me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
まったく最近の若いもんは.. (2005/09/19/00:27)
なんて言い方をするように自分がなるなんて昔は考えもしなかったが(苦笑)っていうか、そんなことを言うようになったってことは僕もだいぶ年をとっちゃったんだな..なんて(哀)
たとえばっていうかなんていうか..バンド<とかやってて、いかにも「音楽やってます」みたいな風体で、しかもけっこう誰にでも自分からそういうこと言うような輩がね。
たとえばバイトみたいなことするでしょ?でも、そんなこんなで、夜とか遅かったり(って、別にそれをやってるから絶対そうとは言えないわけなんだけど)不規則な暮らししてたりするもんだから寝坊して遅刻したり、けっこう体調悪くしたり(って、これもアレでしょ?悪いって思ってるだけで、ほんとのとこはただ「カッタルイ」だけなはずなんだけど)して、休んじゃったりね。
で、どっかで「おれは音楽やってるし、こっちはただのバイトだから」みたいのあるんだよね。絶対。
(もちろん自分だって昔はそういうのなくもなかったし、だから何言ってもほんとのところはそうだってわかるわけで)
だけどさ、アレでしょ?そういうふうにしても代わりがいるバイトだから許されてる(わけじゃなて、そう見えてるだけなんだけど)わけで、ほんとに音楽<やってて、それでギャラもらってたら、それこそそんなの絶対許されないじゃん?
たとえばギターなんかで(いや、別にベースでも歌でもいいわけなんだけど)どっかに呼ばれて、ギャラもらってたとして、でも、そんなこんなで、来たり来なかったりだったら、それこそ「そんなにすごいギターじゃなくてもいいから確実に来るギター」を呼んじゃおうってことになって、そんな来るのか来ないのかわかんないヤツなんて、どこにも呼ばれなくなっちゃうじゃないの。ねぇ?
つまりさ、同じなわけよ。音楽だろうが何だろうが。それがギャラが発生してる仕事だったらさ。
だいたいアレでしょ?体調を崩すったって、その日そこに行かなきゃなんないんなら体調が崩れていいわけないし、崩れるわけないのよ。そういうことは契約にないわけで。
サラリーマンだろうがミュージシャンだろうが、そりゃ具合が悪くて仕事できないのはその部分だけ見ればしょうがないけど、契約するにあたって「具合が悪くなって仕事ができないかも知れないけど、それはしょうがない」なんてのはあり得ないわけで。
そういうのって、ぜんぜんわかんないのかね?わかんないみたいだけどさ。
きっとライブとかするときもステージで言っちゃうんだよな、そういう輩は。
「昨日ちょっと寝てなくて」とか「風邪ひいちゃって今日はちょっと声が..」みたいなみっともないことを。
いやー、もうね、どんなにダメな生活しててもいいんだけどさ、ギャラが発生することに対してはもっとちゃんとしましょうよ。ってことでね。

だってさ、昨今じゃネコもシャクシも「アーティスト」なんて下らない呼び方されちゃって、いい気になってるみたいなんですけどね。音楽なんか人の前でやって、いくばくかの御祝儀もらってアレするなんてのはそんなかっこいいもんじゃなくて、ただ芸を見せてるだけなんだから。
ミュージシャンなんてね、そんなにたいそうなもんじゃないんですよ。
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:4
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-144.html


ん?? そうなのか?れーちゃんは老眼じゃないのか?
(きんた)
2005/09/26/06:13 | URL |(trip@-)
編集

ん? れーちゃんは老眼と関係ないんとちゃうん??
(みずの)
2005/09/26/01:44 | URL |(trip@-)
編集

あちゃ( ̄□ ̄;)!! やっぱ?そぉスか?
いやー、老眼率が高いのを考慮してなかったぞ(汗)
自分はなんとか平気なんではありますが..
(きんた)
2005/09/23/12:45 | URL |(trip@-)
編集

いいこと書いてある~
んだが、字がちいさい~
くー
(れーちゃん)
2005/09/23/11:58 | URL |(trip@mQop/nM.)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/144-49436851


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.