FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
ピック傷 (2019/05/28/15:47)
2019052815421228b.jpg20190528154223624.jpg2019052815422289d.jpg
写真は普段使っているLG0のサウンドホール周りのもの。
たぶんこのギターを使いはじめたのは2000年を少し過ぎたくらいからだった(その前にもアジャスタプルサドルのモデルを少しの間使っていたが)と思うので、もう15~20年近く(このギター自体ははたぶん'67年くらいのものなので、それを考えるともう50年を越えているわけだけど)使っているわりにはあんまりひどい傷はついてないな、、と。
これの前に使っていた'76年のJ-50(スクエアショルダー)は新品から23年くらい使ったけど、もっと深い傷かついていたように記憶してるけど、それを考えるとあのころより弾き方かだいぶソフトになったのかな?とか。
いや、ガチャガチャと弾くのは少しも変わってはいないのだけれど。
普段いろんな中古ギターをいじるけど、これに比べたらもっと新しいもの(が多いけど)でももっとはっり、明らかにピックで引っ掻いた傷が、しかも上も下もかなり広くついているものが多くて、中にはピックガードのないガットギターにもはっりついているものもあって、あー、自分はかなりピックが深い(というか、写真の上側に一本ある長い傷は手元に来たときにすでにあったし、下側もピックで弾くときよりむしろピックを持たずにガチャガチャやってるときに爪が当たってる感があるのだけれど)と思っていたけど、こうして見ると世間の人ほど深くないのかな?とかも。
いや、たしかにJ-50のころはもっと深くピックが当たっていた感じもするし、あー、あのころは今より固いピック(鼈甲とか)を使っていたし、今は薄くはないけどナイロン製のもの(ダンロップの1mmナイロン)を使っているんで、そのへんも関係があるのかな?、、そう、あのころは弦もミディアムゲージ(今はエクストラライト)とかで、ドシャンドシャンやってたしな、、と。
てか、ここにつく傷がどうだといいとか悪いとか、そんな話しじないけれど、長く使うとたぶん人によってはっきりと個性が出るよなぁ、、と。
で、どうなんだろう?自分の周りにはひとつの楽器を長く使う人も多いけど、今の若い人たちはどうなのかな?とか。
普段ときどき会う若い人たちのギターはみなまだピカピカに見える(若いんだから当たり前か)けど、彼らはそれをどのくらい使うんだろうか?なんて、どーでもいいような話しなんではあるけれど。



R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram


スポンサーサイト
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1061.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/1061-629b4b20