me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
月別ログ_2013年11月分
スポンサーサイト (--/--/--/--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/?overture" target="_new

そしてまた一方で (2013/11/07/13:38)
もう10年くらい(あるいはもっと?)も会ってなかっただろうか?
はじめて会ってころ、まだ二十歳そこそこの女の子だった彼女ももう四十が間近だそうだ。
しばらく見ないうちにずいぶん大人っぽくなって、でもあのころの少しはにかんだ表情はそのままに。
いやはや、時というのはほんとにあっと言う間だね。
そして今あのころの彼女と同じくらいの某ガールはもう少しで卒業して、また新しいはじまりに。
今からまた20年もして彼女もまた今よりずっと大人になるころ、僕はまたその彼女に会えるだろうか?
あるいはまだ(今ほどではないにせよ)元気で、彼女相手につまらないヨタ話しをしていられるだろうか?、、と。

rmkalimba on Twitter
facebook
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-869.html

大地と風の歌 (2013/11/06/19:46)
11/4(祝)高円寺稲生座にて。
ひさしぶりにソンコマージュ氏と。
ソンコマージュ氏といえば僕がギターを抱えてあちこち歌いはじめた70年代の中ごろ、すでにその筋ではビッグネームだったクラシック/フォルクローレのギタリスト/シンガーである。
そして僕はあのころそのソンコマージュ氏やフォルクローレなるものに少しだけ興味があって、あちこちいろいろ調べたりしたものだ。
で、後に、、それから数年して、僕は稲生座で彼と知り合うが、彼はもう78才になる今もまだあのころと同じようにギターを弾き、そして歌う。それも朗々と。
たぶん僕は彼から見たらまだほんの子供みたいなもんだろう。
あー、いや、スキンヘッド具合を見比べて(笑)彼は僕のことを「先輩」なんて呼ぶが、それはそれとして。
彼の歌は大地とそこに吹く風の歌だ。
僕はあの年になってもまだ歌っているだろうか?
あるいはあんなふうに歌えるようになっているだろうか?
さて、、果たして、、。

rmkalimba on Twitter
facebook
カテゴリー:ライブ / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-868.html

me&ROADMASTER
© kinta 2013. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。