me&ROADMASTER歌、そして友達、あるいは行商、日々の日記や覚え書きのようなもの。
'70sの廉価モデル二本 (2017/02/17/02:05)

左)yours(型番不明)右)Great Lake Deluxe F-180。
たぶん'70sの中頃あたりにはまだこういった後にナショナルブランドにならなかったメーカーの廉価なモデルがたくさんあったように思う。
あのころ一度だけHashimotoだかなんだかこういう感じのブランドのギターを買ってしばらく使っていたことがあるが、その他はほとんど使ったことがなかったが、今あらためて手にしてみると、どうしてどうして、捨てたもんじゃないじゃないかと。
値段は安かったが、たぶん今でも残っているはずの、あちこちのギターをOEM生産していた会社が作ったもので、海外の工場に出して(必ずしもそれが悪いというわけでもないが)量産される現代の廉価モデルよりもずっとちゃんとしてる。
Great Lakeのほうはラダーブレイジングで、ペグは廉価モデルらしい三連オープンギヤだが、yoursのほうはXブレイジング、ペグもオープンギヤだが独立型のもの(ペグは両方ともARIAのウェバリースタイルのものに交換してしまったが)で、ボディ形状もよりマーチン000あたりに近い感じ。
ネックはGreat Lakeは幅は広くないが、ゴロンとしたいかにもな感じのネックで、yoursのほうは三角(三角の山の中心が若干ズレていたりするが)で、こういうところもよりフォークギター的。
音はGreat Lakeのほうがラダーらしいガランとした音がガツンと前に出てる感じで迫力があるが、Yoursのほうも締まった音で悪くはない。
もちろん両方とも深い豊かな響きというわけではないが、たとえば昔のアメリカのHarmonyの安いやつとかの雰囲気に近い感じでなかなかじゃないかなと。
あー、でもなんとなく、てか、いつも思うのがヘッドのデザインで、このころの日本製ギターってみんなそっけなく四角なヘッドにそっけないロゴ(Great Lakeのほうはマーチンぽいロゴだけど)で、このへんが非常に残念。
同じ角ばったデザインでもKalamazooだのWaterlooだのみたいな山形や、あるいは古いRecording Kingみたいなちょっと洒落た感じだったらよかったのになぁ、、と。
いや、もっと言えばボディカラーもタバコサンバーストとかだったら、、なんてつまんないこと思ってしまうんだが、いや、まー、そのへんはたぶんまだこのころはぜんぜん追い付いてなかったんだろうなぁ、、なんて、あれこれ、、。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-975.html

ライブ2月〜今のところ (2017/02/06/23:24)
2/14(火)チェッカーボード(阿佐ヶ谷03-3312-7974)20:00〜¥500+飲み食い。
2/22(水)稲生座(高円寺03-3336-4480)20:00過ぎくらい〜¥1570+飲み食い。
3/10(金)KIDBOX(亀有03-3606-6068)20:00くらいからのんびりと〜¥1500(w/2drink)食べ物持ち込み可。
3/28(火)チェッカーボード(阿佐ヶ谷03-3312-7974)20:00〜¥500+飲み食い。

rmkalimba on Twitter
facebook
カテゴリー:スケジュール / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-974.html

天使の歌声 (2017/01/21/01:10)

カセットを掘り起こしていて見つけたもの。これの存在は忘れていた。誰にもらったんだろう?あるいは自分で録ったのか?日付だけで年号がないが、たぶん'96に京都で一緒に演ったときのもの。このときはまだハーベストって名だったんだね。あれからもう20年とちょっと。アザーサイドはもうそこにはなく、そして彼女ももうすでにいない。最後に電話で話したときの約束は叶わぬままに。

rmkalimba on Twitter
facebook
Instagram
カテゴリー:my dear / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-973.html

弦高のこと (2016/12/23/17:06)

よくヤフオクだので出品されてるギターに対する質問で「12フレット上の弦高はどのくらい?」
みたいのがあったり、あるいはすでに「12フレット上、6弦で約2.5mm。たいへん低くて弾きやすいです」みたいなことが書かれていたり。
たとえば写真のギターのそれは6弦で約3mmで、昨今のそのへんの風潮からするとすでにやや高めということらしいんだけど、これ、僕にしたら少し低く過ぎて若干弾きにくいわけで。
まー、そりゃね、このへんが4mmを超える感じだとだいぶ高くてシンドイ感じなんだけど、ちなみに僕が普段使っているLG0はだいたい3mmかもう少し、3.5に届かないくらいかな?
いや、たしかにね、弦高はあんまり高くないほうが弾きやすくはあるけれど、あんまり低いと逆に弾きにくいっていうか、音だってバシャバシャしちゃうしね。
てかね、昔のギターは今ほどこのへんの弦高は低くなかったように思うんだけど、それを言うと昔はローポジションでコード弾くのが主だったからなんてこと言う人もいて、あー、そういえば90年代くらい(?)からアコースティックギター関係の雑誌が多く出て、フィンガーピッキング的な弾き方が多く載ってて、そのへんからかなぁ?、、とか思うけど、でもね、ピックなんか持たないクラシックギターなんかの方がナイロン弦のほうが振幅が大きいせいもあって弦高はむしろ高くて、だいたい4mmくらいだったりするし、それで問題ないわけで、指で弾くから低い弦高がいいってわけでもないよね?
僕が3mmくらいだと弾きにくいっていうのもむしろ指で弾こうとするともう少し高いほうがいいって感じで、ほら、低いとなんかね、親指がブリっと行かないっていうか、クラシックでいうアポヤンド的な弾き方がしにくいの。
で、あー、むしろコードガシャガシャやるのは低いほうがやりやすいのかな?とか。いや、ベシャベシャしちゃうけど。
まー、たとえばクラシックギターは12フレットジョイントだし、全体のバランスってのもあるからそのへんの弦高っていうか数値だけじゃない部分もあるけれど。
まー、そのへんの数値よりむしろナットの高さとか弦のテンションの感じとかね、そういったもんの方が大きいと思うんだけど。
ねえ?どんなもんなんでしょうね?と。

rmkalimba on Twitter
facebook
カテゴリー:日々のこと / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-972.html

青梅てづくりいっぱい市 (2016/12/21/23:09)


そういえばこんなハガキが届いていた。
本体には二回くらい、毎年秋に青梅駅周辺であるアートフェスとコラボしたものにも三回くらい出たきりで、ここ二三年はまったく参加していなかったが。
フェスのほうはかなりの賑わいがあるものの本体の毎月の住吉神社の市は小さく来場者もけして多いとは言えない市だったが、ボランティアで動いて下さっているスタッフの方々の苦労やそれを乗り越える熱意みたいなものを感じるいい市であった。
16年間、157回の中のほんの数回しか参加しなかった自分にまでこうして知らせを頂けるなんてまったく頭が下がる。
お疲れ様でした。そしてありがとう。
またどこかで出会えたらと。

rmkalimba on Twitter
facebook
カテゴリー:カリンバあるいは行商 / トラックバック:0 / コメント:0
FC2カテゴリ: 日記日記
この記事のURL:http://roadmaster.blog25.fc2.com/blog-entry-971.html

me&ROADMASTER
© kinta 2017. (http://roadmaster.blog25.fc2.com/)

/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.