FC2ブログ
me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
ヤマハFG黒ラベル三本 (2020/08/03/22:33)

某H氏から持ち込まれた200J二本と150F。かなり使い込まれた感のある三本。
赤ラベルの後、グリーンラベル→黒ラベルと両方合わせても3年(グリーン'72/6月~'74/7月、黒'74/7月~'75/11月)という短い期間、ちょうどヤマハFG初期の過渡期(だと僕は勝手に思っている)に作られたモデル。
この後、オレンジ→ベージュと変わりながら80年代後半にはLシリーズなどがラインナップされて、一部を除いてFGシリーズは高級機種は作られなくなるわけで、、。
オレンジ、ベージュモデルは初期FGとしては一度完成した(と勝手に思っている)感じだけど、このころになるともう赤ラベルからの雰囲気はほぼない(のが悪いわけではないが)が、黒モデルはまだそのへんがだいぶ色濃く残っているように思う。

そうえいば、僕はたぶん'74年くらいからちょこちょこ人前に立って歌ったりするようになって、ちょうどグリーン、黒のころと重なるんだけど、そのころはFGにはぜんぜん興味がないっていうか、気づいてさえいなかった。
たぶんあのころはなんだかわかんない(てほどひどいもんじゃなかったけど)そのへんの楽器屋、あるいは質屋みたいなところにぶら下がってて、数千円で売ってたようなのを使ってたし、そういうのをよしとしてたみたいなとこがあったりもして。
で、まだ今ほどそういった知り合いも少なかったってのもあるだろうけど、周りにもヤマハを使ってる人がいなかったように思う。
あ、そういえば、少し後に知り合った少し上の人たちの中ではこのヘッドの形が変わったグリーン、黒のモデルはあんまり人気がなかったのを覚えてる。広がってるのはよかった、、とか、先細りになってよくなくなった、、とかね。
まー、そのスジで密かに有名?だった、とあるFGファンの作った小冊子が一人歩きして、ヤマハ赤ラベル神話みたいなものができあがってしまうのはまだだいぶ後のことではあるけれど、、。
で、そんな感じだったんでヤマハに目が行かなかった、、というわけでもなく、2~3年そんなこんなしてるうちに'77年くらいかな?少しはまともなギターを買おうと思って楽器屋へ行ってわりと安い方から順に見て行って、、10万円台なあたりになって、ちょこっと先を見たら、ちょうどそのころ値上げしていたギブソンJ-45/50デラックス(スクエアショルダーになったやつ)が値上げ前の値段据え置きになってたんで、あー、あんまり変わんないじゃんじゃー、これにしちゃえ。これ下さい。なんて調子で買っちゃって、以来ずっと(そのJ-50は壊しちゃったけど)以来概ねずっとギブソンだもんで、、。

そんなこんなで、今みたいなことをはじめてから改めて国産ギターもあれこれいじるようになったんだけど、正直言ってヤマハはあんまり好きになれなかった。
ていうのは、まー、たくさん売れてるからタマも多いし、よく手元にも来るんだけど、海外(のもけっこうやってた。今はそうでもないけど)から来るのはそうでもないんだけど、国内のはとくに赤ラベルなんかはたいして弾かずにしまわれて、ほとんど壊れた状態なのが多かったってのもあるし、いいギターなんだけど、やっぱりなんとなくまだ完成していない感があって、世間で言われていることとのギャップっていうか、なんていうか、、不信感(てのとはちょっと違うな、、)みたいなものがあって、、あ、それとは違うけど、黒ラベルは「重い」って印象が強くて、とくに好きになれなかったの。
ていうかね、このあたりから急に重くなるでしょ?これってどうだったのかな?当時世間的な評判とか、、そのへん話題になったりしなかったのかな?みたいな。
で、そんなわけで、赤やグリーン、飛んでもっと新しいのなんかはけっこういじって来たけど、黒は毛嫌いしてたみたいなとこがあったんだけど、年月を経て、もっといろいろあれこれして、今また改めて手にしてみると、まー、そんなに重くもなかったかな(笑)とか。
で、今回の三本。どれもかなり使われていたようで、それなりにだいぶ痛んでいるが、肝心なところは健在で、あちこちあれこれして、たぶんまだまだじゅうぶん。
こうして見てみると、太い弦を張れるようにした(と言われている)グリーンとパっと見にはほとんど何も変わってないようなルックスだが、太くなって握りにくくなったネックもなんとなく握りやすくなってるし、先細りにしてナット付近のテンションを弱めようとしたヘッドもよく見ると微妙にシェイプが変わって、すっきりしただけでなく、ヘッド角も微妙にいじってあるようだし、あちこち微妙に改良されて、抱えた感じは明らかに違う。
赤→グリーンと発展して、この後オレンジ、ベージュとひとつの完成を経て、その先に繋がって行くわけだけど、初期のヤマハFGとしての完成はむしろこの黒にあるように思えて来る。

それなり使い込まれて、それなりに痛んだルックスにはなんとなく貫禄というか風格みたいなもんがある。
こんなギターを持って、道端に座ってるやつがいたら、少しだけ立ち止まって、どんな歌を歌うのか聴いてみたくなるかも知れないな、、なんて。

R.M.kalimba/craft&junk BASE Shop
rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
スポンサーサイト



カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-1104.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/1104-0ec39caf