me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
たとえばそれはどういうことなのか(これは別に何かあるいは誰かを批判したりするってわけではなく) (2010/07/08/02:35)
いやね、あちこちの手作り系の市でカリンバだの売ってると必ず「これ、自分で作ってるんですか?」みたいなことを聞かれる(苦笑)んだけど、いや、ほら、この手の市って自分の作ったもんを売ることになってる市だからね?そりゃそーですよ。みたいな。
てか、たとえばカリンバなんてもんは元来裏の木を切って作りました的にそのへんにあるもんで作ったりするもんだから一部の大手(?)メーカーが作ってるヤツ以外はむしろ手作りじゃないもんの方が珍しいんじゃん?みたいなことも思ってしまったりもするのだけれど。

で、まー、それはそれとして、日頃からお世話になっている手作り系ってかクラフト系な市だが、最近は新しくいろんなところから始めるところが出て来て、まー、いわゆるフリマみたいなもんがもう市的に限界っぽくなってるし、そーいった部分からもいろいろと試行錯誤してるみたいなとこもあるんだろうけど(いや、もちろんそーいうんじゃないところからのものも多いけど)こっちとしてもいろいろと選んだりできるわけで、それはけっこう嬉しいことなんではあるけれど。
で、そーいったものの出店の募集要項にはほぼ必ず『自分の手で作ったものを自分で売る』みたいな項目があって、これが必須になっているわけなんだけど、じゃー、その「手作り」ってのはいったいどーいうことなんだ?てか、何をもってして「手作り」というのかしらん?みたいな。
たとえばね、アクセサリーなんかかなり微妙でしょ?何かパーツ的なもんを持って来て紐付けました的ペンダントとかね、はたしてそれは「作った」と言えるもんなのか?と。
まー、そのペンダントトップ自体から作ったんならまさに「作った」わけだし、あるいはおよそそーいうもんじゃないもんを加工してトップにしたとか言うんならその発想が「作った」ということなんだと思うけど、あらかじめパーツとしてあるもんを組み合わせただけだったらはたしてそれは?みたいなね。
中には明らかにどっかの本だかwebに載ってたレシピ(って言うのか?)そのままのもんや果てはキットを買って来て作った(って、それじゃまるきり採算が合わないはずなんだが)もんを売ってるようなのもいたりするわけで。
いや、たとえばビーズアクセサリーなんかをやってる人で、その人のセンスがまさに「作った」と思えるような人ももちろんいるわけではあるけれど。
もっと微妙なのが布物で、どっかから型紙を入手して、それを自分ちでカタカタ縫って作りましたみたいのを売ってる人もかなり多くて、しかもお客さんに聞かれて「ネットとかで型紙ダウンロードするんです」みたいなことをおおっぴらに言っちゃうのまで(苦笑)いたりして、あー、それじゃ「手作り」ってのはそーいうことなのか?自分で作業したってことなのか?なんて思ってしまったり。
だってさ、たとえば服でもなんでもそうだけど、その型紙を起こすってとこがまさに「作る」ってとこじゃないのかな?って思うんだけど、そーじゃないのか?そーじゃなかったら自分で縫い物だの編み物だのする人は全員「作家さん」(あー、この呼び方もかなり好きじゃないんだけど)じゃん?違いますかいな?みたいな。
まー、僕はそんなにそーいうところでポリシーもないし、そんなにエラい人でもないからアレなんだけど、たとえばカリンバなんか作るのにいろいろと調べたりして、もちろんお手本にしたもんもあるけれど、でもその形とかサイズとか構造(ってほどのもんでもないけれど)とかね、そーいったもんは別にどこかから仕入れて来るわけじゃなく、あれこれ考えたり試したりしていじくりまわして、そんでもってだんだんできあがって来てるわけでね、むしろそーいった考えたりいじくりまわしたりする部分が「作る」って部分で、まー、およそありえない話しだけど(笑)万が一凄く売れちゃって、作るのが間に合わなくなったらある部分はどっかに発注して作らせてもそれはそれでいいんじゃないかと思ったりもして、だってほら、その単なる作業の部分はどーでもよくて、それは「作る」(この場合は「創る」って言うのか?)ってこととは違う部分なんじゃないかと思ってるもんで。
あー、たとえば音楽なんかでもそーでしょ?何も全部自分で作んなきゃそれがその人の作品じゃないってことではなくて、曲(もちろんそれも誰かが「作った」ものではあるのだけれど)もひとつの素材なわけで、それをどんな風にやるかってのが演奏という部分であって、そこに「作る」って部分があるわけで、じゃなきゃクラシックにオリジナリティなんてもんは存在しないし、そーなったら「誰々の演奏」とか「誰々の指揮した作品」なんてのは何の意味もなくなっちゃうわけで。
..なんて、話しがどんどんアレコレして、わけわかんなくなりそう(笑)だけど、いや、ヒマだとわけのわかんないことグルグルと考えてしまうわけではあるけれど。
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:6
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-747.html


そう、バリだかどっか系の明らかに仕入品の人、いますね(苦笑)というかそういうことで言えばその手の仕入れ品やそれを加工したもの、あるいは単純なパーツの組み合わせによるものは不可であるっていうことが要項に明記されている手作り系市も増えているんですけどね。ただ問題なのは明記していてそれなりに審査(これは自己申告なんで、実際はどうにでもなってしまうんですね)もするんだけど、実際に出店されているところはあまりって言うかほとんど厳しくチェックされてないってとこなんですね。いちおう発見した場合はお断りすることもあるということになってんだけど。で、まー、そんなことならいっそのこと最近一部の団体がはじめてますが、手作り品もしくはアート系(ってのもどんなのかあやふやなんだけど)の仕入系ならオッケーで、中古品やいわゆるフリマ的リサイクル品は不可っていう割り切った(これはこれで最近のフリマの限界みたいなところから来てるんだと思うけど)やり方みたいのがわかりやすいし、市的にも美しいってかね。そんな風に思うんですけどね。それにまー、最近はなんかへんに手作り系の出店者さんたちが増えちゃって(?)あちこちの市が無茶苦茶に混んじゃって、団体によっては申し込みごとに審査したりして、その市的な基準であるいみ厳しくなってるところもあるし、もしかするとこれから他もそういったことをするのが増えて来るかも知れないし、そうなるとこのへんで一度かなり淘汰されて行くんじゃないかな?みたいにも思うんですけどね。まー、いろいろとアレですけど、そんなにそのへんにこだわってるわけじゃないんですけどね。ただ市的にはその他にもいろいろありますね。言いたいことはいろいろ(笑)てか、主催側にではなく出店側の方に。でもまー、そのへんはね、自分としており合いをつけて行くしかないみたいなところもあるんですけどね。
(きんた)
2010/07/11/23:59 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

たまーにしか訪問しないんですが~とてもいい議題なので横レス失礼します。  お気持ちよく分かりますし、時たま作家同士でも話題になります。  ある方にベテランの方に聞いたのですが、以前井の頭公園であまりにニセ作家=いわゆるバリ島系とかアジアン系とかいう現地の格安完成品を仕入れて会場ではヒモほどいて、みたいな輩が増えたので「審査」が始まったと。  どう見ても「あんた作ってないでしょ~?」って人がいますね確かに。 アイテム言ったらバレてしまうので言いませんけど…朝の準備中に未封のロット袋を裂いてガサって品を出している人も…「手作りなんです」なんて。
フリマでブックカバーを鬼売りしているお兄さんを何度か見かけるので、なんであんなに売れているんだろうと思って話を聞かせてもらったのですが「私は男なので自作品ではなく誰かに縫わせているんだろうと疑っている人も多い。その疑いに対抗するために他のブックカバーと大きく異なる100%自作マニュアルにしたらヒットした」と説明してくれました。 確かに実物を見せてもらったら(というか買ってしまったんですけど)、外見は普通なんだけど内側の構造がかなり高度かつオリジナリティに溢れている作りでした。  一応服飾出た私ですが「コリャ簡単に作れないな」と感じましたし実際お兄さんも「中の構造を見せると買う人が多い」って言ってました。 ちなみにこのお兄さんは「これは他人に対してじゃなくて自分に対してなんだけど…個人的には無地か相当な定番柄(チェックとか)を使い、完全自己レシピじゃないと個人作家とは言えない。 自分はプリント生地を使用しているので手作り市の類は自重している。 出るならデニムとか自染めの生地じゃないと自分で恥ずかしい感じ」とかなり厳しいラインの見解でしたね。 合法内であっても他者がデザインした生地を使った時点で完全な自己作品じゃないってことなんでしょうけど、この基準だと大部分がペケってことになるでしょうし…

作家とかクリエイターという肩書き自体も抽象的なものですし、「手作り市」なども主催者さんによって意図がピンキリでしょうし、中々線引きが出来ない世界なんでしょうけど「自作品に限る」という条件を提示している主催者さんはその定義を明確にすべきのような気がします。
私個人としては出来合いの格安品に手を加えてのニセ作家だけは勘弁して欲しいって思いますけど、そういうのって大体が40過ぎ大の大人か外国人が多い気がします。
長くなりましたが素晴らしい議題だと思います。 主様の更なるご活躍を期待し、失礼します。
(hassy)
2010/07/11/02:12 | URL |(trip@LOLorWpQ)
編集

ん? あー、明日は品川てづくり市なんですよー。
(きんた)
2010/07/10/15:24 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

明日有楽町来ないの?
(帽子屋マヒル)
2010/07/10/12:00 | URL |(trip@-)
編集

暇なんです(笑) いや、おれもどーでもいーっちゃあいーんだけど、ところによってはそのへんにヤタラとうるさいとこがあって、で、そーいうとこに限っていざ行ってみると..みたいなのがだいぶ多いんで(汗)あー、そこんとこって、世間じゃどーなってんのかな?なんてね。ツラツラと。
(きんた)
2010/07/10/11:03 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

暇なんでしょ 笑 ま~色々あるわね。
個人的には人のやっていることってあまり関心がないマイペースな人間なので、
どーでもいいっちゃどーでもいいんですけど、
たま~に逆パターン(といっていいのかどうか。)で、
オーダー受けてます。ってウェブサイトなんかに書いておくと、
この写真の中で私がかぶってるような帽子を作ってもらいたいんです。
とかいうオーダーというかむしろそれは命令ですね?っていうパターンもありますよ。笑
もちろん、模倣はしませんから。と、
丁重にお断りしますけどね。
(帽子屋マヒル)
2010/07/10/10:40 | URL |(trip@-)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/747-49e7095c


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.