me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
またわがまま言ってほしかった (2010/07/15/03:15)
もうずいぶんと昔、20年近く前、下北沢のGパン屋で一緒に働き、そして遊び回った女の子が亡くなったとの知らせ。
彼女は僕よりずっと若くて、まだ40にならないくらいだったんじゃないだろうか。
どうやら何か患っていたらしい。それが何だかは知らないが。

あのころ、ことあるごとに飲みに行ったり、あちこち遊び回ったり。
彼女は手に負えないほど若く元気で、やりたいことを胸いっぱいに抱え込んでいて。
そして彼女は束の間光を放ち、僕の前からいなくなった。

あのころ彼女のために書いた歌がある。

もしも遠くへ行ってしまうのなら行く先は教えないでくれ。
別れを惜しむひまもないのなら置き手紙もしないで行ってくれ。
蒸し暑い夜の想い出だけだ。煙草の煙と果てのない時間。
終わりのない会話と満たされるグラス。つきない想いだけ置いてってくれ。


そして彼女はその通り、行ってしまった。
スポンサーサイト
カテゴリー:my dear / トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-750.html


うん、そうなんだ。そうだよね。まるで台風みたいな娘だった。だからきっとあっちでも。
(きんた)
2010/07/22/13:58 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

なんか・・・ 自分との思い出を残してくれてありがとう。
一緒にいれた時間があったことがよかった。
って
それでじゅうぶん
あっち?そっち?で楽しくやってますね、彼女さん!

彼女に同情する涙なんかじゃなくて、なんか、こうゆう別れの時って、ありがとうという気持ちでいっぱいになって涙が出ます。
(haruchango!)
2010/07/22/12:57 | URL |(trip@-)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/750-04bf822d


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.