me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
明日はまたもや寒くなるらしいが (2008/02/11/23:56)


本日はひさしぶりに天気よく、気温もまーまーそれなりに暖かく、機嫌よく杉並区堀之内の妙法寺。
まー、ここは杉並区ったって中野区との境目あたりだし、わが家もまた中野区の端あたりなのもあって、距離にして4kmちょっとで、蚕糸の森公園(も杉並区ではあるね)と同じくらい近所なわけで、かなりお気楽な気持ちで行ったりしちゃうわけで。
で、ここは他の団体がやってるいわゆる昨今のフリマとはちょっと違って(てか、本来こっちが正しいわけなんだと思うけど)主催してる団体(ってより人)がそもそも骨董屋さんだったりもして(ご自分も店出して売ってたりしちゃうわけで)フリマってよりむしろ果てしなく骨董市に近いってか、あー、なんていうか、正しくfleamarket>蚤の市って感じであって、なのでここに出店してる人はその業種はさまざまだけど、九分九厘プロだったりするわけで。
そんなわけで、昨日に引き続き..というより昨日以上によけいなことに気を使わずに怪しげなもんを売ってられて(笑)楽なのである。
いや、まー、そんなふうに気が楽でやりやすいからと言って、売り上げもいいかと言うと、そこはまた別の話しであったりもするのだが(汗)
で、ここはもう一ケ所、月に一回だが、護国寺でもやってて、そっちはもっとってかほぼ骨董市らしくて、以前に電話で問い合わせたときは「どんなもん売るの?」なんておっしゃるからそんなに高くない古着やらなんやらを売るって言ったら「護国寺は骨董市だからそういうものよりもうちょっと値の張るもんじゃないと売れないのよ。それだったら妙法寺でもやってて、そっちはもっとフリマっぽいからそっちにしたら?」なんておっしゃってたんだけど、今年に入って2回くらいここでやって、ちょこちょこ話しなんかもして顔なんか覚えられたりもして、で、僕の売ってるもんを見て「だいたいどのくらいの値段なの?あー、ここは少しフリマっぽくやってるのと主に近所の人が覗きに来る感じだからもっと安いものしか売れないんだよね。あれだったら護国寺の骨董市の方にも出してみたら?あっちの方が値の張るもんも買うお客がたくさん来るから」なんておっしゃるわけで。
まー、最初の電話のときは僕自身ももっとそのへんのフリマっぽい方向に向いていたし、向こうも僕のことを知らないからそのような対応をしたんだろうけど、実際に今売ってるもんを見たら「あー、あっちの方がいいんではないの?」と。まー、僕の売ってるもんは骨董市の中に入ったらそれでもかなり安い部類の値段なんではあるけれど。
いや、僕自身も「骨董市」というイメージから僕がやってるようなもんはちょっと毛色が違い過ぎるかなぁ?なんて思ってたんだけど、そんな話しを聞いたり、今日となりで服(てか、彼は着物っぽいもんも多数やってるんだが)を売ってたおとーさんも「おれも骨董市に行くのが多いよ。そっちもいーんじゃないの?」なんておっしゃっるのを聞いて、あー、じゃー、こんなんでもいいんならそっちも行ってみちゃったりしようかな?なんて。
いや、まー、行ってみてもそりゃまたフタを開けてみなきゃわかんないわけだけど、なんだかんだでこういうのも出会いですわね。
..てか、骨董市なんか行っちゃったらこれまた激しく普通の娘さんとの出会いから遠ざかること必至なわけではあるけれど(汗)

あ、本日はご近所に住む水野さんご夫妻がお散歩がてらからかいに来て下さったわけで。いや、もー、なんだかんだ言って仲いいわけで。おふたりったら。


スポンサーサイト
カテゴリー:カリンバあるいは行商 / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-547.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/547-db165a23


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.