me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
最近のちょっとした手応え (2012/10/23/23:39)
newkey.jpeg
この夏の終わり、だいぶ以前から気になっていて、ヒマがあるとあちこち探しまわっていたものをとあるところで見つけて取り寄せてみることに。
いや、ほんとうはもうちょっと前に見つけていたんだが、日々に追われる(ほどの日々ではないが)毎日と今一つ思い切れなかったのとで、でも思い切って。
カリンバのキー部分の鋼である。
これまで使っていたものは厚さ0.5mmのバネ鋼で、これはこれで弾きやすいしいいのだけれど、今一つ腰がなくて、とくにキー長が長くなる低音の響きが曖昧になってしまうのがずっと気にかかっていて、まー、世間的にわりとウケのいい(なんて言い方はなんだか嫌らしいが)キラキラとした高音だけならこれでけっこうイケてると思ってたし、まー、いっか?みたいなところもあったのだけれど、それでも僕個人としてはもっと低音がはっきりと出せたらこのカリンバというものの本来的な部分である「楽器」としての可能性が出せるんじゃないかと。
で、これは厚さ0.762mmで、増した厚さはほんの少しではあるけれど、でもだいぶ思った通りの結果。
厚くなって腰が出た分低音の輪郭がはっきりとして、僕がどこか目指しているムビラのサスティーンに近いものが実現できたかな?と。
もちろんキーが厚くなって腰が強くなった分だけそれを押さえている部分の強度も増す必要もあったし、あるいはより楽器として使うための耐久性なんかも必要だしで、まだまだ考える必要のあることが山ほどではあるけれど。
もしかしたらよほど何かに使おうと思っている人でもない限り世間じゃカリンバにそんなに「楽器」であることを求めてないかも知れないし、むしろこんなことは考えずにもっと安く作る(って、巷のものに比べて僕のカリンバはもともとそんなに高くはないけれど)とか、あるいは高くてももっと見た目の美しさだの面白さだの「楽器でもある」くらいなところのものの方がウケがいいのかも知れないけれど。
でもね、ここのところこれを持って行ったあちこちでは思ったよりいい手応えではあったし、あー、そーか、まんざらでもないんだな。とか。
まー、でもこれはまだとっかかりで、まだまだやってみたいことなんかがあれこれで、あー、まだ先は長いわけではあるけれど。

で、明日は谷中。日曜日は千駄木。ちょっと天気が安定しないみたいではあるけれど。

10/24(水)水曜谷中/貸しはらっぱ音地(谷中7-17-6付近)たぶん11:00過ぎくらい〜夕方暗くなるくらいまで(雨天中止)
10/28(日)&SCENE手創り市(千駄木/養源寺)9:00〜16:00(雨天中止)

rmkalimba on Twitter
facebook
スポンサーサイト
カテゴリー:カリンバあるいは行商 / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-847.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/847-41918f3e


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.