me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
歌手ちあきなおみ (2005/12/30/21:36)
いつだったか稲生座で、マスターである柴田氏と「ちあきなおみ最高!」みたいな話しをしてて「こないだBSで録ったのがあるから焼いてあげる」なんて柴田氏がおっしゃってて、例によってだいぶ飲んでたんで僕はすっかり忘れてたんだけど(笑)柴田氏はちゃんと覚えてくれていたようで、昨夜「あ、そうそう..」みたいな感じでDVDを頂いて来たのである。
..で、いやー、かなりヤバい!前からそう思ってたけど、こうしてあらためて観てみるとかなりヤバい!てか凄いわけで。
彼女は1947年生まれで、僕より11才年上である。
だもんで、彼女が売れはじめた20才前後のとき僕はまだ小学生で、TVの歌謡番組なんかでかなり頻繁に観たし、ちょうどその活躍をリアルタイムで観ているわけであるが。
最初はわりとアイドルっぽい路線(とはいってもあのころなんで、ベースは演歌だし、わりとセクシーアイドル路線て感じだが)で売り出されたと思うけど、その後どんどん実力派(って、よくわかんない言い方だけど)として台頭して行くわけなんだね。
この番組はそういう彼女のデビューから1992年にその活動の一切を停止してしまうまでの軌跡を追いかけてるんだけど、その当時のインタビューとかもけこうあって「売れなくてはいけない」という部分での彼女の葛藤とか、その後の彼女が進んで行く方向なんかも描かれていて、かなり面白い。
ようするに彼女は昨今の『アーティスト』なんて称されるわけわかんないもんじゃなくて、もうほんとに『歌手』なんだね。
レコーディングではもちろん「売る」ための曲を録るわけだけど、ステージはもうそれこそいろんな曲を彼女の歌い方で歌ってて、これがまた凄く素晴らしいわけで。
『朝日のあたる家』をピアノの伴奏で歌うシーンなんかもあって「わぁ..そういうのもやってたんだなぁ」なんて思ったり、シャンソンぽいのやジャズっぽいのをやってる映像なんかもあったりで、それがもう全部素晴らしくて、もうほんと思わず正座して見入っちゃう(笑)くらい一生懸命観てしまったわけで。
いやー、こんなことしょっちゅう書いてるけど、今ってもうこういう人少なくなったっていうか、いなくなっちゃったなぁ..って。
「歌も歌う」みたいなんじゃなくてね、あきらかに「歌を歌う」人なんだね。まさに『歌手』なわけで。
まさに彼女は「誰のようでもなく、誰も彼女のようにはできない」人である。
きっとこれが「実力」っていうものだし「オリジナリティ」っていうもんなんだとつくづく思う。

今からはじめる自宅からの起業”DSSサポートシステム”で在宅ワーク
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:4
FC2カテゴリ: 日記つぶやき
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-211.html


どーもどーも 明けましておめでとう。
「夜間飛行」いいね。おれのベストワンは「紅とんぼ」かな?バリ演歌ですが。
東京の正月はガッツリ曇って(ちょっと降ってきたし)寒いです。
こっちがこの調子じゃ、そちらはさぞかし寒いことでしょう。
(きんた)
2006/01/02/12:07 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

あけましておめでとうございます!
って昨年の日記に書き込んでますが。
一昨日紅白見て、最近の自称『アーチスト』にうんざりしました。。
ちあきなおみのマイベストは「夜間飛行」だったりします。
本年もよろしくお願いします
(ライアン)
2006/01/02/11:57 | URL |(trip@-)
編集

おー そっちもお疲れさまだったのですね。
そうそう、やっぱちゃんとした「芸」っていうかね、そういうのが見たいよね。
サーカス的「見せ物」じゃなくね。

..てなこって、後ほどですな。
(きんた)
2005/12/31/14:30 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

あ~、 俺もちあきなおみ、ありきたりだけど、ずーっと、「喝采」好きだよ。
頭の中に、風景が浮かぶほどに!。

良い詩、良い曲、良い歌手、確かに今の時代居ないけど、必要な存在だよね。

夕べ、米スタのペンキ塗り手伝いに行って、まぁ、おつかれ呑みでもそんな話題でたけど、大人が子供に芸を仕込んでいるだけ、みたいなのが、やっぱり多いんだってさ、あれは、もう、見飽きちゃったよ。

そのうち、その番組見せてね!。

今夜行き会うだろうけど、来年もよろしく!。


kabuto
2005/12/31/14:05 | URL |(trip@VDHeyatM)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/211-5afa9a8f


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.