me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
Roadster製作?しちゃうのか? (2005/06/17/22:45)


こないだメールでいろいろと問い合わせたらずいぶん親切な返事をくれた、要町の「ピエ東京店」の臨時休業(6/6~16までお休みだったのだ)が明けて、幸運なことに昨日まで降っていた雨が上がったので、午後にちょこっと行って来た。
ここはもともとは茨城県古河市にあって、今はなき丸紅山口自転車の専属工場で、フレームの製造が専門らしいが、アンテナショップ的にこっちに小さな店(ほんとに小さな店である)を出してるらしい。
だもんで、ここではほとんどの作業はできなくて、作業は古河市の工房でやるそうだが。
こういう職人さんのお店ってのは販売店と違って、派手というか見栄えのいいディスプレイみたいなもんもないし(ここはほんとにそういうものが何もない。ただ製作途中のものが少しと、展示、試乗用?の完成車が少し、ただ置いてあるだけである)なんとなく入りにくいというか声をかけにくいもんなんだけどね。
それにここんとこいろんな調べたいことがあって、あちこちのショップなどにメールで問い合わせなんかしてみてたんだけど(多くは販売を主体としたショップではなく、マニアックなレストアとか修理とかをする職人さんだが)ほんとにどうかと思うようなひどい対応をしてくれちゃうところも多かったもんで、ちょっと二の足を踏んでるところもあったんだけど。
でもこのピエさんは、ぜんぜんそんなことなくて、僕のまったく失礼かも知れない質問にも快く答えてくれたし、実に感じがよかった。
何しろ『ピエさんのオリジナルのフレームに今使ってる自転車の使えるところを移植しつつ一台作るなんてことも可能?』みたいなかなり商売になりそうもない問いにも「うちは元来フレーム屋ですからね。それを使ってやれることならなんでも」みたいなことをおっしゃって、僕のもしかしたらお門違い(僕って、こういうことを考えるのにやっぱりオートバイの改造とかそういう知識や経験が先にあるし、しかも自転車のことはまだよくわからないし)かも知れない質問にも親切に答えてくれて。
..で、僕もすっかりその気になって(笑)必要なパーツを考えつつだいたいの見積りなんかをしてもらうようにお願いなんかしちゃって帰って来たのである。
あー..しかし、先立つものがけっこう不安ていうかかなり無理があったりもしちゃいそうなんだが(汗)

あ、それで、写真はそれとはあんまり関係ないんだが(笑)
今の自転車、カゴやキャリヤを取っ払っちゃったもんで、ほんのちょっとも荷物が乗らなくて(バッグとか持てばいいわけだけど)ほんのちょっとだけ不便になっちゃってて「なんか適当な大きさのサドルバッグが欲しいなぁ」なんて思ってて、でも市販のヤツって、なんかほんとに工具くらいしか入んない大きさか、さもなければクラシックな感じでかなり大型&お値段もベラボーに高いもんばっかなのね(汗)
しかも(クラシックな感じのはそうでもないけど)デザインもなんかハイテクな感じのばっかで..ね。
で、昔ハーレーとかでもやってたのを思い出して「サープラスショップとかで売ってたりするヘンテコ(?)なバッグをくっつけちゃえばいいじゃん?」なんて思って、中野のブロードウェイの中にあるサープラスショップで見つけて買ったバッグである。
しかし..バッグとしては手頃な大きさだったのだが、いかんせんサドル下にこんなもんを付けるスペースがなかったりもして(汗)
ようするに市販のあの工具くらいしか入んない大きさってのは正しい大きさなわけですね..でも「じゃーフロントに付けちゃえばいっか?」ってな感じで、とりあえず家に転がってた短いゴムバンド(フックが付いてる荷物なんか縛るヤツですね)で引っ掛けてくっつければいいやってなことで。

これ、ほんとはショルダーバッグなわけで..「フランス軍ショルダーバッグ」だそうです。
お値段¥2400也。
ピエ
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-105.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/105-a4cc4591


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.