me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
11月の夜に大汗で一杯 (2005/11/27/15:52)


(KALAS)
昨夜は稲生座KALASカブトラブマニアのカップリング。
ともに大汗かいて歌う肉体派(?)である。
まずKALAS水野たかし氏をギター、トウゲをパーカッションに従えてステージに。
このKALASって歌い手は不思議な人である。
エンヤトットのリズムである。僕は本来こういう感じって好きじゃないんだが、彼の歌はかなり好きである。
新宿な感じである。何が?ってわけじゃないが、新宿って感じがする。
そしてきっとこの人は想いを歌にして歌う人なんだと思う。
そんなの当たり前じゃないかって言う人もいるかも知れないが、でもほんとにそうな人って、ほんとは何人いるんだろう?
少なくともこのKALASって人はそうなんだと思う。僕にはそう思える。
昨夜はふたり(一部エミちゃんのピアノも)を従えてやったことで、ほんの少しだけソフトケイトされて聴こえたが、でも最近彼にとって大切なゴールデン街の古い馴染みの店のママさんが亡くなったとかで、よりいっそう彼の想いみたいなものが聴こえて来るようなステージだった。
そしてお馴染みのカブトラブマニア
最近けっこうゲストメンバーを入れたりしてたが、昨夜は本来のトリオ。
理屈抜きにゴキゲンである。何がいいとか悪いとかじゃなく、ただゴキゲンである。
こういうふうにただ単純に聴いてる側を「わぁ!」って思わせてくれるバンドって、ほんとに少ないと思う。素敵である。
そしてカブトが最後に一曲、KALASの想いにつきあって「新宿」。
うん、素敵である。そんな夜であった。
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:6
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-191.html


あ、そうそう フィドル入ってましたよね。
あの感じ、かなり好きだったんですよぉ。
そっかぁ。かなり寄寓ですねぇ。
そのうちまた稲生座にも是非遊びに来て下さいよ。
(きんた)
2005/12/19/00:22 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

それは、驚きです
当時はフィドル、エレキバンジョー、ギター、
ドラム、ベースで僕以外はブルーグラスの人たち
ツービートって奥が深いって感じましたね。
ギターの人は今も稲生座でたまに、やるそうです。
(8man)
2005/12/19/00:13 | URL |(trip@-)
編集

fring ajan farmar's band?! あー!それ、きっと僕観たことありますよ!
わりと好きで飲みがてら観に行ったように思います。
10年くらい前って、僕かなり毎日のようにあそこにいたし(笑)
へぇー!!そうですかぁ。

あはは、いや、僕も当時ことってあんまり覚えてないんです(笑)
ずいぶん昔のことですもんねぇ。
(きんた)
2005/12/18/17:12 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

fring ajan farmar's bandと名乗っておりました

中3の時の記憶が曖昧なのですいません(笑)
こないだの同窓会でも「そうだっけー」みたいなのばっかです
その内、きんたさんのライヴ見に行きたいですね!
と言いつつ出不精なんだけど・・・
すんません


(8man)
2005/12/18/16:53 | URL |(trip@-)
編集

へー! そうですか。なんていうバンドだったんですか?
そうですね、僕が一年下ですね。
僕たしか2年のとき生徒会長だった(笑)んだけど、そのとき8manさん、3年生ですよね?
まぁ、遠い昔のことなんで、アレですが。
(きんた)
2005/12/17/18:10 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

稲生座 稲生座は僕も10年ほど前に月一ぐらいで
やってました。
懐かしいですね、
一度きんたさんのライヴ、見てみたいです
ん?
きんたさんて、僕の一年下なのかな?
二中での記憶がないのですが・・・
(8man)
2005/12/17/18:04 | URL |(trip@-)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/191-9c92b8ee


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.