me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
ザ・ハンバーグ (2006/01/30/19:25)
..なんて、凄い(?)店名なんである。
高田馬場駅近く、早稲田通り沿いのハンバーグ屋である。
このごろやってる仕事をくれてる事務所が高田馬場にあって、ギャラを取りに行ったりで、ちょくちょく行くので、なんとなく「あ、そういうとこあったなぁ..」なんて思って寄ってみたわけで。
ずいぶん以前にバイク便で携帯運んでたときにはこのへんにある商社によく携帯を取りに来てたんだけど、もう何年もこのへんには用事がなかったんだが。
..で、ここって、何が面白い(って言うのかどうかわかんないが)か?っていうと、ハンバーグにはソースがかかって来ないの。
ハンバーグの種類もあれこれあるわけでなく、150g~1500g(爆)までの大きさだけで、とにかく「ハンバーグ」なんである。(あ、ほかにポークの生姜焼きだのグリルチキンだのもあるんだが)
で、つけ合わせにニンジンとインゲンとなぜが大根おろしが付いて来て、でもソースはなし。
カウンターに醤油(?)とウスターソースの瓶が置いてあって、これかけて食えってことですね(笑)
しかもなぜかナイフとフォークじゃなくて箸、しかも割り箸じゃなくて、よくちょっと偉そうな(?)中華料理屋なんかで出てくる樹脂製のヤツ。いや、なんでかわかんないけど(笑)
あー、でも、美味いです。しつこいデミグラスソースなんかじゃなくてウスターソースでハンバーグ。
子供のころ家で母が作ってくれたハンバーグはこんな感じで食ってたような気もするし。
まー、高くはないけど、安くもないかな?150gハンバーグ(ライス、スープ付き)+目玉焼き(あ、トッピングで目玉焼きだのチーズだの乗せられるわけで)+アイスコーヒーで¥1190..あ、やっぱ安いか?でもハンバーグの大きさに比例してアップするわけで、たくさん食いたい人はそれなりに..ね。
あー、こんな調子なんだけど、なんか店主はどこぞの外国の方みたいなんだけど..いや、けっこういい感じ。

出会いサイト開業!無料で募集中!
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:食堂 / トラックバック:0 / コメント:6
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-228.html


おぉ! まさか姫..1500g?なんてことないっすよね?姫に限ってそんな..ね?(汗)
(きんた)
2006/02/01/14:07 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

ザ・ハンバーグ 懐かしいです!
わたしも高田馬場昔は、いろいろ食べていましたょ・・。笑
(だなお)
2006/02/01/13:49 | URL |(trip@-)
編集

あー できるね。たしか。
ふむ、新井薬師の富士そばも新装とともに(?)カツ丼¥430>¥450に値上がりしてました( ̄□ ̄;)!!
(きんた)
2006/01/31/23:28 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

Wハンバーグ ニューバーグってハンバーグを一つ追加とか出来なかったっけ?たしか150円ぐらいで?たしかこの前夕方のニュース番組で東京の安い店特集に出てきました。大陸がカツ丼を値上げして500円になってしまったのが、くやまれます!(T T)
(けいすけ)
2006/01/31/22:36 | URL |(trip@kLCZl7R6)
編集

ふむ ニューバーグ!素敵です。
あの中途半端な量の味噌汁も素敵です。
ずいぶん昔に若い婦女子を連れて行ったら「何これ?美味しい!」なんて歓声を上げられてビビったことがあります(爆)
(きんた)
2006/01/31/09:03 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

ニューバーグ 1500Kgのハンバーグってどんな奴なんだろう?、かなりおばかさんな感じがする。

近くの駅の商店街には「ニューバーグ」という良く知られている洋食屋がある。

今日の夕方むしょうに食いたかったが、時間が合わず食い逃した。

明日こそ食いたいなぁ。




kabuto
2006/01/31/02:10 | URL |(trip@VDHeyatM)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/228-f9ffa1c6


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.