FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
(覚書)YAMAHAあるいは国産生ギターのナットの件 (2018/09/22/01:57)
これはずいぶん以前から漠然と思っていることなんだけれど、、古い(あるいは今も?)国産生ギター、とくにYAMAHAのナットというか弦位置というか、、が、ずいぶん中寄りというか、6弦(もちろん1弦もだけど)がフィンガーボードの端から遠くて、すごく弾きにくく感じる、、という話しで、ときどきFBなんかにも書いたりもしてたんだけど、なんでこんなことになってんだろう?とか、あるいはこんなこと思うのは自分だけなのか?とか。
2018092200504044e.jpg
で、これは普段使っているGibson LG0(左)と家でポロポロやってるKalamazoo。
ご覧のように6弦はけっこう端にギリギリで、僕としてはこのくらいが普通だとどっかで思っていたりして。
というのも僕は普段から6弦を親指で押さえることが多くて、むしろこのくらいじゃないとわりあい手が小さい僕はかなり弾きにくいわけで。
そうそう、わりあい最近YouTubeだかで観たノーマンブレイクのインタビューだかで、彼は親指で押さえやすいように6弦を通常よりさらに少しだけ外になるようにして、さらに6弦の弦高も少し低く直しているなんてことを言ってたのを聞いて、あー、そうそう、なんてひどく頷いたりもして。
201809220050356b6.jpg
で、これは左からYAMAHA赤ラベルFG-150、FG-110、グリーンラベルFG-130のもの。
FG-150だけナットが不良だったので、交換するついでに少しだけ外に寄せてあるけど、他の2本はオリジナルのまま。
さっきのLG0とKalamazooと見比べると明らかに(て、わかりにくいかもだけど)中に寄っている。
この3本はまだこの手のギターを本格的に作りはじめてそれほど間もないころだし、もしかしたらクラシックギターと同じ(クラシックギターはそれほどたくさんさわってないからあれだけど、全般にそれほど外寄りではない気がする)ように考えてたのかな?とか、ほら、親指で押さえるなんてことを想定していなかったのかな?とか。
201809220050386fb.jpg201809220050377af.jpg
(左からStella/Harmony、Silvertone、Jumbo J-25、Morris W-15)
でもね、、左の2本はアメリカ製なんであれだけど、JumboとMorrisは上のFGとそれほど変わらない年代のものだけど、そんなにはっきりとではないにしてもFGに比べるとやはり外に寄っているわけで、このへんはたんなる僕の思い込みでもなくて、やっぱりYAMAHAは全般に中寄りなんだなと。
普段からこのくらい(70~80年代くらい)のものが多くて、今のものはほとんどいじらないので、今はどうなってるのかよくわかんないんだけど、たとえばYAMAHAのギターがとくに好きじゃないってわけじゃないけど、以前から音以前に弾きにくいんだよな、、なんて思うことが多くて、でもそれはネックの形状(これも漠然と思うことがあるんだけど、それはまたいずれ、、)が好きじゃないのかな?と思ってたんだけど、ここんとここのナットっていうか弦の位置っていうか、、を考えてたら、あー、そうか、これがその理由だったんだな、、ていうか、ということはわりと最近のもわりあいこういう感じなのかなとか。
だってね、普段使ってるLG0はかなりネックが細い部類だけど、Stella/Harmonyなんかはかなり太いのにそんなに嫌じゃないっていうかね。

てかね、だからどうした、、って話しだけど、このへんのところはどうなんですか?みたいなね。
YAMAHAとかのエラい人とかに知り合いがいるわけじゃないからあれだけど、いたら是非聞いてみたいなー、、とかね。いや、純粋な疑問として。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1027.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/1027-e2593443


me&ROADMASTER
© kinta 2018. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.