FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
大きな公園の前 (2020/01/23/21:30)

志茂と神谷の境目のこの場所に店を開いた最初のころ、まだ表に古着だのを出していたころ。
もうあたりが暗くなるころに「あたしなんかでも着られるのがあるかしら」と入って来た声の震えるおばあさんがいた。
「こんなかわいらしいのはダメよねえ、、」なんて言うから、いやいや、明るい感じでいいじゃないですかと言うと「そお?そかしらねえ、、そうねえ、そうよねえ」とそれを含めて2~3着買って行って、それからもときどき(というか2~3ヶ月に一度くらいかな)寄ってくれて、ちょこちょこ買ってくれたり、あれこれ世間話ししたり。
「この道は昔石炭を運ぶ列車の線路だったのよ」とか、すぐ目の前の団地に住んでいたけど、古くなって建て直すんで、今は新しいのができるのを待っているけど「あたしがそれまでもつかしら」なんて言って笑ったり、それができてまた引っ越して「なんとか間に合いました」とか、ご主人はもうずいぶん前になくなって「娘は富山にお嫁にいっちゃって、今はあたし一人。でも月に一度くらいは様子を見にきてくれるの」とか、そしてその娘さんを連れて来て、一緒に買い物をして行ってくれたり。
去年の秋っていうか、まだ少し暑いくらいのころ娘さんとやって来て、Tシャツだのネルシャツだのスウェットだのわさわさ買って行ってくれて、引っ越す前にもう一度くらい会えるかな、、会えるといいな、、と思っていたけど、、あれきりになっちゃった。
たぶん娘さんは僕と同じくらいの年だけど、おばあさんは僕の母よりまだだいぶ若いくらいだったはず。
ちょっと声がふるえちゃうけど、明るくよくしゃべるおばあさんだった。
もう一度会って、挨拶ができたらいいな、、と思っていたんだけど、、それがとても心残り。

他にもやはり最初のころに仕事のついでにひょっこり寄って、それからやっぱり2~3ヶ月に一度くらいなんとなく寄ってくれて、あれこれ世間話しなんかしたイオンに食品関係の営業の仕事で来るという「オヤジバンドのドラマー」だという僕と同じくらいの年配の男性や、赤羽駅方面の老人ホームで働いていて、通勤の行き帰りなどにちょくちょく寄ってくれて、Tシャツだのちょこちょこ買ってってくれた、奥さんも看護師で小さな子供がいるという介護師の青年や、最初の年に「若いときに少し弾いてたけどまたやろうかな」とモーリスのWを買ってくれて、ときどき飲み物を差し入れに持って来てくれて「うん、弾いてるよ。だんだん戻ってくるよ」と言っていた、たぶん今年81になるはずだけど「身体が元気なうちは働くよ」と言って、今は朝に掃除の仕事をしてたH氏や、やはり最初の年に「楽器ははじめて」といいながらウクレレを買って、YouTubeを観ながら独学で練習(彼は左利きで、買ってくれたときにナットをセッティングし直してレフティに改造したので、逆さまのコード表を自分で作って)して、メキメキ上達して、ときどき成果を見せに来てくれていた、たぶん70代のM氏や、そうそう、陽気のいいときには週に2~3日、ちょくちょく寄ってCDを選びながらあれこれ雑談(彼は若い頃から音楽全般のファンで、ずいぶんいろいろと詳しかった)夏にはトコロテンなんか差し入れてくれたりして、家でゴロゴロしてると奥さんに「今日はギター屋さんに行かないの?」とか言われちゃうんだよ。と笑っていた、たぶん70代後半くらいのご老人も、、。

最初からいろいろと世話になったお隣の寿司屋さんや、そのお隣のラーメン屋さんご夫妻にはもちろん挨拶できたし、最近は産休で店が開いてなかったけど、偶然会えた斜向かいのマフィン屋さん一家とそのお父さんである巨匠(と、僕は呼んでいる。彼は工業デザインをやっていた人で、自宅に小さな工房を持って今もいろいろなものを作っている)にも挨拶ができた。
でも片付けているときにたまたま通りかかって寄ってくれたり、SNSなんかを見ていてくれて、間際に駆け込みで来店してくれたお客さんには移転を伝えることができたけど、そういうものを使っていない人も多かったので、年末から約一ヶ月、昨日最後の片付けが終わるまでシャッターの横に張り紙をしておいたけど、果たして彼らはあれに気づいてくれただろうか?
メールアドレス等がわかっている人には連絡もできるが、そのほとんどは名前も名乗り合わず、ただそのときを過ごした人たちばかりで、お礼もできず、連絡することもかなわない。それがとても残念で心残り。

たったの4年半ではあるけれど、されど4年半。いろいろなことがあった。それもこれもこれで一度リセット。
そして今度はまたここでも新しい出会いがあるだろうか?
前よりさらに目立たなくなっているこの新しい場所で、どんなはじまりがあるだろう?
もちろん志茂での繋がりがこちらにも繋がっていることもすでにあるにはあるが、、さて、、。

R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト



カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1084.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/1084-be888712