me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
あのころのバイトの時給 (2005/12/03/14:36)
僕は普段あんまりマンガって読まない..っていうか最近のマンガって、なんでもかんでも何かと戦ってたりもして、しかもヘンテコにみんな力(?)とか持ってて、まるで現実味がないし、とくに少年誌のマンガはほとんどバカバカしくて見ないわけで。
別にマンガに対して何かを求めてるわけでもないので、そんなことどうでもいいのだが。
でも、もうちょっと高い年齢層に向けた(?)青年誌(っていうのかな?)はまだ面白いのもあるな。
で、マンガではないけどビッグコミックオリジナル誌の連載記事で「子から親へ/ずっと書きたかった私からの手紙」っていうのがあるんだけど、僕はこれがかなり好きで毎号(といっても僕が毎号買っているわけではなく、近所の喫茶店にあるんだが)楽しみにして読んでたりするんである。
そんでもって、こないだは女優の松居一代氏の話しだったんだけど、彼女が高校生のときに喫茶店でバイトしてて、時給が¥200だったりして、彼女は1957年生まれで、僕より一年早いわけだが、彼女は滋賀県の生まれで、東京と滋賀の物価の違いとかちょうど一年違うなんてこともあるだろうけど、僕が高校生のころにしばらくバイトしてた祐天寺駅前のラーメン屋の時給は¥300で、あー、そうか、同じころなんだなぁ..なんて。
まー、今じゃどんなことしたって¥800くらいだし、¥1000とかそれ以上なんてのもバブルのころほどじゃないけど普通にあるでしょ?
もうちょっと後の20代前半くらいのころでも一日8時間で、25日くらい働いても月に8万くらいがせいぜいで、なかなか二桁稼ぐなんてできなかったもんな。
まー、もちろん物価も今とはだいぶ違うわけだけど、それでも今に比べたら自分でアパート借りて暮らしたりするのって(アパートの家賃なんかそれほど安くもなかった気もするわけで)けっこうキツかったっていうか、こないだライアン氏のブログでもちょろりとそんな話しが出たが、あのころは若者はかなり貧乏ではあった。
なんたってバイトに行かなきゃ稼げないが、そのバイトに行く電車賃がない(爆)なんて、本末転倒なことにもたまになってたもんな。
まー、そんなことはいいんだけど、その「子から親へ/ずっと書きたかった私からの手紙」とかね、昔そういったのはもうだいぶ年上の人の書いたもんばっかりで、それが当たり前に思ってたけど、最近じゃなんとなく自分と同じくらいの年の人が書いてたりね、あー、そうなのか..それくらいの年になってんだな自分も..なんて..ね。
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:14
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-196.html


わー! それで1000円はかなり厳しいなぁ(汗)
あ、大日本印刷。あれは昔(今でも?)の定番ですよね。
考えてみるとけっこう割りが悪いんだけど、食い詰めてた若者はみんな一度は行ったことあるんじゃないかなぁ。
(きんた)
2005/12/07/14:59 | URL |(trip@-)
編集

お駄賃 一日中墓穴掘ったり、セメントこねたり、で1000円ですよ!
その後バンドの練習行ったって、指がうごきやしない!
カーウォッシュの楽だったことったら・・
あと五反田にある大日本印刷、知ってる人は良く知ってるとこ、飯付き夜12時間で5000円ぐらいだったかな?
(8man)
2005/12/07/14:29 | URL |(trip@-)
編集

800円すごいな 8manさんは僕と同じくらいのころですよね?違ったかな?800円ってすごい高給じゃないですか!
でも家の仕事で日給1000円かぁ。それって給料ってよりお駄賃ですね。昔ってそんな調子だったんですよねぇ。
(きんた)
2005/12/07/06:58 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

高校のバイト 初めて書き込みます
僕は中目黒のカーウォッシュでバイトしてました
時給800えんだったかなあ?
あまりに昔なんで忘れた
その前は家の仕事。
ガキ捕まえて肉体労働させて、日給1000円とは
ひどすぎるでしょ。
(8man)
2005/12/07/01:09 | URL |(trip@-)
編集

うひー 時給250円かぁ(汗)
でも、昔ってそういう日当のバイトって多かったな。
で、やっぱり弁当付きってのはかなり重要なファクターではあるね。
なんたってそれで一食浮いてしまうわけで。
交通費が出るか出ないかってこととともにかなり重要ではあったよね。
(きんた)
2005/12/05/15:01 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

俺がはじめてやったバイトは日曜の紡績工場の掃除のバイト1日2000円だったか、8時間労働で、、、時給250円??ですね
田舎の高校生だと思ってなめられていたのか。。でも弁当付きでした。
当時は高1だったので嬉しかったが、、今の時代だとキャバクラ嬢とかは20分間で稼いでしまう金額なんですね。。
俺もビッグコミックオリジナルの記事毎回読んでおります。。
(ライアン)
2005/12/05/14:39 | URL |(trip@-)
編集

あー そーね。おれも寅さんになりたいぞ。
ほんとに子供のころ寅さんになりたかった(爆)
(きんた)
2005/12/04/12:46 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

ああぁ…、どーせ馬鹿と言われるなら、寅さんみたいに行きたいよ…。苦笑

あれは、一応働いてるのか…、ゴムひもとか、変な健康リングとか売りながら…。笑

革命の旗手サンダー!笑

kabuto
2005/12/04/12:41 | URL |(trip@VDHeyatM)
編集

おー カブトが新聞配達ってのもすごいな。
昔はみんな真面目な少年だったのね(笑)
(きんた)
2005/12/04/12:32 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

思えば自給はやすかった。 俺は高校生だから1980年頃で、\450円だった。

地元の郡山市で初めてバイトしたのだが、それなりに、当時としては、20円位たかかったんじゃなかろうか?。

製麺所兼天ぷら屋、つまり、乾麺を作ったり、そば屋、天ぷら屋なんかの店をやってたり、小麦粉の加工を扱って中規模にやってた会社でのバイト、「○○製麺所」って感じの会社名だった。

で、意外に金にならないなぁ…、と思ったのは、高校時代、遊ぶ金としての「固定収入」が欲しくてやり続けた新聞配達、これは、意外と安く、月に\37000円位、朝早いし、天気は関係ないし、状況の割には安かったなぁ…。

新聞屋で生業をたててる立派な友人も居るが、思えば、俺に録っては、働くのが嫌いになったきっかけのような仕事だったような気がする。苦笑

kabuto
2005/12/04/12:15 | URL |(trip@VDHeyatM)
編集

19のときお茶の水の洋食屋でバイトしてて 最初¥380だった時給が一年やってたら¥430になって、そのころは実家に住んでたし、飯は店で食えたしで、あんまり金使わなかったんで、たしか12回払いくらいでJ-50買って、それ、23年使って、2000年に肩にしょってバイクで走ってるときにガードレールにぶつけて大穴開けて、いまだに知人のギター職人の作業場でオブジェとなってるわけで(汗)
あー、なんかここだけ読んだらみんなすごく美しい青春時代を送った健全な少年じゃないか(爆)
(きんた)
2005/12/03/22:40 | URL |(trip@-)
編集

高校の時のバイト 高校の時にしてたバイトが、朝?夜中の2:00から朝7:00まで朝市でバイトしてました。時給が¥500、週五日、それでも八戸じゃ時給が良い方だったんです。。。
そのお金でMORRIS買いました。。。
もちろん、学校では寝てました・・・
HATA
2005/12/03/22:11 | URL |(trip@kEpIbppQ)
編集

おー! RED HOUSE!そうそう。
パート1の方を最後の一年だけやったんですけどね。
なんかあのころあのあたりですれ違ってる人と後にいろんなところで会うことになったりしてね。
世間て狭いなぁって思うですよ。
(きんた)
2005/12/03/21:08 | URL |(trip@-)
編集

最初にやったバイトは 中学3年が終わった春休みで、日給で1000円だったなぁ。時給にすると150円くらいかぁ~。木工所で軽い木ぎれを運んだり、つみかえたりという簡単な仕事だった。8日やって8000円もらったときのうれしさったら、なかったなぁ。その金に親から少しプラスしてもらって、Ariaのフォークギター10000円なりを買いました。しみじみ。

で、大学時代はたしかに貧乏だった。高円寺に住んでいたんだけど、バイトに行く電車賃がなくて、「そういや、近くで後輩がバイトしてたよなぁ」と、そこに金借りに行こうと出て歩いていたら、ガード下にあった区の施設(区民間だっけ?)でカレーの試食会やってて、アンケートに答えたら1000円くれるって。メシくったうえに金もらえるならと、2杯きっちりくってアンケートにもまじめに答えた記憶あるなぁ。

当時、きんたさんも近くにいたんだよねぇ。で、その金借りようと思った後輩というのが、きんたさんのかかわっていたライブハウスに何回か出たことあるやつだったと....。RED HOUSEだっけ? その2のほう。
うん、これもなつかしい思い出です。


(D上)
2005/12/03/20:38 | URL |(trip@vXeIqmFk)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/196-049b57c4


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.