me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
少年誌というか漫画というか..(あ、これ、誹謗中傷です) (2006/01/06/23:21)
僕はそんなに漫画が嫌いなわけでもないが、自分で買って読むほど好きなわけじゃなくて、だいたいはいつも行く喫茶店に置いてあるのを読むくらいである。
..が、暮れから正月にかけて週刊の漫画誌は軒並み「合併号」みたいなことになっているわけで、新しいのが入荷しないわけで。
で、いつもは青年誌か一部の少年誌..っていうか少年マガジン(うーん、どうかわかんないけど、マガジンはわりと大人向けな内容のものが多い?)しか読まないんだけど、今日あたりいよいよ読むもんがなくなっちゃって(って、別に読まなくてもいいようなもんだが)しかたなく少年サンデーなんかを読んでみたわけなんではあるけれど..。
あー、もー、なんでこうも今の漫画って、むやみとみんな戦っちゃってるんだろうね?
てか、なんでこうもみんな「何かと戦う」漫画ばっかりなの?
しかもおよそ現実的じゃないヘンテコな「力」みたいなもん持ってたりして(苦笑)
これって、みんな面白いのかね?今の若い子っていうか子供たちって、こういうの面白くて毎号楽しみにしちゃったりしてるのかね?
まー、あれね。ゲームなんかの影響なんだろうけど。バイオハザードなんて映画ができちゃうくらいだからね。(あ、でも、あれはそんなにつまんなくなかったけど。娯楽作としては)
こういうのって、市場が求めてるわけ?だとしてもあまりにもみんな同じすぎないか?
描かせる方はあまりにも日和見的だし、描く方も描く方だよな。いくら仕事っていうか食うためだとしてもさ。
いや、なにも「戦う」ことが悪いと言っているわけじゃないんだけどね。
でもさ、なんでこうも肉体的な戦いばかり描かなきゃいけないの?もっとさ、戦うべき他のものがあるんじゃないの?あまりにも短絡的ではないの?
だいいちさっきも言ったようになんでみんなヘンテコな「力」を持ってなきゃなんないわけ?
あまりにも非現実的すぎるし、もっと言えばそんなもん持ってないと戦えないってのか?
だいたいさ、「戦う理由」がないじゃん?もちろん設定としてなんかあるんだろうけど、希薄過ぎるっていうかほとんど理由になってないもんだから何だかさっぱりわかんないじゃん?
いやはや..あー、あれね。こういうのいいと思ったり、面白いと思ったりするのってさ、生まれてからこの方まともな喧嘩したことないからなんだろうね。
肉体的な喧嘩もそうでない喧嘩もね。おそらく「何とも戦ったことがない」んだろうね。
だからあんな下らない戦い方させちゃうし、それ見て喜んじゃうんだろうね。
(こういう恥ずかしいこと言いたかないけど)戦うってのは負けた方も勝った方もちゃんと(ってのもへんな言い方だけど)傷ついたりするもんなのよ。
そういうこと知らないもんだからあんなふうな下らない戦い方をかっこいいと思ったり面白いと思ったりしちゃうわけなんだね。
いやはや..はっきり言って、もーバカばっかりだね。
こんなのばっかり描かせたり描いたり読ませたりしてっからバカが人殺すのよ。
こういうこと言うのって、そんなにいいことじゃないとは思うけどさ。いやはや..まったく..。

スポーツ&音楽ビデオ販売【Hi!Soft】
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記ひとりごと
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-215.html


東京タワー あー、そうだね。東京タワー。
東京に住んでると以外と行かないもんだけど。
十年くらい前に行ったのが最後かなぁ?
バイク便やってるときは毎日のように近くを走ったけど。
(きんた)
2006/01/08/14:37 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

闘いすぎて日が暮れて  闘いといえば暮れに観た「ALLWAYS三丁目の夕日」の中の鈴木オート社長の乱暴狼藉が星一徹的で懐かしかったなぁ♪
 あの映画は僕らが生まれた時期そのものを再現してくれているわけだけど、その中でも象徴的に要所要所に登場してくる東京タワーが竣工したのが1958年の12月23日。
 昔よくクリスマスイブイブなんて言ってたけど今では天皇誕生日の休日で、同級では確かkintaのご近所だった鳥の巣みっちゃんの誕生日でした。
 奴は東京タワーと共に歳を経ている上に、今生天皇が在位中は少なくとも毎年誕生日が休日というおこぼれを頂戴しているわけです。

(ミ^ェ^ミ)
2006/01/08/12:41 | URL |(trip@t50BOgd.)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/215-797d3131


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.