FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
毎月10日は藤華の日 (2020/06/15/16:20)
、、なんて、ダジャレそのもの(笑)の看板を出して、毎月10日はラーメンとワンタンが250円!の他トッピング(この日だけで普段はトッピングはなし)に味玉だのコーンだの餅(!)だの各100円(あ、チャーシューだけ300円だったかな?)でオール乗せのスペシャルが750円なんて乱暴なサービスがある住宅街の端(このあたりは昔は商店街だったらしいが)にある街の中華食堂ではある。
こっちに引っ越して来てからしはらくして見つけて、それからほとんど毎日お世話になってるわけで。
まー、ほとんど昼前っていうか、混みはじめる前、開店直後の11時過ぎころに行くんで、まだお客は誰もいなくて僕ひとりなことが多いのと(たぶん)あんまり毎日のように行くもんで、なんとなく食後にコーヒー(インスタント)なんか出て来るようになっちゃって、おとーさんとちょこちょこ世間話しなんかするようにもなっちゃって、、「仕事してないの?」とか(爆)まー、してないようなもんですけどね、、とか。
で、いろいろ話しを聞いてたら、どうやらここは昭和32年(!)開店らしくて、おとーさんが24才のときに3万円の手付けだけを払ってはじめたんだと。
当時おとーさんは学校教材やら楽器やらを扱う卸問屋みたいな会社に勤めてて、どっかの中華屋の二階のアパートに住んでて、まだそのころはテレビなんか持ってないのが普通だったけど、下の店にはテレビがあったんで、毎日飯がてら観に行ってたんだけど、あんまりずっと観てるのもなんだから洗いもんだのなんだの手伝ったりしてるうちになんとなく仕事を覚えちゃって、それで自分の店を出そうと思ったんだそうで、当時の給料5万円から3万円の手付を打ってここを押さえたのはいいけど、残りの金をどうしようか、、と思いながら現地の人通りだの視察しながら3日くらい毎日橋の上(今は暗渠になってるけど、当時は川が流れてて、ちょうど前に橋があったそうで)で眺めてたら、大家さんが「どうした?手付け入れたんだし早く店にして開ければいいじゃないか」と言うもんで、思いきって正直に話しをして、田舎に帰って兄貴に金を借りて来るから少し待ってくれと頼んだら「そんなもんはとっとと店開けて、儲けてから払えばいい」なんて言って、店の内装だのなんだの全部大屋さんがやってくれて開店したんだそうだ。
で、当時ラーメンは一杯30円だったらしいけど、そのころこのへんには小さなアパートがいっぱいあって、新宿の飲み屋だのに勤めてるおねーさん方がたくさん住んでて、当時はそういう店は23時までしかできなくて、終電付近でそのおねーさん方がみんな帰ってきて、晩飯食いに寄って帰ったんで、その30円のラーメンが飛ぶように売れて、そりゃもう忙しかったんだそうで、借金もすぐに返して、お礼に大屋さん夫婦をどっかに旅行にも連れて行ったんだそうだ。
で、その後、今の建物が改築されるときにでき上がるまで向かい側に移ったりしたけど、大屋さんがここの土地と建物を買い取ってくれないか?と言うんで、並びにあったアパートなんかと一緒に買い取ったりして、現在に至る、、というわけで。
てかさ、今とは時代がだいぶ違うとはいうものの、そんな思いつき(?)で金もないのに手付けだけ打ってしまうおとーさんもおとーさんだが、見ず知らずの24才の若者相手に取れるかどうかもわかんないのに内装までやってくれちゃう大家さんもずいぶん乱暴な人だな(笑)とか。まー、今じゃとても考えられないけど、そんな時代でもあったんだなーと。
で、ここはそれからもう63年もやってて、つまりは僕が生まれる前の年からで、おとーさんもう87なわけで(汗)
なんでもおとーさんは9人兄弟の5番目で、上から4人はもう亡くなったけど、みんな90代まで生きたらしく「なんでだろうね?うちはみんな長く生きて困っちゃうのよ」「おれもどっこも具合悪いとこないし、歯も全部まだ自分の歯だしさ」「あー、でも最近は頭の具合がおかしいけどさ」なんて。
じゃー、とりあえず90までは店やっといて下さいよ。もう3年だし、ぜんぜんイケそうじゃないですか。と言ったら「いやー、90までは生きないだろ」なんて、他人事みたいに(笑)

R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト



カテゴリー:食堂 / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1100.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/1100-8b0140ce