me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
今宵愛すべき馬鹿に乾杯 (2007/04/22/23:46)
昨夜はBuddyにて、るーずぱんてぃ企画「今宵愛すべき馬鹿に乾杯」で深酒。
今回で7回目を数えるこの企画には前にも呼んでもらったことがあって、今回が2回目。
「悪たれ詩人」辻盛ハヤトの前説で幕開け、栃木から参加のさわやかなカモミールフレーバー、長野からのゴキゲンR&RバンドTerry Band、そして僕とROADMASTER、最後にるーずぱんてぃ
ハヤトは司会進行もしたんだけど、彼の面白さと小気味よさでちょっと長丁場なライブにメリハリができて、あー、いいなぁ、あーいうの。いや、ハヤト最高。
それにしてもTerry Bandるーずぱんてぃも観ている者を喜ばせるね。いや、そうこなくっちゃ。
終わった後もBuddyでひとしきり飲んで、その後共演の皆さんと近所の居酒屋へ..てか、いつもより早い集合時間で、夕方から飲みはじめてしまい、もちろんいつものことながらライブ中もエンドレスに飲んでしまったためにこの少し前あたりからのことはあんまりよく知らないんだが(苦笑)
最後はあやさん水野さんとともに(で、ですよね?(汗))タクシーに乗り、新井薬師前駅付近で「じゃー、いずれまた」とかなんとか言って、タクシー代も払わずに落としてもらったのは覚えているのではありますが..あー、いや、まことに申し訳なしm(__;m

おかげで今日はだいぶの二日酔いをブラ下げて母とふたりで父の墓参り(昨日4/21が父の命日だったわけで)に西小山までジョグさんで。
夕方、選挙の投票に行ったり、だいぶ延滞してた本を図書館に返しに行ったり。そして夜はカールちゃんと石井明夫氏のライブを観に稲生座
だいぶグロッキーだったんでどうしたものか?と思ったけど、いや、ふたりとも楽しませてくれるライブで、やっぱり行ってよかったなと。
しかもエミちゃんの猛反対(笑)を押し切って、コーラなんか飲んじゃってノンアルコール。非常に美しい夜であったわけで。いや、メデタシ、メデタシ。

クラシックギター<M300>【ファンタジックワールド】クラシックギター<M300>
277,000円
クラシックギターのトップブランド、松岡良治

Ads by STMX

amazonで何を読む?聴く?観る?
スポンサーサイト
カテゴリー:ライブ / トラックバック:0 / コメント:6
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-442.html


おぉ! 55555は水野さんスか。あー、じゃー、記念に次回なんか一杯おごります。たぶん。お互いが忘れてなければ(笑)
(きんた)
2007/04/24/07:35 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

55555 あらぁ~、つい気になって行ってみたら、踏んじゃいましたぁ(笑)
(ミズノ)
2007/04/24/00:58 | URL |(trip@-)
編集

あー 記憶がというよりもすでに意識がないわけで(汗)ん?55555?HPのカウンター?さっき確かめたら55553だった。危なく自分で踏むとこだったぞ..って、まぁ、踏んだからといって何か出すわけでもないのだけれど(笑)
(きんた)
2007/04/23/21:36 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

記憶。。 おいおい。。気をつけようね。
若く無いんだから。記憶は飛ばない程度にね。
もうすぐ55555だね凄いよ。
こちらも乾杯かな?GO君

(べるまるこ)
2007/04/23/21:16 | URL |(trip@-)
編集

いやー ほんと毎回お世話になりっぱなしで、感謝でいっぱいです。来月はMyBackPagesでもどうぞよろしくですm(__)m
(きんた)
2007/04/23/20:55 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

お疲れ様でした。 21日は、本当にありがとうございました。
ロードマスターのライブは、ほんと素晴らしかったです。
ギターの響きがほんと違う!
また、是非よろしくお願いします。
ともねぇ
2007/04/23/16:24 | URL |(trip@Q0JlZSgU)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/442-f9c6afb7


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.