me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
いやはや、なんとも (2011/03/17/23:51)
110316ondi.jpg
昨日昼間、谷中、貸しはらっぱ音地で。
昼前からはじめて、午後に風がもの凄く吹いて、地面が揺れてるのか風のせいなのかわかんないくらいになっちゃったんで、早々に引き上げて来ちゃったんではあるけれど。
しかしガソリンスタンドはほとんど休業状態で、開いてるスタンドも長蛇の列で、最後尾で誘導してる従業員の女の子が「入れられないかもだけど明日からはどうなるかわからないから並んでおいて」なんて言うんで並んでなんとか。
レギュラーはとっくに売り切れとのことで、分不相応にもハイオク。ジョグさん、びっくりしてないといいけれど。
いや、そんなにガソリン必要なのか?普段ぜんぜん乗んないのに何かあっちゃいけないと思って満タンにしてんだろ?別に東京のガソリンなくなってたわけじゃないんだからさ。
これじゃ仕事に使ってる車が走れなくて、なおのこと状況を悪化させんじゃないのか?
まー、普段乗んないヤツほどそーいうことすんだよな。いやはや。
で、まー、2~3日前に比べたらだいぶアレだけど、コンビニの棚は相変わらずのカラッポ。
とくにパンとかね。あ、電池とかそーいうもんもか?
いやはや、どんだけこもるつもりなんだよ?停電すっから?って、2~3時間消えるだけでそんなに何か必要なもんがあるのかね?
おかげで毎日近くでちょこちょこ買い物してる一人暮らしの年寄りなんかが困ってたりするんだぞ。
おまけに計画停電だので電車が動かないってんで、まるで自分らが被災してるようなこと言い出す輩まで。
あー、大丈夫だよ。いっそのことこれを機会にダイヤ改正して、1/3くらいに間引きしたって東京の電車はよそよりまだたくさん走ってるぞ。
そーなってもすぐ慣れるよ。昔は今ほど多くなかったんだから。
あー、そーだ、夜の無駄なライトアップだのイルミネーションだのも夜10時あたり以後は全部消すことにしちゃえばいいんだよ。条例とか出してさ。
そしたらもの凄く節電できんじゃないか?なんて。
まったくね、多少の不便はあるだろうけど、何も東京が被災してるわけじゃないんだからさ。普通にやりましょうよ。普通に。
で、何かできることがあったらなんでもやって、助けられることはなんでもね。
たとえそれが小さな取るに足らないことであったとしても。

で、まー、こんなときなんで、いろいろと中止になるものもあるけれど、今週末~来週末は今のところ。

3/19(土)あおよこ一箱古本市(青物横丁商店街)11:00~16:00(雨天の場合は..どうだったけかな?)
3/20(日)雑司ヶ谷手創り市(雑司ヶ谷鬼子母神)9:00~16:00(雨天中止)*中止となりました。
3/21(祝)野方祭(野方ふれあい広場)11:00~17:30くらい(雨天中止)*ライブも。
3/23(水)紅茶はいかが? at 鎌倉Space"K"(鎌倉市雪の下562)11:00~16:00(JR横須賀線鎌倉駅より徒歩30分(バス)鎌倉駅東口4、5番乗場「鎌倉宮」「金沢八景」行き>「岐れ路」下車。徒歩2分)*ライブも。
3/25(金)[ライブ]稲生座(高円寺03-3336-4480)20:00~¥1570+飲み食い。
3/26(土)谷中ペケ市(谷中7-17-6付近。貸しはらっぱ音地)10:00~夕方暗くなるくらいまで(雨天中止)
3/27(日)世田谷てづくり市「青空個展」(世田谷観音)10:00~16:00(雨天中止)
4/1(金)[ライブ]チェッカーボード(阿佐ヶ谷03-3312-7974)21:00~¥500+飲み食い。

rmkalimba on Twitter
スポンサーサイト
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:2
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-786.html


ありがとございまーす。
(きんた)
2011/03/18/10:24 | URL |(trip@vS/RWfqI)
編集

ほぼ毎日見てますよ。健康に気をつけて、ジョグさんも可愛がってあげてねっ!
(阿仁目)
2011/03/18/09:49 | URL |(trip@-)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/786-50cbb7c9


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.