me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
信楽の松茸と刺身、そして栗東Re-Set (2006/08/28/08:49)


昨日は23日のRJ&BME'sに聴きに来てくれたショータさんの「栗東に行く前に時間があったらちょっと信楽に寄って行きませんか?」というメールに誘われて、昼過ぎに石山駅で待ち合わせて、信楽のショータさんの工房(と呼んでいいんだろうか?)にお邪魔して、その後、信楽駅近くのショータさん行き着けのお店で巨大な松茸(てか、お店の方やショータさんは「ちょっと小さい」とおっしゃるが..)の焼いたのやら刺身(あー、これもだいぶ豪華です)やらで飲んで、ショータさんの焼き物の話しやあれやこれや..そのまま彼の車で栗東のRe-Setまで送って頂き、そのまままたふたりで飲み始める(笑)
キュートな女の子2人がフロントのシスターズクーア、これまたかわいい女の子2人組みのアコースティックデュオのレーゾンデートル、そして昼間の酔いが回って来て(汗)途中爆睡しつつもなんとか復活(?)の僕、最後にほんとに中学校の英語の先生らしい、ちょっとシュール(あるいはコミカル?)な赤井先生の4組でのライブ。
ライブ後(てか、ライブ前からずっとだが)またいいかげん飲んだ後、ショータさんは「ここまで来たからちょっと北陸の方まで行って、温泉につかって来る」なんて言葉を残し夜の闇へ(爆)
僕はといえば、レーゾンデートルのふたりとこのライブに僕を呼んで下さったKOBUちゃんとしばしのヨタ話し。
KOBUちゃんに車で草津駅まで送って頂いて、しばしそこらをウロついた後、ネットカフェにて撃沈。
いやはや、昼間ずいぶんご馳走になった上に結局昨夜も最後までつき合って下さったショータさん、ほんとにありがとう。
道に迷って遅れた上にすっかり酔っ払って現れた(爆)僕をあたたかく迎えて下さったRe-Setのみなさん、ほんとにすいません。ありがとう。
酔っ払いのおっさんのヨタ話しにつき合ってくれたレーゾンデートルのふたりはじめ一緒にライブをしてくれたみんなもありがとう。いつかまた、どこかで会えたら嬉しいね。
そして、いろいろとお世話になっちゃってるKOBUちゃん、ほんとにありがとう。今夜もまたハックルベリーでお世話になります。

8/28(月)ハックルベリー(堅田077-574-1022)19:30~前売¥1500(当日¥1800)+drink

『楽宿(らくやど)』近畿日本ツーリスト
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:ライブ / トラックバック:0 / コメント:6
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-342.html


うひー ショータさん>いやー、誠意の威力、すごいっスね(汗)いや、ほんとにお世話になりました。楽しい一日でした。
社長>でっしょー?いやー、人の誠意にすがった数日間でした(爆)
(きんた)
2006/08/29/01:23 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

きんたさん
信楽まで引っ張り出して悪かったね
(本当は悪いと思ってないけど)

温泉、よかったよ~
尤も、途中で金策してたから
電話で予約した旅館に着いたのは夜中だけどね 笑
飲んで・朝風呂に入って・港町で昼飯食って
さっき、無事たどり着きました。

イヤ~、人の誠意って良いね~
(ショータ)
2006/08/28/19:05 | URL |(trip@-)
編集

ま・マツタケーーーっ? めっちゃ食いたいですなー。酒・ライブ・マツタケ、三拍子揃ってますね。
服部
2006/08/28/18:15 | URL |(trip@-)
編集

です みゆきち姫>たしかに飲んでばかり(汗)
おけいちゃん>あー、いや、豪遊ってほどでも(大汗)
(きんた)
2006/08/28/14:27 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

なんだか。 ノンデバカリ?
(みゆきち)
2006/08/28/11:29 | URL |(trip@-)
編集

あ~☆関西におられたのね♪
って 豪遊してるじゃないですかぁ~☆
おけい♪
2006/08/28/11:03 | URL |(trip@-)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/342-4d9a80c5


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.