどっかにある僕としては全体のフォルムはかなり重要なんである。
だから前にも書いたようになんかを付けるのにその場しのぎ(?)な見えちゃいけないようなステーだのブラケットだのがゴテゴテ付いてたりするくらいならあったらよさそうなもんでも付けない方を取るし、まして全体の見た目が気に入らないなんて、もうまさにモッテノホカなのである。
おかげでチョッパー的改造をしてたころなんかは「かっこよくなればなるほど乗りにくく(あるいは不便に)なる」なんていうメビウスの環(爆)に常にはまり込んでいたわけである。
まー、それはそれとしても乗り味としてもなんとなくシックリ来なかったんだね。
今回付けたオールランダーバーは幅が約540mm(もともと付いてたプロムナードバーも幅としてはそのくらいである)なんだが、もうちょっと広い方がよかったのかな?よくそのへんにあるヤツはそんな気もする。
あ、でもこれも関係ないことだが(笑)よくそのへんで見るMTBなんかに付いてるフラットバーやライザーバーで具合は良さそうだけど、明らかに600mmを超えてそうな幅のが多いけど、アレってどうなの?
はっきり言って明らかな道交法違反じゃん?
いわゆる「公道走行不可」という名目で売ってるんだろうけど(?)そんなもん売ったら普通に付けるじゃんねぇ?
僕はチョッパーとかやってたくせにそういうことはかなり嫌いなんである。
その法律がいいか悪いかは別の次元の話しで、現状としてそれは違反する行為なんだからそれについては何言ってもダメなんである。
あんなの売ってる会社もひっくるめて全部とっ捕まえちゃえばいいんじゃないかと思う。
はっきり言ってナメてるわけだからね。そんくらいやんなきゃわかんないわけよ。これは間違いない。
..なんて、話がどんどこ逸れちゃうけど(笑)そんなわけで、今回は付けてみてそこらへんを1~2周しただけで、あえなく却下(笑)ということで、元のまんまに。
まー、アレです。このハンドルのライン自体はなんとなく気に入ってるわけなんで、いいっちゃあいいわけなんではありますけどね。
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-96.html

me&ROADMASTER(0025) (2005/05/21/10:55)
こんにちは。おひさしぶり(でもないか?)です。
なんとなく涼しい毎日だったけど、ここのところ持ち直したかな?
あ、でももうすぐ梅雨ですね(>o<;みなさん体調など崩していませんか?

5/26(木)稲生座/高円寺03-3387-4880 20:00start¥1500+drink

今回は辻氏率いるT-Gangとの競演です。ステージ上の平均年齢高いです(笑)
お時間のある方は、どうぞ盛大にからかいに来て下さい。
稲生座
The Yellow Song Star
カテゴリー:スケジュール / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-95.html

試行錯誤である (2005/05/21/00:40)


ペダルである。なんとなく昔っぽいゴムのついたヤツ(昔の実用車についてたような)にしたいな..とか、あ、でもあれって重くなりそう (重さを云々するような自転車でもないが)だな..とか、いろいろ考えてるうちに、ぜんぜん関係ないところで(笑)BMXに付いてるような平たくて広い、いわゆるプラットホームペダルがいいかな?なんて思ったりしたんである。
で、Yahoo!オークションで安く手に入れたWellgoのヤツを付けてみたんだが..。
FUSE1に付いてるヤツはピン(ていうの?周りに飛び出してる小さなデコボコ)が一体になってるんだけど、これは埋め込み(っていうか裏からネジ込んである)式で、FUSE1のヤツより角が立ってるんで、グリップはいいんだけど靴底(っていうか春から秋にかけて僕はほとんどサンダル..それもゴム草履みたいなチャチなヤツなわけで..これがいいわけではもちろんないが..)に食い込む..というよりは「刺さる」のである(汗)
今日付けてみて、さっそく試しに阿佐ヶ谷までブラブラ走ってみたんだけど、確かに普通のペダル(いわゆるママチャリとかに付いてるごく普通の樹脂製のヤツ)より広くて踏みやすいし、もうグリップはバッチリではあるのだが、ドンキで買ったインチキくさいチャチなスポーツサンダル(笑)の底にグサ!っと刺さってペダルの上で足をズラすこともできないくらいなのである。
帰りになんとなくサンダルの底を見てみたら、完全に刺さって開いた穴がボコボコあった(汗)
あー..僕はどんなにがんばってもジョギングシューズみたいなもんしかはかないから、これじゃ全滅だなぁ..と。
関係ないけど、僕は以前オフロードバイクに乗ってたときもあの小さいけどギザギザになってるステップで靴底を傷めるんで、ステップをオンロードタイプの丸いものかラバーのものに替えちゃおうかな?なんて真剣に考えていたくらいの人なんである。
で、いやー..これは具合はいいけど、無理だなぁ..って思って、夕方に帰るなり元に戻したりして(笑)
まぁ、踏む面の広さとか形状とかは好きなんで(このネジ込んであるピンを外しちゃおうかと思ったんだけど、外せない部分があったもんで)ピンの角の丸いものか、あるいは(たしかGTあたりが出してたような気がする)樹脂製で今の普通のが形だけプラットホームっぽくなってるヤツなら使ってみたい気もするけど。
いやぁ..ずっとオートバイをあれこれいじってたときもそうだったけど、こういうことって「やってみなきゃわからない」ってのが難しい(というかとくに必要にせまられてやってるわけじゃないから(笑)やらなきゃいいわけだが)とこではあるよね。
そんなわけで、試行錯誤の毎日なんではある。
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-94.html

血液型ダイエット? (2005/05/18/15:20)
最近TVでやってたよね?なんか人間は血液型によって体質が違うんで、同じものを食べても太りやすかったり、そうじゃなかったり…なんだそうな。
で、僕は…B型(遊牧民タイプ)「遊牧民を祖先にもつB型は、乳製品をとることでで代謝が活発になる。鶏肉やそばはB型の体質にはあわない成分を含むので控えめに」…なんだそうな。
これって、ほんとかぁ?遊牧民?それって誰が見たって言うんだ?(笑)
まー、アメリカあたりじゃけっこうな成果(?)を出してて、評判になってるとかなってないとか…なんだけど、それって何をもってしてそういう結論に達したのか?ってのを説明ほしくはあるよね?どーせ「長年の研究の末」なんだろうけど(笑)
こういうのって世間は弱いからなぁ…もうすでにYahoo!だのGoogleだので「血液型ダイエット」で検索するとウジャウジャ出て来るね。
で、まー、多いのはそれにかこつけて、なんかサプリメントを売ろうってヤツだけど(笑)
まー、アレね。そんなことで痩せた人って見たことないんだけどね。でもそんなこと言われると気になっちゃったりじゃん?(笑)
乳製品とか卵とかね、僕は好きだから「ふむふむ」ってな感じだけど…そばぁ?そばがダメぇ?&鶏肉も?あー、それってどうよ?
体質に合わないって(あ、なんか祖先が食べてなかったものらしく、遺伝子的に消化したりとかそういうったことができにくい…なんて理由らしいが(苦笑))どうよ?
そばも鶏肉もいスコブル好きなんだけどなぁ(汗)
…ま、いいや。ダメでいいです。僕はデブで行きます。はい。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-93.html

おふびーと (2005/05/18/00:01)
哲学堂の近く、新青梅街道沿いにある喫茶店である。
○○定食みたいなメニューが豊富で、飲み物といっしょに頼んでもだいたい¥1000前後で、けっこうボリュームもあるし、昼に行くと日替わりランチが飲み物付きで¥850とけっこうリーズナブルである。
(たしかモーニングセットみたいのもやってるけど、家からちょっと離れてるってのもあって、利用したことがない)
で、ここはけっこう料理が美味い。ダンナさん(ご夫婦でやっているようだ)が料理するんだが、これがかなりの腕である。
かなりの腕といっても別に何か特別なものを作るわけでもないし、すごくすばらしいわけでもなくて、まぁ、普通の家庭で作るような感じのものばかりではある。が、なんとなくちゃんとしてるんだね。
関係ないけど、マンガの単行本なんかもたくさんあって、 これまた関係ないが、もちろんビールもある(笑)
僕が思うところの(勝手な話しではあるが)昔ながらの正しい喫茶店である。
最近って、こういうちょっと(じゃなくても)食事もできる喫茶店ておどろくほど少なくなっちゃったね。昔はこういうところけっこうあったんだけど。
昔20代の中ごろ(今よりもっと)やたらとヒマにしてたころ、僕はよくこんな感じの喫茶店でボンヤリと一日を過ごしていた。
今でも晴れた日の午後、ちょっとだけ薄暗い店内の窓から入って来る陽の光りを眺めたりしながらボンヤリと過ごすのが好きである。
あのころに比べると(別に今が忙しくなったとは思えないが) なんとなく落ちつかなくて、あのころみたいに長居したりできなくなっちゃったけど。
なくなってほしくない種類の店である。
The Yellow Song Star
カテゴリー:喫茶店 / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-92.html

ダイナモの味方です (2005/05/11/23:48)
前にも書いたけど僕はずっと昔の子供のころに少し乗って以来つい最近までオートバイにばかり乗っていたもんで、いろんなことがあのころのままの感覚で、自転車のライトといえばもちろんダイナモで発電するヤツって感じだったんである。
しかもライトはステムの付根とかフェンダーの上とかキャリアに付いてて、ダイナモは別体になってて細いシールドが繋がっていて..って感じのが普通で、ダイナモとライトが一体になっててフロントフォークの右あるいは左に付いてるライトでさえ僕には思いきり最近(そんなわけないと思うが)のものって感じだったんである。
ところが..である。あちこちのwebや雑誌なんかの記事や広告を見ると「ダイナモ式は漕ぎが重くなる」とか「音がうるさい」みたいなことがさんざん書いてあって(もちろんダイナモを使わないときよりは明らかに抵抗は増すし、音も当然するわけだが)最近じゃずいぶん嫌われてるみたいなんだな。
たしかにロードバイクなんかはそういったダイナモのステーが取りにくいし、MTBみたいにフレームやフォークが太くて後付けのステーも使いにくいしで、ハンドルなんかにクランプするバッテリーライトが便利だし、昼間は外しておけるのでフォルムも損なわないし、最近はLEDライトで明るいし、小さくて軽いものがたくさん出回っているし..ってのもわかるけど。
で、今回僕も100円ショップのものからマグライトまで、いろいろとそういった小型(でもないものもあるけど)のバッテリーライトを試してみたんだけど..うーん、結論から言うと僕はダイナモが好きだなぁ。
結局フロントフォークに直付けの一体型(これブロックダイナモって言うの?)のものに落ちついちゃう感じ。
(あ、BMXはそういうの付かないし、とにかく何にもつけたくないってのもあるしで、今はフロントもリフレクターが付いてるだけなんだけど。当然これいいわけないが)
まぁ、アレなの。なんかよくわかんないけど、どれも同じような今風(?)な形してて、自分の自転車に合うフォルムのものがないってのもあるし、前輪の側面に付ける以外なら僕的にはハンドルでもステムでも絶対に真ん中じゃなきゃイヤだってのもあって(笑)
ほらハンドルマウントだとステムのクランプ部分があるんで、絶対どっちかに寄るじゃない?(そんなこと気にするのって僕だけかもなんだが)
それとね、これってオートバイをいじってるときもそうだったんだけど、とにかくよけいなもの(必要だからあるんで「よけい」なわけではないのだが)を付けるのが大嫌いなわけで、クランプだのなんだのがあるのってのがかなりイヤだってのもあるし。
で、そもそもダイナモだとそんなに重くなるのか?って感じでもあるのね。
たしかに使用してないときと比べたら明らかに負荷が増すわけだけど、それってそんなに声を大にして言うようなことなのか?と。
こないだ砲弾型のライトを付けたときに使ったダイナモなんか(新しいせいもあって?)ほとんど感じないくらい軽かったし、音も静かだったしね。
今付けてる古いブロックダイナモだって音はかなりするけど、そんなに「重い」って感じじゃないけどなぁ?
これって調整の具合じゃないのかな?タイヤとの接触部分をきちんとするとか。ね?
むしろそんなことよりタイヤ空気圧とかが低くて、普段はよくわかんないけど、ダイナモ使用時に抵抗が増すもんで、よけいにそう感じて、それが全部ダイナモくんのせいになってるんじゃ?(笑)なんて思っちゃうわけで。
まぁ、そりゃあ、夜間に何十キロも走るってんならこれはかなりの負担になるだろうけど、そういう必要がないんならとりたてて言うほどのもんじゃないのでは?って感じがするな。
よくね、「ダイナモ使うと重くて走りにくいんで、無灯火で走る」なんてボケた話しも聞くけど、それってほんとなの?って感じ。
そういう人はダイナモでもバッテリーでも結局無灯火なのよ。そういうくだらないヘリクツは聞きたくない..ってかこれはあんまり話しが関係ないけど。
脱着式のバッテリーライトだと盗難も心配(けっこう付けたままにして置いてある人いるけどね)で、離れる時は外して持って歩くってのもなんか自転車の利便性をスポイルしちゃう感じがするし。
で、ようするに何が言いたいかというと「僕はダイナモの味方」である..と。
そんなことこそ声を大にして言うことじゃないのかもだけど(笑)
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-91.html

ホットドッグである (2005/05/10/13:07)
新井薬師前駅の南側(といってもそんなに大きな駅じゃないんで、踏み切りを挟んで、あっちとこっちって感じなんだが)の駅前に古くからある「門」という喫茶店。
一階はボックス席3つだが地下もあって、こっちはボックス席が5~6席(もっとかな?)ある昔ながらの喫茶店である。
ナポリタンやらオムライスやら昔の喫茶店っぽいメニューの他に生姜焼き丼(といいながら丼ではなく皿だったりする)」なんてヘンテコなメニューなんかもあって、食事なんかもできたりするくせにケーキなんか妙にちゃんとしたもんを出したりする店である。
で、そのメニューの中にホットドッグなんてのもあって、そのメニュー自体は別に珍しくもなんともないんだが、これがなんていうか..かなりチープな昔っぽい内容なんである。
よくそのへんに売ってる小ぶりなヤツで「バターロール」とかなんとかいうヤツあるでしょ?
あれに切れ目を入れて、キャベツの刻んだのとキュウリのスライスが2枚くらいとウインナーソーセージを挟んで、オーブントースターかなんかで軽く焼いたような…ちょうど僕の母が大昔僕がまだ子供だったころ、たまに家で作ってくれたようなヤツ。
で、ちっちゃなサラダが付いて¥580だかそんくらいのお値段。
そのくせ昔ながらのブチュ!っとやってかけるでかい容器のケチャップとマスタードをかたわらにドン!とかいっしょに持って来たりする。
適当に(というかかなり)パンが焦げてたりもして、味的にも昔家で食べたアレそのものである。
世の中なんでもかんでもオシャレになったり「本格的」になっちゃってるこのごろじゃこういうのってメッタにお目にかかれない(?)けど、僕はなんとなく好きである。
夕方とかになんとなくブラっと行って、コーヒー飲みながらパクついて、文庫本なんかを読んだりして。
あ、でもここはその他の料理もけっこうイケるわけで、オムライスなんかやっぱりかなり昔ながらで良い感じ。
そんな昔ながらの普通の喫茶店でありながら一日中ボブディランがかかってたりする日があるような妙な店でもあるが..。
The Yellow Song Star
カテゴリー:喫茶店 / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-90.html

センター(?)スタンド (2005/05/09/20:13)


んー、オートバイなんかではセンタースタンドというと二本脚のヤツで、バッコン!ってな感じでテコの要領で持ち上げて掛けるヤツを言うんだけど、自転車なんかではこういうのを言うのかな?
あ、センターとかサイドって言うのは日本語的なのかな?オートバイなんかでも外国のカタログとかには「キックスタンド」とか書いてあるような気もするし。
で、そもそも自転車のキックスタンドって思いきり理にかなわないっていうか、もともと無理な位置に付いてるのがほとんどではあるね。
リヤのアクスル付近に付いてるのがほとんどだけど、バランス的にメチャメチャ悪いから、むしろなんかに立て掛けておいた方がよっぽどいい感じで、ちょっと風が強く吹くとか、何かがぶつかる(そんなに強く当たらなくても)とかしただけで、ガッシャン!って倒れちゃってるもんね。
オートバイなんかでは広い三点で三角形になって支えるんで、むしろ(車種やそのスタンドの角度にもよるが)センタースタンドよりも安定性がいい(ハーレーはサイドスタンドしか付いてないが、アレはかなり安定していた。震度3くらいの地震でユサユサしても倒れる気がしなかった)くらいなんだけど、重量があるせいかな?
自転車はかなり軽いからね。ママチャリとかに付いてる後ろ二本脚のガッチリしたヤツじゃないとけっこうダメでしょ?
で、これは別にその普通(?)のスタンドが面倒だとかそういうんじゃなくて「あ、こういうのもあるのかぁ?」なんて思って、なんとなく買ってみた(笑)もの。
なんか途中がスライド式になってて、ボルトで止めて調節して、20インチ~28インチくらいまでの自転車に使える(もちろんフレームその他もろもろの形によっては使えない)ってシロモノである。
うーん、どうでしょ?位置がセンター付近になったことで、けっこう安定性はよくなったけど、オートバイのに慣れてる僕としては従来のものと同じくらい不安定に感じるな。
もうちょっと外に張り出して踏ん張るような形状ならイケると思うけど、それだと畳んで走るときにペダルと干渉しちゃって無理みたい。
実際この自転車でも立てた状態ではバッチリ干渉するし、試しにBMXに付けてみたら畳んでるときに干渉しちゃって走行不能であったし、何に付けてもかなりギリギリになっちゃう感じではある。
これアルミ製で、非常に軽いし、見た目もスッキリしてて、もちろん従来のものよりずっと安定性もいいし、けっこうイケると思うけど..やっぱり各車種専用設計な感じじゃないと自転車の場合は無理があるのかなぁ?って感じである。
他にもこの位置で立てたときは二本脚で、畳んだときは左側にまとまる(ようするにV字型にひらいて二本脚になるんだね)ようなのもあるみたいだけど、アレなんてどうなんだろう?
使ってみたことないから何とも言えないけど、安定性はいいとしてもかなり邪魔っぽくなりそうではあるなぁ。形状的にもどちらかが歪んだりしたらもう使い物にならなくなりそうだし..。
そんなわけで、これってなんとなく付けてみたけど、ほとんど(っていうかぜんぜん)使ってない(笑)
まぁ、アレですね。やっぱ自転車は後ろに付いてるゴツイのをガッコン!てのがいちばんではありますね。
美しさとはほど遠いわけではありますが(笑)
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-89.html

雨降りに弱いというかなんというか.. (2005/05/07/13:48)


昨日は一日雨が降ったり止んだりだったので(というわけでもないが..ようするにヒマだったわけで)部屋に自転車を引っ張り込んで(もともとBMXは引っ張り込んでいたりするが)一日中あーでもない、こーでもない..なんていじくりまわしてたのである。
で、なんとなく気になっていた(といってもたいした自転車でもないし、そんなに気にするようなことじゃないといえばそうなのだが)ハンドル周りではあるが、ようするになんとなくちょっと高い感じで、それをなんとかしたくて、具合のいいハンドルを探してたりしたんだが、こないだYahoo!オークションでなんとはなしに落札してみたちょっと短くて、突き出し角も低くて、ちょっとロードっぽい(このへんのことは僕は詳しくないんでアレなんだが、そんな気がする)ハンドルステムを使ってみることに。
で、昼飯食いに表に出たついでに東急ハンズまでプラプラ(といっても電車に乗って)と行ってグリップも薄めのシンプルなやつを買って来たりして。
で、前に取っ払っちゃったフロントブレーキも少し前にやはりハンズで買って来たDia-Compeのサイドプルブレーキを付けて復活させてみた。
今回はブレーキキャリパーを買って来るついでにボロだったブレーキレバーも同じDia-Compeの安いやつを買って来て左右(もちろんフロント側は取っ払っちゃって付いてなかったわけだが)とも新しくしてみた。
あんまり関係ないけど、このDia-Compeって、BMXのこととかをあちこち調べてたときにもさんざんあちこちで見かけた名前だし、けっこう有名というかその筋ではアレなところなのかな?僕はそういうことあんまりよくわかんないんだけど。
でも今回買ったサイドプルもレバーも両方合わせて¥2000くらいだったし、こういう安い(あ、僕のこういうパーツの値段に関する感覚って、オートバイのものに基づいているんだけど、自転車のパーツっていうのはこれくらいって普通なのかな?)補修パーツみたいのも出してるんだね。
僕はどっか変なとこがあるから(笑)こういう無名ではないブランドが出してる安いものや、グレードアップを狙って交換するんじゃなくて、どっちかっていうとリプレイスパーツみたいのが好きだったりする。
例えば生ギターなんかでいうとビンテージマニアなんかがこだわるウェバリーのペグとかね。
あれだって今でこそそうだけど、昔のかなり安い普及品のギターに普通にくっついてたりして(もちろん普及品用にグレードの低いものだけど)当時はそんなにアリガタイものでもなかったわけで、そういうのってなんか心惹かれるわけで(笑)
で、まぁ、そんなことはどうでもいいんだけど、ステムを低くして、しかも突き出し角が下を向いたんで、こないだ付けた砲弾型のヘッドライトが干渉しちゃうなんて二次的災害(?)が起こったりもして、しょうがないから取っ払っちゃった(汗)ま、いいんだけど。
そんでもって、フロントブレーキの取り付けはいいんだけど、なんとなく調整の具合が釈然としなくて、しかたないから雨がなんとなく小降りになってる隙に近所の自転車店へ。
オトーサンに調整とついでにちょっと長すぎたワイヤーを短くしてもらって、それだけじゃなんか申し訳ないんで(このへんが僕の気が弱いというかいいヤツ(?)なとこなわけで)古いまんまになってたフロントタイヤも交換してもらっちゃったりもして。
あれですね。ヒマにしてるとろくなこと思いつかないというか、よけいな金使っちゃいますね..(苦笑)
東急ハンズ
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-88.html

喫茶店でビール (2005/05/07/11:53)
中野駅南口のブロードウェイセンター2Fに『Aライセンス』という喫茶店がある。
かなり古いところなので、このへんの人ならたいがい知ってると思うのだが。
僕が中野駅周辺を主に利用するようになったのは、離婚する直前くらいからだからもうかれこれ12~3年(それまでも中野区に住んでいたが、むしろ高円寺駅の方に近い場所が多かったのだ)くらいで、『Aライセンス』にもそのころからよく行くようになったんだけど。
そんなに広くないが、低いソファーのボックス席が10だかそこいらで、適当に食事なんかもできる昔ながらの喫茶店である。
なんでも旦那さんが大昔A級のライセンスを取ってて、そういった(ってどんなだかよくわかんないが)仕事なんかもしてた人らしくて、それが店名の由来らしく、天井には世界のサーキットのコース図なんかがオブジェみたいになってある。
ご夫婦でやってて、まぁ、今はふたりともだいぶお年とって、息子さん(だと思う)が主にやってて、バイトの女の子(あ、ここって、昔からバイトは女の子だけしか雇ってないな)が2~3人って感じで、けっこうアットホームな感じのとこである。
で、ここが数年前(だったと思う)にブロードウェイから歩いて2~3分の新井薬師の商店街の中ほどに2号店みたいにして、ちょっと今風というか最近のカフェ(?)っぽくちょっとセルフサービスにして、値段を少し安くした『ビーンズ』って店を出してて、こっちもけっこう繁盛してんである。
こっちは『Aライセンス』に古くから働いてる女の子が交代でだいたいいつもひとりでいてやってるんだけど。
で、そこには生ビールなんていうメニューもあって(小ジョッキっていうかそういうサイズのグラスね。ナッツかなんかのちょこっとしたおつまみ付き¥390である)昼間に近所の商店のオヤジさんとかが休憩がてらブラっとやって来て、30~40分かけてノンビリと飲んではまた仕事に戻るような風景をよく見かける。
なんかね、喫茶店でビールって、昔はけっこう見た風景なんだけど、最近少なくなったなぁ..って。
ここって、外観とか営業は最近主流になってるカフェっぽいけど、こういうところはやっぱり昔ながらの喫茶店だなぁって感じで、かなりいごごちのよいところである。
で、この『Aライセンス』(『ビーンズ』も含めて)って、バイトの女の子が長く勤めるっていうか人の出入りのすごく少ないとこなんである。
今『ビーンズ』を主にやってる女の子も僕が頻繁に行き始めたころから働いてる子(っていうか、もう「子」なんて言い方しちゃ失礼な年齢になってると思うけど)だしね。
きっとかなり家族的(いい意味で)だったりして、働きやすい職場なんだろうな。
(あ、でもだからといってなぁなぁな感じではない。けっこう店員教育みたいのはしっかりしてて、ここで働いてる女の子は歴代どの子もみんなよく働く感じのいい子ばっかりである)
きっとね、そういう感じが店にも現れてるんだと思う。
それがこの店のいごごちの良さみたいなもんになってるんだと思うし、お客さんも長く常連になってる人多いしね。
こういうところってずいぶん少なくなっちゃったけどね。
うん、まぁ..時代がこういうのを求めてないのかもしれないけど..。
The Yellow Song Star
カテゴリー:喫茶店 / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-87.html

壊れたときは..なんてよけいなお世話なんでしょうが.. (2005/05/05/14:41)
最近ボロチャリのパーツを交換したりして、あれこれいじってて、あらためて気がついたんだけど、あちこちのwebやら雑誌やらを見て思うほど自転車ってある意味車やオートバイみたいな普及の仕方をしてるわけじゃないんだなって。
もちろん街中はそこらじゅうチャリンコだらけだし、駅前の駐輪事情とかあるし、「普及」という意味ではイヤってほど普及してるわけだけど。
なんでそんなこと思ったかというと、ハンドルを今付いているヤツからもうちょっと気に入った感じのにしようと思って、あちこち探してるんだけど、オートバイなんかだったらけっこう出てくるはずのノーマルパーツやアフターマーケットパーツがもうほとんどゼロなのね。
たとえばオートバイなんかだったらノーマルパーツなら当然のことのようにパーツリストってのがあって、そこから探して注文できるし、ノーマルに順ずるものもアフターマーケットパーツとして他社から探すことも可能だしね。
もっと性能がよかったり(?)気に入った感じのものを探そうと思えば、そういったものを造ってるメーカーもたくさんあって、もちろん情報もたくさんあるので、そこから探すこともできるわけ。
そういったものは各ショップにズラズラと展示されてるし、もちろんカタログなんかもあるしね。
でも自転車は..これ、あらためてびっくりしたけど、まずそういったものをズラっと並べて売ってる店ってのが(オートバイなんかに比べたら)ゼロに等しいってかほんとにゼロなわけで。
もちろん一部のスポーツバイク関連のパーツなんかは多少置いてあるところもあるし、そういったものの情報はwebでも雑誌でも得られるけど、こと「普通」のチャリのものはノーマルパーツですら皆無でしょ?
はっきり言って事故とかしたりなんだりで壊れちゃったときとかどうすんのかな?ちょっとぶつけて曲げちゃったんでハンドル交換..みたいなときどうしてんのかな?と。
昨日新宿の東急ハンズの自転車売り場(あ、ハンズってのは量販店でありながらこういうところはかなりちゃんとしてて、ヘタにオタカクなってる専門店なんかより親切だし、資料なんかも多くて信頼できるしで、僕は何に関してもけっこうオススメだと思う)のオトーサンに聞いたら「メーカーもものによってはパーツとして供給するけど..」みたいなことをおっしゃってた。
つまりメーカーによっては完成車のパーツとしては造ったり在庫したりしてるけど、それ単体としての供給はしてないことが多いということらしいんだね。
これってオートバイなんかじゃ絶対に考えられないことなのよ。
まぁ、今って普通に乗ってるママチャリとかは驚くほど安いからハンドル一本取り寄せてヘンテコな値段(いくらか知らないけど)払うより壊れちゃったんだから本体ごと新しいのを買っちゃえって感じではあるんだろうし、メーカーもそんなパーツを用意してても在庫ばっかり持っちゃって..みたいな感じではあるんだろうけど。
自転車ってオートバイなんかと比べて(機械である部分が少ないので)ずっといじりやすい(これ「改造する」ということじゃなくて)からある程度やる気があれば自分で直したり、使いやすくしたりってことがずっとやりやすいはずなんだけど、僕が思ってたほど世の中(というか日本では)の人はやらないのかな?って。
まぁ、買う人がいなければ商売になんないから当然のことながらメーカーもそんなことにはかまってらんないんだろうからしかたがないと言えばしかたがないことなんではあるが..。
東急ハンズ
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-86.html

「美学」ってのはもう死語なのか? (2005/05/03/22:28)


ショートホープである。僕はもうかれこれ、30年くらいこれを吸い続けている。
で、それは好みの問題なんでどうでもいいんだが..最近の出荷(と思われる)ショートホープの中の銀紙(これなんて言うんだっけ?)のちょうど破くあたり(破かないで開くだけの人もいるだろうが)にはこともあろうにミシン目が入っているんである(!)
これってどう?どうなの?なんで今さら..っていうか、なんで?これってショートホープだぜ?
昨今のヘンテコな健康ブーム(?)のせいか次々と「軽い」煙草が売り出されて(そんなことを気にするくらいならやめちゃえばいいのに)似非健康マニアにもてはやされて(?)ショートホープにまで「ライト」だの「メンソール」(あ、これって軽さと関係ないだろうけど)なんてのが売られちゃったりもして、かなりご立腹であるところに来て今度はなんだぁ?これ?って感じである。
これって消費者とかの希望とか要望とかがあったのかな?「ここを破りにくい」とか(爆)
だいたいショートホープ吸ってるヤツがそんなこと気にしてんのか?っての。そんな下らないこと気にするような軟弱(かどうかわからないが)な輩がこれを吸うか?っての。
もうどうでもいいけど、なんでもかんでも便利にしたりすんのやめてくんないかなぁ?
これはさぁ、これを上手いこと破いて(別に破かないで開くだけでももちろんいいのだが)開けられるってのが、ある意味「大人」ってか、かっこいいわけよ。(こんなこと誰も思ってないかもだけど)
なんていうかね、ばかばかしい話しではあるけど、たとえば風の中で手をかざして煙草に火をつけることができたりするなんてことがかっこよかったり「大人の男」だったりした時代がたしかにあったんだよ。
今みたいに誰でも彼でもいつまでも子供みたいなことをよしとしちゃうってか、20代そこそこで「もう年だ」なんて下らないこと言って、大人になるのを嫌がってるんじゃなくて、逆に子供のうちはいつまでたっても相手にされなくて、子供である自分が嫌で、早く大人に、しかもかっこいい大人になりたかった時代ってのがね。
男が「かわいい」なんて言われて喜んじゃうような今の日本じゃそんなこと言っても誰もわかんないんだろうけどさ。
まぁ、そんなことは人の好みの問題だろうし、どうでもいいっちゃあいいんだけど、僕にとっては(たとえば煙草に関して言えば)ショートホープってのはまさに「最後の砦」だったりしちゃってるわけなのよ。
それがどうよ?もう..いいかげんにしてくれ!って感じじゃん?

もう..あれね。「美学」なんてもんは、海の向こうのハードボイルド小説の中にしかないんだな。
..かなり悲しい気分である。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-85.html

そして帰京 (2005/05/01/00:57)


昨夜(あ、これを書いている時点ではもう一昨日だな)は、西宮のRJ&BME's。
(写真はRJ&BME'sのち~ふ。美人である)
ここはもう何回かお世話になってるし、マスターとチーフのバンドが東京に来たときもいっしょに演らせてもらったし、それに今回はEMIKOさんのMisty Blueとの共演で、EMIKOさんともひさしぶりの再会だったし、それにひろぶ~氏やひでぶ~氏(これなんかややこしいが(笑))なんかも飲みに来てくれて、うっすらと二日酔い(汗)であったけど、かなりリラックスした、楽しいライブであった。
しかもライブ後は、ひろぶ~氏のご好意で、ひでぶ~氏と共にひろぶ~氏宅へ(いや、ほんとにややこしいが(笑))
今朝は夜勤(看護士さんなんである)を終えて帰って来ていた奥様が朝食を作って下さって(いつもほんとに申し訳ない)彼女がまた夜の仕事のために仮眠(?)をとるころにろくでもない男3人はブラブラと歩いて行ける距離の阪神競馬場へ(笑)
昼食がてらひろぶ~氏の絶対の自信(?)の予想が外れるのを確認(笑)し、ふたりに別れを告げて帰路につく。
(ひろぶ~氏の名誉のために書いておくが、みごとに当たった予想もあるにはあった..買ってないのだが..)
ひろぶ~氏の奥様であるぶんちゃんにはほんとにいつもお世話になってしまって、感謝以外の何ものもない。
忙しい仕事をこなしつつ、いつも明るく元気な彼女は、ほんとに天使のようである。
そんなこんなで、夜9時過ぎくらいに無事帰宅。
今回はずっと天気もよくて (名古屋で少し降られたけど)ひさしぶりの京都は気持ちよかったし、何よりもはじめての店でもみなよくして下さって、ほんとに楽しい数日であった。みんなほんとにありがとう。
今度はいついけるだろうか?秋ころだろうか?
RJ&BME's
Misty Blue
The Yellow Song Star
カテゴリー:ライブ / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-84.html

me&ROADMASTER
© kinta 2005. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.