me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
世代交代? (2006/03/02/22:32)


(父のギターを抱えて歌う息子)
昨夜は稲生座水野たかし氏の55才のバースデイライブであった。
ゲストにカラスるーずぱんてぃ、そしてそれを観ながら飲み、喜ぶ我々。
でも、いちばんみんなが喜んだのは彼の息子である浩志くんがステージに上がって歌ったときじゃないかな?
僕らのほとんどは彼が生まれたころから知っているわけだが、その彼ももう19才(今年20才?)で、今ではストリートなどで歌っているそうである。
ずいぶん昔、彼がまだ10才のときにやはり稲生座で行われた水野氏のX'masライブ(?)にバイオリンでゲスト出演(?)したときのことをHPに書いたことがあるが、あれからの10年という歳月以上に大人になったように見える。
時の流れというのは驚くほど早いものである。あの10才の子供が今こうして父親と同じステージで父親のギターを抱えて歌っているのを僕らはあのころと同じように飲みながら観て、そして喜んでいる。
そう、そしてその父親である水野氏も今も変らずに歌っている。
僕は?どうだろう?僕より7才年上の水野氏がそうしているなら(いや、彼がそうしているからというわけではなく)きっと僕もまだまだ歌うだろう。
水野氏にもまだまだずっと歌い続けていてほしい。そう思う。

日比谷花壇のフラワーギフト
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:音楽とか / トラックバック:0 / コメント:4
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-243.html


お疲れでした あはは、そうそう、みんな自分の息子でもないのにハラハラしたりして(笑)でも、しっかりしてたもんなぁ。
(きんた)
2006/03/03/18:33 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

thanks いや、いや、どうもありがとう。
ホントね、あの瞬間が一番緊張した(笑)

10年前のステージを見てた人が数人、いたからねぇ。稲生座のスタッフもそうだし。さぞや、やりにくかろう、とは思ったのだが。
しかし、意外と堂々としていて、ストリート・ライブの告知までしてしまったのには、ちょっとびっくり。
しっかりしてるなぁ(笑)
オレにはできんかも(爆)

(MIZUNO)
2006/03/03/17:43 | URL |(trip@-)
編集

あー、そうですねぇ そーかぁ..D上さんとももう10年ですかぁ。
そうですかぁ..いやぁ、早いもんですねぇ。
あ..あー、お世話になるばっかりの10年ではありますが(汗)

(きんた)
2006/03/03/00:13 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

うーむ.... 10年前の日記、リアルで見た記憶あるから...きんたさんと話すようになって(その前に行き合っていたかもしれないけど)もう10年になるのかぁ。直接顔を合わせる、少し前のことですね。
「ひとむかし」迎えましたねぇ(感傷)

「世代交代」なんぞせずに、クロスオーバーで生きていきたいもんです。

正月に、高校時代の友達に、「引退までにあと“ふた花”咲かせたい」と言ったら、「咲かせるのはいいけど、散った花びらは、じゃまにならないように片付けておくように」と返されてしまった....(笑)


(D上)
2006/03/02/23:56 | URL |(trip@vXeIqmFk)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/243-d0ebe758


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.