me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
ダイナモの味方です (2005/05/11/23:48)
前にも書いたけど僕はずっと昔の子供のころに少し乗って以来つい最近までオートバイにばかり乗っていたもんで、いろんなことがあのころのままの感覚で、自転車のライトといえばもちろんダイナモで発電するヤツって感じだったんである。
しかもライトはステムの付根とかフェンダーの上とかキャリアに付いてて、ダイナモは別体になってて細いシールドが繋がっていて..って感じのが普通で、ダイナモとライトが一体になっててフロントフォークの右あるいは左に付いてるライトでさえ僕には思いきり最近(そんなわけないと思うが)のものって感じだったんである。
ところが..である。あちこちのwebや雑誌なんかの記事や広告を見ると「ダイナモ式は漕ぎが重くなる」とか「音がうるさい」みたいなことがさんざん書いてあって(もちろんダイナモを使わないときよりは明らかに抵抗は増すし、音も当然するわけだが)最近じゃずいぶん嫌われてるみたいなんだな。
たしかにロードバイクなんかはそういったダイナモのステーが取りにくいし、MTBみたいにフレームやフォークが太くて後付けのステーも使いにくいしで、ハンドルなんかにクランプするバッテリーライトが便利だし、昼間は外しておけるのでフォルムも損なわないし、最近はLEDライトで明るいし、小さくて軽いものがたくさん出回っているし..ってのもわかるけど。
で、今回僕も100円ショップのものからマグライトまで、いろいろとそういった小型(でもないものもあるけど)のバッテリーライトを試してみたんだけど..うーん、結論から言うと僕はダイナモが好きだなぁ。
結局フロントフォークに直付けの一体型(これブロックダイナモって言うの?)のものに落ちついちゃう感じ。
(あ、BMXはそういうの付かないし、とにかく何にもつけたくないってのもあるしで、今はフロントもリフレクターが付いてるだけなんだけど。当然これいいわけないが)
まぁ、アレなの。なんかよくわかんないけど、どれも同じような今風(?)な形してて、自分の自転車に合うフォルムのものがないってのもあるし、前輪の側面に付ける以外なら僕的にはハンドルでもステムでも絶対に真ん中じゃなきゃイヤだってのもあって(笑)
ほらハンドルマウントだとステムのクランプ部分があるんで、絶対どっちかに寄るじゃない?(そんなこと気にするのって僕だけかもなんだが)
それとね、これってオートバイをいじってるときもそうだったんだけど、とにかくよけいなもの(必要だからあるんで「よけい」なわけではないのだが)を付けるのが大嫌いなわけで、クランプだのなんだのがあるのってのがかなりイヤだってのもあるし。
で、そもそもダイナモだとそんなに重くなるのか?って感じでもあるのね。
たしかに使用してないときと比べたら明らかに負荷が増すわけだけど、それってそんなに声を大にして言うようなことなのか?と。
こないだ砲弾型のライトを付けたときに使ったダイナモなんか(新しいせいもあって?)ほとんど感じないくらい軽かったし、音も静かだったしね。
今付けてる古いブロックダイナモだって音はかなりするけど、そんなに「重い」って感じじゃないけどなぁ?
これって調整の具合じゃないのかな?タイヤとの接触部分をきちんとするとか。ね?
むしろそんなことよりタイヤ空気圧とかが低くて、普段はよくわかんないけど、ダイナモ使用時に抵抗が増すもんで、よけいにそう感じて、それが全部ダイナモくんのせいになってるんじゃ?(笑)なんて思っちゃうわけで。
まぁ、そりゃあ、夜間に何十キロも走るってんならこれはかなりの負担になるだろうけど、そういう必要がないんならとりたてて言うほどのもんじゃないのでは?って感じがするな。
よくね、「ダイナモ使うと重くて走りにくいんで、無灯火で走る」なんてボケた話しも聞くけど、それってほんとなの?って感じ。
そういう人はダイナモでもバッテリーでも結局無灯火なのよ。そういうくだらないヘリクツは聞きたくない..ってかこれはあんまり話しが関係ないけど。
脱着式のバッテリーライトだと盗難も心配(けっこう付けたままにして置いてある人いるけどね)で、離れる時は外して持って歩くってのもなんか自転車の利便性をスポイルしちゃう感じがするし。
で、ようするに何が言いたいかというと「僕はダイナモの味方」である..と。
そんなことこそ声を大にして言うことじゃないのかもだけど(笑)
The Yellow Song Star
スポンサーサイト
カテゴリー:bikes&mopeds / トラックバック:0 / コメント:0
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-91.html

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://roadmaster.blog25.fc2.com/tb.php/91-2422e6d1


me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.