me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
年の瀬になんやかや..でもないけれど (2006/12/20/16:26)
こんな年末に押し迫ってなんだけど(てか、何も押し迫ったからというわけではなく、元々そういうタイミングなっちゃってるわけだけど)アパートの契約更新をしたのである。
このアパートに引っ越して来たのは’99なんで、この更新で後2年住むと10年になる。
住む場所(てか家)にあんまりこだわりがあるわけじゃないし、ここは大家さんもいい人で、長くいるもんでさすがにいろいろとお世話になっちゃってるしで、けっこう住みやすいんだけど。
まー、更新たって別に家賃が上がるわけでもなく(未だ一度も上がってないの)ただ更新料払って、契約書に印鑑を押すだけなんで、後はちょっと世間話をして(笑)ものの15分くらいのもんだったりもして。
そこで話題になった話しだが、今わがアパートの向かいの一軒家を解体してんである。
いや、今日あたりかなりガツガツやってて、こっちの建物まで揺れるほどの迫力だったりもして(汗)
そりゃまー、どうでもいいんだけど、そこってもうずいぶんなお年でいいかげんボケてたお婆さんがひとりで住んで(あー、息子さんのお嫁さんだかなんだかがちょくちょく来て面倒見てたみたいだけど)たんだけど、ここ1年くらい(あー、もっとかも知れないが)とんと姿を見なくなっちゃって、どうしちゃったのかなぁ?なんて思ってたらどうやらだいぶ前に亡くなったようで、家とか土地とかの遺産の相続なんかでずいぶんいろいろとモメてて、ようやく裁判とかが終わって、そんでもって解体がはじまった..ってなことらしい。
あー、そーなのかぁ..そんなにとくに親しかったわけじゃないけど、会えば挨拶くらいはする仲だったわけで、そりゃ寂しくなっちゃったなぁ..なんて。
で、関係ないところで、わがジョグさんは昨日突然左前のウインカーが作動しなくなって「あ、こりゃ球切れだな」なんて思って、さっきDRAGON CAFEにランチをしに行った帰りに近所の自転車屋の方が主な商売みたいなバイク屋に寄って来たんだけど、球を替えても作動せず(汗)おとーさんがいろいろとあーでもないこーでもない..といじくり回したあげく「あー、どうやらこりゃソケットの接触不良みたいだなぁ..」ってな感じで、おとーさんたらちょこちょこと配線を細工して「まー、これでダメならソケット取り寄せになっちゃうけど、とりあえずこれで乗っといて下さいよ」なんて。
いやー、こういうのって、すぐに新しいパーツ取り寄せて交換しなきゃみたいな感じの店が多い昨今にあって、実に職人的で素敵というかなんというか。
おまけにけっこうな時間をかけてあーでもないこーでもないと作業したあげく取った金額がたったの1000円なわけで。いや、もちろん新しい球も込みで。
いや、このへんが自転車屋値段というかなんというか。いやほんと素敵なわけで。
で、その作業中に現れた自転車の空気を入れに立ち寄ったお客さん2名。
最初の20代とおぼしき青年はなんと「すいません、空気入れて下さい」(爆)なんちって、店のおかみさんにコンプレッサーでシュー!っと入れてもらって100円払って帰って、その次に来た60代くらいのおかーさんは「空気入れ貸して下さい」ってなもんで、自分でそこにあったT字のポンプでシューシュー入れて、ポンプの脇にブラ下がってる募金箱みたいなカンカラ(貸し空気入れ料金「10円以上」(笑)なんて書いてある)にいくらか入れて立ち去ったんだけど、いや、ほら、青年、そりゃ逆だろ?おまえ自転車の空気ぐらい自分で入れらんないのかよ?なんて、真面目に呆れてしまったりもして。
いやー、よけいなお世話なんだろうけど、どーなっちゃってんだ?最近の若もんは?(汗)

で、本日はこれから国立へ。
みなさん、お時間があったらどうぞ遊びにいらして下さいな。

12/20(水)地球屋(国立042-572-5851)「サイケデリックフォークの夕べ」20:00(open19:00)¥500+drink(共演:カブト、アンギャー)


スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-389.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/389-66aec387


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.