me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
いやー、それはほんとに残念です (2006/03/30/22:39)
JR池袋駅構内ってか改札内ってか..山手線だのなんだののホームに上がる階段下通路部分にほんの2~3坪のスペースで、古本を売ってる店があったのだ..というか「まだ」あるのだが。
文庫本¥100、コミック本¥200なんて値段で(あ、ようするに通勤中にちょっと読めるような感じのものばっかりで、持ち運びに不便な上に立派な値段がしちゃいそうなハードカバーは売ってないの)売ってるってよりほとんど配ってるみたいな値段で、儲かってるのかどうかも怪しいような店なのだが。
で、僕はだいぶ文庫本(あ、推理小説とかハードボイルドみたいのしか読まないんだけど)フリークなわけで、ちょっと前からときどき寄っちゃあ何冊か買って帰ったりしてて、今日もなんとなく物色してたら店のオトーサンが「あー、お客さん、今日は4冊買ってくれたら半額。¥200でいいよ」なんておっしゃる。
『ん?そなの?どしたの?』「いやー、もう、明日で終わりなのよ。キオスクが邪魔だから出てけって言うもんで。だから在庫処分」なんて寂しそうに。
『えー?!うっそーん!そーなのぉ?』なんてこって、すでに手に持っていた1冊の他に上下巻のものを2つ、つまり計5冊「あ、じゃー、¥250でいいよ」なんて言われながら、ほんとは1冊か2冊のつもりがまんまと(?)買って来ちゃったわけであるが。
あー、この店がどういう店なのかよくわからなかったが(って言ってもちょっと話しを聞いた感じや、置いてある本がちゃんと仕入れた感じなのも考えると、やっぱ外部から入ってる業者って感じだが)あのー、けっこうみなさんに重宝がられて、繁盛してたように見えるんですけど。
だってほら、けっこう長距離乗って帰るオトーサンやらオネーサンやら、ちょこっと車内で読んだりするのにお値段も非常に素敵なわけで。
ねぇ?みなさん好きっぽかったんじゃないかなぁ?
いやー、ほんと。むっちゃ残念じゃありませんかぁ?(涙)

26インチでカゴ付きのこういう普通のが気分でしょ?¥26712
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-260.html


そーそー 店のオトーサンも「やつらにゃこういう文化がわかんないからさ」なんて寂しそうに言ってました。
まー、ちょっと意味が違うかもだけど、エコだのロハスだのシンプルライフだの言うだけで、結局商売なわけで(まー、そりゃ、当たり前だけど)本末転倒な世の中ではありますねぇ。
(きんた)
2006/03/31/09:15 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

そういうの、もったいないよねぇ。
なんか、古いものを排除しようとする動きが出てきてるなぁ。PSEなんてのも、うがった見方すれば中古というか、セコハンを排除して新品を買わそう、みたいな動きともとれるし。
そういう文化ともいえないような文化資産をもっと大切にしないと。
その辺りが一番大事なところだと思うんだけどなぁ。ご大層なやつじゃなくてさ。
(MIZUNO)
2006/03/31/02:12 | URL |(trip@-)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/260-ad75ea15


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.