me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
月別ログ_2005年09月分
いつもお世話になってます (2005/09/30/21:44)
まったく今さらながらなのではあるが、かなり前時代的であったわが家のmacくんをアップデータしてみたのである。
アップデータといってもなんせ未だos8.6なんてことになっていた(汗)もんを9.1にしただけなのだが。
なんてったって今やG5とかなんとかいうことになっちゃってるappleさんちであるが、わがmacくんはG3、しかもその最初期(?)で、まだなんとなく「G3ってのにしてみたけど、どう?」みたいな感じだったヤツである(汗)
..なんだが、僕はそれほど難しいことするわけじゃなくて、せいぜいネットにつないで、こんなブログ書いたり、オークションで暗躍(?)したりして、もしかしてちょっと儲かったりしないかな?なんて使い方しかしないもんで、これでけっこうサクサク動いちゃうし、ま、いっか?なんて感じなんではあるが。
ではあるが、最近某事務所の関係で、msnだのYahoo!だののメッセンジャー(前は使ってたんだけど、向こうが勝手にバージョンアップしてくれてしまって、わがmacくんが追いつけなくなっていたのだ)なんか使えたら便利かな?(あ、別に使えなくてもいいんだが)なんて思って、そしたら「あ、ずっと以前に某Kさんにもらったヤツがあるではないの!」なんて思い出しちゃったわけで。
で、ゴソゴソと部屋の中を捜しまわって見つけ出し、ゴリゴリとやってみたんではあるが..。
あー、なんか結局msnさんは「os9.2.2じゃなきゃだめよん」なんておっしゃるし、Yahoo!さんは「これって、CarbonLib1.6じゃないじゃん?だめよぉ」みたいなこと言っちゃって、結局どこがよくなったのかもわからない程度のアップデータになっちゃったわけで(汗)
しかもずっと使ってた古いエクセルくん(彼もまた激しくお年寄りだったのか?)までなんか知らんが動かなくなっちゃって(大汗)
いやー、もー、しょうがないからこれはやっぱりmacの大先生である前出の某Kさんにメールなんかしちゃって、相談ていうか救援物資を送って頂くことに。
激しくご無沙汰しちゃってるくせに、こんなときばっかりで、まったくムシのいい話しではある(汗)
今度..というか、そのうちなんか付け届け致しますm(__)m..いや、きっと..>某Kさん
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:mac / トラックバック:0 / コメント:8
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-153.html

今どき野口五郎やエルビスプレスリーに思いを馳せてブログを書くような男なのである (2005/09/28/22:22)
まだ20代の終わり頃の何年かをひょんなことから共にした、古い友人である。
昔デザインを勉強していた彼は、今は故郷に帰って独立して自分で仕事をしている。
立派なもんである。こんなふうに誉めるのはかなりイヤだが(笑)でも、立派なもんである。
そして頭の回転の早い男である。 一緒にいて、話しをしていても、こちらの話しを受けてポンポンと言葉を返す。
それもただ相槌を打つわけなんかではなく、どんどん話しを膨らませて面白くして行く。
お笑いで言えば、芸もないのにリアクションで「笑われる」ことをよしとするような芸でなく、その本人の面白さで「笑わせる」今どきもうほとんどいなくなってしまったタイプである。
もちろん彼はそれを生業にしているわけなんかではないのだが。
何度も言うが、こんなふうに人を..というよりは彼を(笑)誉めるのはかなりイヤではあるが、でもそんな男である。
その彼のブログである。僕は天の邪鬼なのか鈍いのか(笑)メッタにこういうものを見たり読んだりして笑わないのだが..ひさしぶりに声を出して笑ってしまった。
うーん、今どきこういうおかしさってのも流行らないのかもしれないが(笑)
俺の反省文
The Yellow Song Star
カテゴリー:my dear / トラックバック:0 / コメント:2
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-152.html

昭和の歌姫たち (2005/09/27/01:21)
もう明けてしまったので昨日だが、テレビ東京の『徳光&コロッケの”名曲の時間です”』って番組で「昭和の歌姫特集!」ってのをやっていた。
うーん、ヤバいね。かなりヤバい。こういう番組ではいつもそうなのだが、完全にヤられた(汗)
僕ってね、たとえば今やってることはやっぱりロックだったり、フォークっていうかアメリカ(イギリスのもあるかな?)のトラディショナルだったり、ブルーズだったり..と、そういう方面を模倣したところからはじまったものではあるんだけど、「歌う」っていうことの根底にあるものは子供の頃に聴いた歌謡曲なんだね。
歌い方とかね、とくに声の出し方とかね。こういうのを観る(聴くか)と「あー、そうなんだなぁ」って思う。
今言ういわゆる(?)Jポップだのなんだのってのはもう僕にはそういう意味じゃぜんぜん関係ないわけで、もう「歌謡曲」ね。
(あ、アレですね。この「歌謡曲」ってのは今ではもうほとんど絶滅してますな。今テレビとかで流れてるのは、演歌以外はもう完全にその昔の「歌謡曲」ってのとは別もんですもんね)
まー、それはおいといてもさ、なんて言うかね、もうまるで上手いわけですよ。歌手が文字どおり歌手であった時代なんだね。
今って俳優でもタレント(これって定義がまるでわかんないわけなんだが)でもちょっとアレするとすぐ歌も出すでしょ?もう、ついでじゃないですか?(あ、これ、もちろん逆もあるわけで)
でも、そういうんじゃないでしょ?あの頃は「歌手」ってのはある意味そういう他の業種(?)の人とははっきりと違う能力のある人だったわけで。
はっきり言うけど、今テレビに出て歌ってる人たちの中には(演歌の人や残りのほんのひとにぎりの人たちを除いて)「歌手」ってのはいないもんね。
この番組の中でやった昔のフィルムの中のテレサテンや藤圭子、ちあきなおみ、それから青江美奈や松尾和子、そして越路吹雪なんかもうすごいもん。
これ、今じゃ考えらんないくらい上手いし、かっこいいわけで。
もう、これと比べたら(こういうこと書くとあちこちからお叱りだのバッシングだのあるだろうけど)モー娘あたりなんかただの角兵衛獅子でしょ?(もちろん彼女らが悪いわけでもないし、彼女らはその役割としてちゃんとやってるが)
うーん、今回あらためて聴いた中では、ちあきなおみがよかったなぁ。
もう「よかった」なんてもんじゃなくて、完全にヤラれたって感じだけど。
いや..なんて言うのか..いったいいつから.歌が上手くなくてもそういうところで歌ってよくなっちゃったんだろう?..なんて、よけいな(?)こと考えちゃったわけなんですよ。
いや..これって、僕が勝手に古くなってるのかもしれませんがね(汗)
(文中敬称略させて頂きました)
The Yellow Song Star
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:2
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-151.html

ハブ毛ですね (2005/09/26/23:26)


前の赤いチャリに付いてたヤツをピエさんで組むときに(27インチから26インチになったんで、スポークももちろん張り直したわけだけど、ハブはそのまま使ったわけである)そのまま組んだのである。
前輪にも付いていたのだが、全とっかえになったので、付いてないんだが。(あ、もちろんそっくり外したんで、今も前の27オンチのホイールのハブに付いていて、家にあるけど)
これって、昔はけっこうみんな付けてなかった?(うーん?スポーツ車には付けてないのが多かったかな?)最近はトンと見ないように思うけど。
正直言って、昔はなんかダサイ感じがして好きじゃなかったんだけど、今はなんとなく逆に愛おしい感じ?(笑)
実際これ付けてるだけで、ハブがほとんど汚れない感じで、実用的でもあるし。
あ、そういえば、前に赤いチャリに付いてたとき、某事務所の若い子と話してたら、彼はこれって何のために付けてるのか知らないみたいだったなぁ。
「え?これって、ただの飾りじゃないんですか?」なんて調子で(汗)
やっぱりこれって、最近じゃあんまり付けないもんなのかなぁ?
まぁ、あんまり走りに関係ない(ていうかそれほど走りにこだわってるわけでもないが)けどね。
うーん、せっかくあるんだから前輪も付けちゃおうかな..なんて。
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:2
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-150.html

リムドライブダイナモ? (2005/09/25/22:36)


わがオリーブ号(カーキ色のつもりがオリーブ色?な感じだったので命名?)に付いてるブロックダイナモである。
別に何のヘンテツもない普通のよくそのへんのママチャリなんかに付いてるヤツである。
最初はYahoo!オークションで手に入れた古い(?)いわゆるピン球型(あ、ソービッツとかじゃなく国産なんですが)のブロックダイナモを付けてたんだが、これがけっこうボロい(笑)ためかちゃんと動作はするんだけど、あんまり明るくない上にガランガランとかなりの音がするんで、前に赤いチャリに付いていたヤツを付けてみたんである。
で、ピエさんがフレームを作ってくれたときにFフォークにダイナモステーを直付けで作ってくれていたわけなんだけど、どうやら普通(?)にタイヤに当ててダイナモを回すんじゃなくて、リムに当てて回す(これって、リムドライブって言うの?)のを想定したサイズで作ってくれたみたいなのね。
なんとなくあちこちのサイトとかを調べてみたらリムドライブの方が抵抗が少なくて「使用時の重さが軽減される」みたいなことが書いてあるんだけど..うーん、まー、なんとなくそうであるようなないような(汗)
たしかに赤いヤツで普通にタイヤに当てていたときより今の方が心無しか音(これもけっこうな音だったんだよね。ピン球ほどじゃないにせよ)が軽くなったような気もするし、なんとなくスムーズに作動しているような気もするけど(そんな気がするだけなんだと思うが)
あ、でも、これって、どうしてタイヤよりリムで回した方が抵抗が少ない(?)のかな?
なんかあんまり変わらないように思うんだけどな。なんかちゃんと理屈があるのかな?
まー、こっちの方が音は静かになったし(ていうか、大きくてもいいんだけど、ガランガランっていう音が気になってたわけだが)こっちの方がまともに明るいしで、そういう理屈はどうでもいいんだが。
あー、でもひとつだけ重大な欠点(?)に気がついちゃったんですな(汗)
これ、かなり雨に弱いんですよ。おそらくはタイヤより抵抗が少ない(?)ためにおこるんだろうけど、かなりの雨で濡れると滑っちゃって充分にダイナモを回せなくなっちゃって、発電しない..つまりライトが点灯しないんですな(汗)
これ、ピン球使ってたときに最初におこって、そのときは古いもんで、かなり濡れると接触が悪く(なんてことがあるのかな?)なってるのかな?なんて思って、帰ってから接点をきれいにしたりして直した(実際、錆びてて線が切れかかってたりもしたし(汗))んだけど、昨日の雨の中を走ったとき、こっちのもなったんで「あー、こりゃ滑ってるな」と。
実際、走ってるときにも乾いてるときほどの手ごたえ(ていうかダイナモの抵抗感)を感じないのね。しかも発電しているような音もなし(汗)
うーん、どうなんでしょうね?この方式って「いい」って言われてる(?)わりに巷で見ないのはやっぱそういう二次的災害(?)があるからなのかな?
使ってる人はどうしてるのかな?あるいはこんな感じじゃなく、リムドライブ用(ってのがあるのかどうかも知らないが)に作ったヤツだとそういうことないのかな?
それとも?雨降ったら乗らないもんなのか?(笑)

てなこととは関係ないところで、実はこのブロックダイナモが少しだけ気に入ってるとこがあって、普通よく見るようなヤツは斜に倒れてタイヤなりリムなりに接触するけど、これはなんっていうのかな?前方の内側に閉じるような形(うーん、上手いこと言えないが)に倒れて接触するんだね。
僕的にはどう考えてもこの方が利にかなってるように思えちゃうんだが、あんまり巷で見ないよね?(気がついてないのは僕だけか?)
どうなんでしょ?これ、いいと思うんだけど、これもなんかイケナイ理由があるんでしょうか?
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:2
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-149.html

西小山の喫茶店 (2005/09/23/23:57)
..で、僕と母はかなり頻繁(なのかな?)に墓参りに行くんだけど、まー、どっちかって言うと墓参りはチャチャっと済ませちゃって(笑)お寺の近くでなんとなくランチみたいなことになって、しばらくとりとめもない話しをして来るって感じで、まー、お互いに顔を見に行ってるみたいなもんなんだけど。
ずっと以前(もう10年くらい前かな?)は西小山駅の商店街の中にあった寿司屋に行ってたんだけど、そこが廃業(?今も店はそのままあって、シャッターが降りてるだけなんだけど)しちゃったんで、最初は近くのファミレス(みたいなところ)に行ったりしてたんだけど、最近はもうずっと少し住宅街の方にある喫茶店のランチである。
特にメニューがたくさんあるわけでもないし、けっこう普通の「食事も出す喫茶店」である。
女性がひとりでやってて、なんとなくきっと子供のころからこのへんの育ちで、常連もきっと幼馴染みみたいな人たちで..みたいな感じのする、そんな店である。
なんか特別な感じがぜんぜんない「普通の街の喫茶店」って感じで、そういう店が僕も母も好きなんだね。
僕らはせいぜい2ヶ月くらいに一回行くくらいなんで、常連ってのとは違うけど、もう10年近く行ってるからママさんもいいかげん覚えてるだろうし、なんか正体のわからない親子だな..なんて思ってるんだろうな(笑)
あー、こないだフっと思ったんだけど、そのママさん、けっこう美人な人なのね。でも、最初見たときよりだいぶ年とったなぁって..いや、かなりの大きなお世話な話しだけど(笑)
つまりね、もうずいぶんここに通ってんだなぁって。
そりゃそうだよな。自分だって相当年とったもんな。向こうもそう思ってるだろうし(笑)
で、こないだはじめてその店の名前を見たっていうか知ったわけなんですよ..なんですが..今これ書きながらド忘れしちゃって..いやはや..困ったもんですな(汗)

それとは関係ないんですが..どうやらこのブログは携帯からも見れるようです。
http://roadmaster.blog25.fc2.com/?mてな感じで、URLの後ろに「?m」を付けると見れるんですな。
まー、こんなものを携帯からも見たいと思う方がいるかどうか..なんですが(笑)
The Yellow Song Star
カテゴリー:喫茶店 / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-148.html

墓参りなんですね (2005/09/22/00:41)


今日(といってももう明けて昨日ではあるが)は母と西小山のお寺で待ち合わせて、父の墓参りに。
ちょっぴり蒸し暑かったとはいえ、曇っていて、風もけっこうあったので、こないだ7月に行ったときより自転車で走るのも楽だったな。
とはいえ、往復約30kmはかなりのヘタレな僕にはけっこうシンドかったりもして(汗)
いやー、ネットなんか見てると、けっこう..というかかなり自転車通勤が盛んで、みなさん片道15kmくらいが多い(?)みたいなんで、このくらいを毎日(じゃない人も多いみたいだが)走ってらっしゃるみたいだが、僕はこれ、慣れるとは思えないなぁ(汗)
今日みたいに他には用事がない日ならいいけど、これって、かなり寒い季節になっても行帰りけっこう汗かきますよねぇ?
こないだYahoo!オークションでからんだ方(取りに来て下さったんで、ちょっとお話ししたわけで)なんかも板橋あたりから新宿あたりまで(あ、でも、それだと10kmあるかないか..かな?)自転車で通勤していると言っていたが、やっぱりかなり汗かくんで、職場でシャワー浴びて(シャワーがあるというのは恵まれているよね)下着だけ着替えるって言ってたし、そうだよねぇ?
だいいちそんな調子じゃ、間違ってもぎりぎりに着く(なんてことがそもそもあってはならないんだが)わけには行かないだろうし、けっこう脈拍上がってて、すぐに仕事にかかるってのも..ねぇ?でも、慣れるもんなのかなぁ?
うーん、かなりのヘタレである僕としてはせいぜい5~6kmがいいところかなぁ(汗)
まー、でも、なにはともあれ、けっこう疲れたりするけど、急いでいるわけでもなく、ブラブラと自転車こいで行くのはわりと気持ちいいし、けっこう楽しくもあるな。
あー、でも帰りはそれこそもうほんとに用事がないもんで、ダラダラしちゃって(笑)初台あたりのコンビニで飲み物買うついでに煙草吸ったりして、けっこう休んじゃったり(写真はそのときのものではある)中野坂上の本屋に寄ったつもりが、ついでにそばなんか食っちゃったりして、またもや長々と休んじゃったりして、結局帰りは行きの倍以上の3時間近くかかっちゃった。
いやー、こりゃ、やっぱり自転車通勤にはあんまり向いてないのかも(汗)

あ..でも、これは言い訳ですが、帰りはずっと向い風だったんですよ。向い風。いや、ほんと(>o<;
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:4
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-147.html

me&ROADMASTER(0031) (2005/09/21/21:02)
みなさん、こんにちは。
なんとはなしにちょっとばかし秋ですね。まだまだ蒸し暑くはあるけれど。
いかがお過ごしででしょうか?

この度なんとなくではありますが、blogをお引越ししたのです。
こないだまでの超シンプルなのより今回はちょっとだけ技(?)も使える感じでしょうか?
まぁ、中身は相変わらずなんではありますが(笑)
(あ、今度はいちおうコメントも受け付けようかな?なんて思ってます)
URLは以下の通りです。どうぞよろしくではありますm(__)m
http://roadmaster.blog25.fc2.com/

..で、ついでというわけではないですが、次回ライブは..
10/6(木)稲生座(高円寺03-3336-4480)20:00~¥1500+drink
それから来月はちょこっと出かけます。
10/16(日)RJ&BME's(西宮北口/0798-63-8018)19:00¥1000(1drink付き)
10/17(月)ウーララ(京都/075-311-3400)*詳細不明

お時間のある方は是非、ブラっと遊びに来て下さい。
The Yellow Song Star
カテゴリー:スケジュール / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-146.html

敬老の日である (2005/09/19/23:35)
なんだか最近は(でもないか?)やたらめったら祭日だか祝日だかが増えちゃって、ありがた味がぜんぜんないわけではあるが。
だいたいどんな大義名分があるのか知らない(あ、まぁ、知ってはいるけど、いちおう)が、そんなにムキになって休日を増やしてどうすんだ?って感じじゃない?
いくら国が決めて「休め、休め」って言ったって、仕事の量とか学校でお勉強する量は変わんないばかりかどっちかっていうと増えちゃってるわけでしょ?
そこへもって来て、よけい(?)な休日なんかつくちゃうから仕事だのお勉強だのが滞っちゃうじゃないの?
まー、仕事なら休日になってたって休まなきゃいいわけなんだけど、そうすると今度は代休だなんだっていって会社とモメなきゃなんないわけで。
(関係ないけど、日本の企業なんて、未だに有給休暇なんかだって「絵に描いた餅」でしょ?はっきり言って)
そんなのってさ、ようするにお役所だけでしょ?ちゃんと休めたりしてんのって。
あ、それでまた、お役所の仕事が滞るわけで、あちこちにシワ寄せが来ちゃってるわけで。
..とまぁ、そんなことはどうでもいいんだが「敬老の日」である。だからなんだ?って話しではあるが(笑)
ちょっと前に母が「自分の息子が50近くなっちゃうなんて、ギョ!っとしちゃうよ」なんて、わけのわかんないことを言ってたが(笑)いや、けっこう笑えない話しっていうか..つまりその母はもう80に果てしなく近いわけで。
逆に言わせてもらえば、自分の母親が80才になるなんて、それこそ想像してなかった(なんて失礼な話し..いうか、別にそんなに長生きするとは思ってなかった..なんて話しではもちろんなく)んだな。
なんていうのかな..うーん..上手く言えないんですけどね..つまり..そういうことなんですよ..って、ぜんぜん話しがおさまってないですが..。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-145.html

まったく最近の若いもんは.. (2005/09/19/00:27)
なんて言い方をするように自分がなるなんて昔は考えもしなかったが(苦笑)っていうか、そんなことを言うようになったってことは僕もだいぶ年をとっちゃったんだな..なんて(哀)
たとえばっていうかなんていうか..バンド<とかやってて、いかにも「音楽やってます」みたいな風体で、しかもけっこう誰にでも自分からそういうこと言うような輩がね。
たとえばバイトみたいなことするでしょ?でも、そんなこんなで、夜とか遅かったり(って、別にそれをやってるから絶対そうとは言えないわけなんだけど)不規則な暮らししてたりするもんだから寝坊して遅刻したり、けっこう体調悪くしたり(って、これもアレでしょ?悪いって思ってるだけで、ほんとのとこはただ「カッタルイ」だけなはずなんだけど)して、休んじゃったりね。
で、どっかで「おれは音楽やってるし、こっちはただのバイトだから」みたいのあるんだよね。絶対。
(もちろん自分だって昔はそういうのなくもなかったし、だから何言ってもほんとのところはそうだってわかるわけで)
だけどさ、アレでしょ?そういうふうにしても代わりがいるバイトだから許されてる(わけじゃなて、そう見えてるだけなんだけど)わけで、ほんとに音楽<やってて、それでギャラもらってたら、それこそそんなの絶対許されないじゃん?
たとえばギターなんかで(いや、別にベースでも歌でもいいわけなんだけど)どっかに呼ばれて、ギャラもらってたとして、でも、そんなこんなで、来たり来なかったりだったら、それこそ「そんなにすごいギターじゃなくてもいいから確実に来るギター」を呼んじゃおうってことになって、そんな来るのか来ないのかわかんないヤツなんて、どこにも呼ばれなくなっちゃうじゃないの。ねぇ?
つまりさ、同じなわけよ。音楽だろうが何だろうが。それがギャラが発生してる仕事だったらさ。
だいたいアレでしょ?体調を崩すったって、その日そこに行かなきゃなんないんなら体調が崩れていいわけないし、崩れるわけないのよ。そういうことは契約にないわけで。
サラリーマンだろうがミュージシャンだろうが、そりゃ具合が悪くて仕事できないのはその部分だけ見ればしょうがないけど、契約するにあたって「具合が悪くなって仕事ができないかも知れないけど、それはしょうがない」なんてのはあり得ないわけで。
そういうのって、ぜんぜんわかんないのかね?わかんないみたいだけどさ。
きっとライブとかするときもステージで言っちゃうんだよな、そういう輩は。
「昨日ちょっと寝てなくて」とか「風邪ひいちゃって今日はちょっと声が..」みたいなみっともないことを。
いやー、もうね、どんなにダメな生活しててもいいんだけどさ、ギャラが発生することに対してはもっとちゃんとしましょうよ。ってことでね。

だってさ、昨今じゃネコもシャクシも「アーティスト」なんて下らない呼び方されちゃって、いい気になってるみたいなんですけどね。音楽なんか人の前でやって、いくばくかの御祝儀もらってアレするなんてのはそんなかっこいいもんじゃなくて、ただ芸を見せてるだけなんだから。
ミュージシャンなんてね、そんなにたいそうなもんじゃないんですよ。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:4
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-144.html

うーん、世界柔道? (2005/09/12/21:11)
僕は柔道という競技にはあまり明るくなくて、なんとなく技の名前とかルールがわからないでもない..という程度である。
で、そんなにすごく興味があるわけでもないが、ここのところ毎日TVでやってるんで、スポーツそのものには興味があるんで、なんとなく毎日観ていたんだが。
うーん、でもさ、もう(こんなのそれこそもう「とっくの昔」からなんだろうけど)「柔道」ってもんと「Judo」ってもんは別のものっていうか、今世界で競技として行われていて、この世界柔道で争われているものは日本人が昔からやって来て、今も信じて(?)いる「柔道」ではなく「Judo」なんだな..なんて今回(遅ればせながら)すごく強く思ったな。
外国の選手見てて印象的だったのは、やたらと足を取って押し倒す(あれ、なんていう技なんだっけ?)ような技を使う選手が多いってことだな。
僕はかなり古いんだろうけど(苦笑)柔道ってもっと「立ち技の競技」(もちろん押さえ込みなんてのもあるが)ってイメージが強いんだけど、ああもやたらと潜り込むみたいな突進の仕方を見てると『ありゃもう柔道じゃないな』なんて思ってしまう。
それになんつうか..あのつかみ合って、腰引いて、力で潰し合う(僕にはそう見える)ようなのって、あんまり観たくなくない?
まー、ヘーシンクが勝って以来(ってベラボウに古いが)っていうか階級制になって以来「柔よく剛を制す」なんてのは過去のはかない夢以外のなにものでもなくなってしまったし、最近じゃ「パワー柔道」なんて本末転倒な呼び方もしてるみたいだしさ。
うーん、こうして見ると相撲が今でもあんなに美しい(?)のは昔から何も変わってないってとこなんだろうな..なんて関係ない(?)ことまで思っちゃったりもして。
あ、いや、僕は別に日本のもの(?)だから日本が一番なんかじゃなくたってぜんぜんかまわないし、見る側としては競技として面白いものというか「いい試合」を観れればそれでいいわけなんだけど。
こりゃアレですよ。これからは(って、もうやってんだろうけど)世界で勝ちたかったらバリバリにウェイトトレーニングして、バキバキにパワーつけてやるしかないでしょ?中国の女子みたいに。ね?

そういうこととは関係なく(?)今回の世界柔道では100kg超級で惜しくも銀メダルに終わった棟田選手の勝っても負けても最後まで表情を変えず、凛々しく礼をする姿が僕の目にはものすごく美しく映ったなぁ。
まさにあれが「柔道家」だな..と。僕の非常に勝手なイメージにすぎなくはあるけれど。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-143.html

そんなわけです (2005/09/10/23:18)


出来上がったときにシフトワイヤーがちょっとばかり長過ぎたのと、ハンドルの高さがほんの少し(ほんとにほんの少し)だけ低い感じだったのがちょっとだけ気になってて、ピエでシフトワイヤーの短いヤツとニットーのTechnomic(高さに種類があるのがこれだけなんで)を取ってもらってパーツ待ちになってたわけであるが(ステムはすぐあったんだけど、ワイヤーは補修部品として取り寄せなきゃなんなかったらしく、ちょっと時間がかかったのである)昨日届いたんで、さっそく行って付け替えてみたんである。
ワイヤーは単純に短いのになったわけで、へんに余ってなくてスッキリって感じだけど、ステムに関してはもうほんとに微妙に高くなった?って感じで、自分的には10mmくらい高くしなきゃかな?って思ってたんだけど、結果的には5mmくらい?実際見た目にはほとんど変わってないくらい(笑)
というのもこのTechnomicってステム、高さが150mm、225mm、280mmと三種類なんだけど、ほんの少し長くなればよかったんで(というかルックス的にはあんまり高くなりたくなかった)225mmにしたのであるが(ほんとはこの150mmと225mmの中間ていうかせいぜい200mmかそこらでよかったんだけど、ないわけで)ストンと入れて止まるところ(つまりそれ以上入んないところ)まで入れたところで「あ、これでけっこう見た目には上がった感じするなぁ」なんて思ってそのまま付けたんだけど、後で高さ計ってみたり、遠目に見てみたりしたらもう前とほとんど変わってないの(笑)
でも、実際乗った感じはもうぜんぜん違うけどね。こういうのって不思議だけど、ほんの5mm程度上がっただけで、体感的にはもうまるっきり違うわけで。
ハーレーとかいじってたときもそういうことさんざんあったから、まー、そんなに見てわかるほどやっちゃうと、かえってまた感じが変わり過ぎちゃうってのはわかってたけど。
と、まぁ、そんなこんなで、なにはともあれこれでかなりいい感じである。

そうそう、ピエは今年で10周年なんだそうである。
10周年の区切りに長年考えていた一台を作ったそうである。
長年考えていたと言っても、なんかすごいスーパーショップカスタムとかいう感じじゃなくて、なんとなくスっとした普通な感じの自転車である。
なんとなくこんなところも僕がピエという店が好きになった理由だったりするかも知れない。
ピエ
The Yellow Song Star
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-142.html

郵政民営化?ですか? (2005/09/09/23:47)
別に知人間での流行り(?)に乗じたわけではないが(笑)今日区役所に行って、期日前投票して来た。
うーん?巷で言われている(?)ようになんとなくいつもの選挙より投票所が混んでいたような、いないような..。
今回はかなり大幅に投票率が上がるかも?みたいな報道なんかがされてるけど、どうなんだろうね?
まー、フタを開けてみたらなんとなくいつもと同じかほんの少しよかったくらいなんじゃないかな?なんて思ったりするけど。
で、どーなんでしょうねぇ?なんかお互いのへんなエゴのぶつかり合いな感じの選挙みたいにも見えるけどね。
まるでさ、否決されたこないだの郵政民営化法案に対する賛否が選挙の争点になってるみたいで、その郵政民営化自体を論じてない(..って、話しがややこしいが)って言うか、投票する国民にそれをちゃんと説明してないよな。
だって、こないだの法案には反対だけど、郵政民営化自体には賛成だったりする意見とかだってあるはずなのに、そういうことはあんまり言われないでしょ?(あ、ちょっとは言ってるようですけどね)
たとえば郵政民営化をすることによって使える(?あるいは使われるはず?)金ができるかも知れなくて、それをやればよくなることがあって、じゃー、どうやって民営化するのか?とか、やっぱり無理だから民営化はしない方がいいとか、そういうことがほんとは議論されてんでしょ?てかされてなきゃおかしいしさ。
そういうことを言わないで『地方の小さな町や村の郵便局がなくなってもいいのか?』とかなんか目先の利害(国民にとってそれは大事なものではあるにせよ)っぽいことばっかり論点になってて、そういうことで票を取ろうとしてるみたいなね。
(あ、今さらだけど、別に僕は民営化に諸手をあげて賛成とかそういうんじゃないわけなんだけど)
もっとさ、ほんとはどういうことをどんなふうに議論してんのかをちゃんと言わなきゃだよ。
TVなんかに出て、みんな盛んにアピールしたり、ぶつかり合ったりしてるけどさ、そんな感じで、なんかはっきり言って論点がおかしいってかぜんぜん議論になってないしさ。
あー、まー、ああいうところで本音っていうか自分の意見を言っちゃうわけにはいかないんだろうけどさ、日本の悪しき組織構造としてはさ。
だけど、だったらあんなとこでつまんない言い合い見せることもないのにな。きちんと議論して、それを国民に見せることができないんならね。
まー、何が問題なのか?って、そういう下らない組織構造とか、それにどっぷりの下らない人間ばっかり(あ、これって議院先生ばっかりの話しじゃなくてね)しかいない今のこの感じの方って気もしちゃうわけだけど。

..なんて、こんな僕のグダグダはどうでもいいんですがみなさんも(もちろん自分も含めて)もっと怒ったり、怒ったからにはちゃんと考えましょうね..みたいな。ね。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-141.html

一時間に100ミリ以上 (2005/09/06/17:48)
一昨日の晩の大雨では僕の住んでる中野あたりもずいぶんと被害が出た。
僕の住んでるあたりも妙正寺川がすぐ近くなんだけど、すこしだけ高いところなんで、被害らしい被害はなかったけど、川のすぐそばあたりではずいぶん浸水した家屋があった。
中目黒の僕の実家(今は再開発を待つために誰も住んでいないが)は目黒川のすぐ川っぷち、橋のたもとにあって、今はもうずいぶん対策がなされていて、大雨が降ってもまず大丈夫だが、昔はよく被害があった。
最後に被害があったのは..もう、25~26年前かな?完全に床上に浸水しちゃって、かなりたいへんな被害であった。
だもんで、大雨で川が溢れる(東京の場合はそのほとんどが下水道がパンクして溢れるのであって、川から溢れて来るってのとはちょっと違うが)っていうのにはある種の慣れみたいなもんがあって、そういうことに慣れてない人ほど慌てたりすることはないのだが、一昨日はひさしぶりに「こりゃ、けっこうヤバいかな?」なんて思うほどの降りだった。
まぁ、地形的に見て、下の方が溢れても自分がいるあたりはすぐには被害が出ないだろう(でも、あのままもう何時間か降り続いたら、きっとマンホールのフタが飛ぶとかして下水が溢れ出したと思うが)って思ってはいたけど、それにしても凄い降りだった。
それにしてもこのごろは夕立ちにしろなんにしろ異常なくらいまとめて降ったりするね。
こういうところも昔とはずいぶん違う感じ。これも地球の環境が変わって来てることのひとつなのかな?
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-140.html

最近気になってるもの3 (2005/09/05/11:45)


あー、気になってるものが自転車ばかりですが..(笑)
これは同じ自転車置き場にいつも停まってる白いのと非常に良く似た感じのもう一台。
白いのはハンドルだけが畳まるタイプみたいだけど、こっちはフレームも畳まるいわゆる折り畳み自転車ですな。
白いのの婦女子はわりと不規則な感じで出たり入ったりしてて、わりあい置いてある時間が多いけど、こっちのの婦女子(あ、これもオーナーは婦女子なんですな)はかなり規則的に毎日昼前くらいに乗ってどっかに出かけて行くわけで..って、別にストーキングしてるわけでもないのだが(笑)
最近(てわけでもないの?)って、こういうのって流行ってるみたいだけど(白いののとこでちょこっと書いたけど)僕はなんとなくこの手の小径自転車、とくに折り畳みの自転車ってのが好きではないのである。
まー、折り畳み自転車そのものを否定してるわけでもなんでもないのだが「普段の足にしてる自転車が折り畳みである必要がどこにあるのか?」なんて、大きなお世話なこと思っちゃうわけで(笑)
しかも停めておく場所がなくて「家の中に入れるのに小さくなった方がいいから」ってな話しならわかるが、たいがいはこんな風に(ここみたいに停めておける場所があるわけでもなく、けっこう路上な感じのところにある場合でも)普通の自転車といっしょに停めてあるんなら別に畳める必要ないじゃん?なんて。
関係ないけど、わが家のオリーブ号なんか畳めもしないのに部屋ん中に入ってるぞ(笑)
それに自転車でもオートバイでも身体のサイズとの折り合いがつけば、小さいより大きい方が絶対に(?)走安性がいいはず(とくに自転車だとサドルとかハンドル位置は普通のと同じくらい高くなるんで、バランス悪い感じするし)だし「小さくて小回りが効く」ってのもわからないでもないけど、そもそも自転車って(オートバイならいざ知らず)そんなに小回りが効かないほど大きなものでもないじゃない?
てなわけで、世間でなんでこんなにも小径、小径って言って流行ってんのかぜんぜん理解できないんである。
..と、まぁ、そんなことはどうでもいいんだけど(笑)そういうこととは関係なく、この赤いヤツみたいに毎日ほんとに足となって使われていて、しかもわりときれいに乗られているのって、なんかいい感じである。
なんせここも同じだけど、世の中のこういった感じの自転車置き場のどこを見ても「乗んないんなら誰かに譲るとか、捨てるとか、どっかにリサイクルするとかした方がいいんじゃないの?」なんて思っちゃうほど朽ち果てかけた自転車や、ピカピカだけどいつ乗ってんのかわかんないような自転車だらけでしょ?
だいたい僕は車でもオートバイでもそうだけど、乗んないのにただ持ってるような無駄に贅沢な道具ってのがかなり嫌いなんである。
もう、ほんと、とくに車とかオートバイなんて、生活の上で必要ないのに所有されてる車両にはそうじゃないヤツの倍くらいの税金かけるとかしちゃえばいいのに..なんて思っちゃうくらいである。
オートバイ乗ってるときなんかとくにそう思ってたな。とくにハーレーなんかさ、本来の使い方(みなさんわかってはいらっしゃるとは思うんだが、これって「移動するための道具」なわけで)されてるようなのは日本にはほとんどないんじゃない?なんたって車検から車検までに10000kmも乗んないようなおバカな使い方(?)されてるのがほとんどでしょ(哀)
そもそもね「乗る暇がない」なんてのは「それを持つ必要がない」ってことだし「楽しむ暇がない」なんてのはもう「分相応でない」ってことなのよ。
車なんか年に何度も乗らないのにただ持ってるようなのが無駄にスペース使ってるから保管する駐車場とかも不足しちゃうわけで、そういう風にたまにしか乗んないけど、でもたまに必要になる人には今よりもっと気軽に使えるような金額でレンタカーが借りられるように国だか地方自治体だかが援助するとかさ。
買う方も買う方(ヘンテコな一億総中流意識みたいな)だけど、売る方も売る方だよな。売ればいいってもんじゃないでしょ? ..なんて、かなり話しがつまらない方に逸れちゃったけど(笑)

まー、アレである。こういう必要があってそこにあって、それなりにきちんと手入れされている道具ってのはいいなぁ..って。そう思うんである。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-139.html

最近気になってるもの2 (2005/09/05/10:29)


毎日通ってる北新宿の某事務所の建物の入り口脇の自転車置き場(になってしまっている通路)である。
で、いつもそのいちばん奥に置かれている自転車である。
うーん、僕はこの手の自転車(っていうか自転車の車種?全般に)にはぜんぜん詳しくないのだが、なんとなくPEUGEOTのColibriってヤツに似てるな?そうなのかな?(フレームには「erotic」なんて書いてあるけど)
サドルまで真っ白できれいに乗られていて、僕はこの手の小径車(ミニベロって言うの?)って、いろいろ思うところもあって、あんまり好きじゃないんだが、これはわりといい感じね。
で、実はこの自転車が気になるというよりは、この自転車の持ち主がかなり気になるんである。
何が気になるのかというと..これ、この建物の2F(上はマンションなんだね)に住んでいらっしゃる若い婦女子(婦女子だから気になってるわけなんかではけしてなく)のものなんであるが、写真を見てわかる(?)ようにサドルが目一杯低くなっているんである。
この婦女子、華奢ではあるが、けして特別背が低いわけでもなく、まぁ、一般的な婦女子としてはごくごく普通の背丈である。
で、乗って行くところを見ると漕ぐのに膝がほぼ90度(以下か?)に曲がって(まるでめちゃめちゃローダウンしたハーレーのディガーみたいなポジションである)伸びることがなくて非常に乗りづらそうである。
なおかつ(写真が小さくてわかりづらいが)フロントに付けたカゴがなんとハンドルの内側(つまり自分の側ね)に付けられているのである。
で、当然のごとく膝と干渉するので、ガニ又に膝を開かなくては乗れないのである。
走り去って(というほどのスピードで走って行くわけではないのだが)行く後ろ姿はまさにタラ~リと走るオヤジの自転車である(爆)
んー..この婦女子ったらルックス的にもわりあいカワイ子ちゃんだし、ちゃんとサドルを上げて、スっとした感じで行けば、かなりアレだと思うんだが..。
いったい何が悲しくて(?)こんな調子になっているのやら..って、まぁ、かなりおおきなお世話な話しではあるんでしょうが(笑)
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-138.html

最近気になってるもの1 (2005/09/02/13:59)


てか、これは最近急にってわけじゃなくて、もうずいぶん前に気がついていて、ずっと気になってんだけど。
家のすぐ近くのアパート(マンション?)脇にいつも停まってる昔の少年自転車である。
’70sに少年たちを魅了したスポーツ(?)車ですな。
うーん、当時流行ったフラッシャー類は付いてない(外した?)し、おそらくセミドロップであったはずのハンドルも普通っぽいママチャリのアップハンドルに換装されてるけど、オートマ車のシフトノブみたいなシフトレバーは健在である。
僕が大昔乗ってた払い下げセミオーダー車もシフトレバーはこんなのを付けてたな。
で、最初見つけた(ってほどコッソリ置いてあるわけじゃないんだけど)ときは放置してあるのかと思ったんだけど、毎日見てたらときどき置いてないときもあったりするし、微妙に場所がズレてたりするしで、どうやらこのマシンたらここいらのどっかのオトーサン(これ、けしてそのオトーサンの息子とかじゃなくて、オトーサン本人て気がするのね)が今でも現役で乗ってらっしゃるようではあるのね。
たしかにだいぶ痛んでいるし、汚れてもいるんだが、放置自転車にしては要な部分はちゃんとしてそうだし、汚れにしてもいかにも使っていて汚れてるって感じで、けしてほったらかされて埃が積ってるって感じじゃないし。
いやー、こういうのいいね。僕は古いカブとかオートバイとかのきれいじゃないけど、それなりに整備されて、いかにもまだまだ現役ですって感じのヤツがかなり好きなんだけど(あ、ギターとかもね)これもそういった感じでね。
しかもこの(写真が小さくてわかりにくいかもだけど)黒メッキの鉄製(けしてステンなんかじゃなく)アップハンドルなんか付けちゃってる無造作なセンス(おそらく手近にあったママチャリかなんかから移植したんであろうけど)がね。
かなり好きだったりしちゃうんである。
The Yellow Song Star
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-137.html

me&ROADMASTER(0030) (2005/09/01/20:56)
まだまだ暑いけど、夕方や朝は少し涼しい感じになって来たかな?
夏休みももうそろそろ(とっくに?)終わりかな?どうしてますか?
来週月曜日は稲生座です。

9/5(月)稲生座/高円寺03-3336-4480 20:00~¥1500+drink

稲生座
The Yellow Song Star
カテゴリー:スケジュール / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-136.html

me&ROADMASTER
© kinta 2005. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.